芋たこなんきん第142話のネタバレあらすじ!通帳を渡す

こちらでは、朝ドラ「芋たこなんきん」25週目第142話のあらすじのネタバレや、芋たこなんきんと原作の比較、感想をまとめています。

芋たこなんきんの第141話「広明の訪問」では、真佐美の兄を名乗る広明が徳永家にやってくるストーリーでした。

芋たこなんきんの第142話「通帳を渡す」では、真佐美から兄・広明が借金で困っている話を聞いた昭一が、結婚資金を通帳ごと渡すストーリーとなっています。

朝ドラ『芋たこなんきん』
2007年3月21日(水)放送
第24週サブタイトル『お兄ちゃん』

芋たこなんきんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『芋たこなんきん』第142話のネタバレあらすじ

ここからは、3月21日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第142話のあらすじをまとめたネタバレです。

芋たこなんきん142話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

その鳥が死んでしまい、健次郎はショックを受ける。

一方、正一は正巳から、弘晃が会社経営に失敗し、借金を抱えていることを聞き、結婚資金を全額通帳に入れて渡す。

ここまでが、3月21日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第142話のあらすじのネタバレです。

芋たこなんきん第143話のあらすじを知りたい方は、第143話『姿をくらます』へ読み進めてください。

朝ドラ「芋たこなんきん」第142話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「芋たこなんきん」第142話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

退職の理由

いよいよ最後の3分間で辞めた理由が明らかになりました。

完治は喧嘩して帰ってきたのですが、その理由が一平が塔子の部屋から出てきたことだと噂されています。

あの独特の雰囲気が好きなんですよね~~。

そして一平が土下座した後の天晴のやっちまったみたいな顔。

ちょっと面白い展開にドキドキしました。

熊田さんの鶴亀ファミリードラマへの愛

熊田さんの鶴亀のホームシアター愛が今日も発揮されていますね。

ポンポンと伸びて一番喜んでいたのは熊田さんでしたね。

稽古場に来るまでは言いたくて仕方がなかったのでしょう。

あの月刊シアター! どれくらいすごいのか、あまり実感がなかったのですが、一流のところしか扱わないので、一流の雑誌なんでしょうね。

個人的には、取材された喜びよりも、熊田さんの笑顔がとても嬉しかった。

今日、久しぶりに桃音ちゃんが、みーちゃんの心に響くことを言った。

“みーちゃん、東京に行きたくならないの?”って。

あらすじはやはりそういう方向なのでしょうか。

桃音はこういうとき、意外とストレートに言葉を発する。

リョウチンがモモネに近づいたとき、モモネは完全にリョウチンを突き放した。

みーちゃんはそういうのを冷たいって言ってたけど、東京に行くための石を積んでるんだよー。

でも厳密には、東京に行きたいんじゃなくて、研究をしたいんでしょう。

みーちゃんには亮を吹き飛ばして、自分のやりたいことをやってほしいと思った朝ドラ「おかえりモネ」第103話でした。

突然ですが、みなさんいらっしゃいますか?

いきなり総出で始まった!?

エールのように原始時代から始まったわけではありませんが、通常のストーリー展開に入らず、キャストの挨拶から始まるというのは斬新なやり方です。

とはいえ、朝ドラとしての『エール』に慣れ親しみすぎているので、それほど驚くことでもないのだが。

説明しながら、「全部言っちゃダメだよ! かなりの悪人と噂される輝夫には腹が立つところもありますが、新しい朝ドラの幕開けに期待大です!

片桐さん、こわい!

片桐さんを見つめすぎ!

あの顔怖すぎ!

キャラもちょっとストーカーっぽいし…それに

最初は紺のスーツを着た爽やかな青年という印象だったのですが、あんなに引っ込んでいるのを見ると、ちょっとね。

そして、最後のやりとりはどうでしょう?

男の魅力を発揮する場面だったのに、結局、何も言わずにフェードアウトしてしまった。

ジョーとの三角関係で、もう少しガッツがあれば面白かったのに。

確かに酔っ払い!

のっけから酒乱炸裂!

これって、昨日予想した通り!

確かに酒癖が悪くて東京で一度はそういうことがありますね。

酔ったモネもいいけど、おじいちゃんもなんだか嬉しそうだった。

桃音は見た目を変えずに酔うタイプだったけど、ミッチーはすごい酒豪な気がするw

隠れていた場所

小暮と百合子は、特殊部隊が帰還した後、なんとかその日を乗り切った。

しかし、隠れていた場所は完治の反対側だった。

完治の後ろにまだ隠れるスペースがあると思っていたのに、まさか特命係が立っているすぐ横に隠れていたとは!

念のため、反対側を確認すると、一発でアウトなのに、運がいい。

しかし、将来的には二人ともソ連に亡命し、実話では小暮さんは不幸な最期を遂げます。

その見送りのシーンが実話と重なり、とても悲しいシーンになりました。

また、SNS上ではメーテル役のゆり子さんの登場が話題になっていました。

これって、世代的にちょっとショックですよね。

確かにメーテルだと思いました。

年齢が明らかに、

オープン

今回、小山田が劇中のプログラムを盗もうとしたことが問題になっていますが、まさかの万太郎が全てをオープンにしてくれました!

しかも、「日頃から何でもやっておく」と言って、本当に全てをさらけ出しました。

それだけ余裕があるということなのでしょうが、「鶴亀活劇場」に1本あげたい気分です。

イラッとすることばかり言っているのですが、その言いっぷりにちょっと興味が……

八十五歳

リョウチンが唯一頼りにしているのは、妹のモネ。

いよいよみーちゃんの八つ当たりが始まりましたが、ちょっと小学生レベルの八つ当たりでしたね。

みーちゃんは、りょーちんのことが好きなのはわかるけど、りょーちんの気持ちを一番わかってあげなきゃって、ちょっと思いが強すぎる気がする。

はたから見たら、りょーちんの気持ちは視聴者でもわかるレベルだし、二人きりで話すシーンもそんなに多くないので、情報量もそんなに変わらないんじゃないかと思います。

それに、率先して離すということではなく、声をかけられるのを待っていただけだと思うんです。

以上が、朝ドラ「芋たこなんきん」第25週目第142話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。