芋たこなんきん第143話のネタバレあらすじ!姿をくらます

こちらでは、朝ドラ「芋たこなんきん」25週目第143話のあらすじのネタバレや、芋たこなんきんと原作の比較、感想をまとめています。

芋たこなんきんの第142話「通帳を渡す」では、真佐美から兄・広明が借金で困っている話を聞いた昭一が、結婚資金を通帳ごと渡すストーリーでした。

芋たこなんきんの第143話「姿をくらます」では、真佐美と広明が預金を引き出して姿をくらますストーリーとなっています。

朝ドラ『芋たこなんきん』
2007年3月22日(木)放送
第24週サブタイトル『お兄ちゃん』

芋たこなんきんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『芋たこなんきん』第143話のネタバレあらすじ

ここからは、3月22日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第143話のあらすじをまとめたネタバレです。

芋たこなんきん143話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

彼は預金を引き出し、正巳と弘晃は姿を消す。

その後、真知子は北野(力也)から結婚を決めたと相談を受けるが、純子(石田亜佑美)には言えないでいる。

ここまでが、3月22日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第143話のあらすじのネタバレです。

芋たこなんきん第144話のあらすじを知りたい方は、第144話『昭一荒れる』へ読み進めてください。

朝ドラ「芋たこなんきん」第143話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「芋たこなんきん」第143話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

マウスピース

3週目の今週は、さすがに口頭発表がありませんでした。

1週目、2週目と2週連続で口頭発表があったのですが、予告通り3週目はいつもの朝ドラの流れに戻りました。

しかし、決して油断は禁物!

いつ口パクで始まるかドキドキしながら見ましょうw

何が始まったのかw

五十嵐は朝早くから雑巾がけをしています。

そこへ幡京三郎がやってきて、「もう一回リハーサルしてください!」と言う。

まあ、案の定断られたのですが、そこで思わぬ事態が!?

思いがけず、ひなたも加わり、なぜか二人で雑巾がけを始めるのです。

っていうか、なんで雑巾が3つも入っているんだ?

一人しかやらないなら、一人でいいじゃん。

雑巾がけバトルで一番早く拭けた人が勝ち!?勝負になったらそれはそれで面白かったけど、オチとしては日向が壁に激突して移動したw

髪の毛が!

福助が坊主に!

ついに福助は髪まで切ってしまいました。

出征するシーンは何度も見てきましたが、頭を剃った人は意外と少ないようです。

近年では「エール」「純情きらり」「澪つくし」でも、わざわざ髪を剃る人はいなかった。

実際にみんなが坊主にしたのかどうかはわかりませんが、臨場感を出すためにあえてそうしているのかもしれません。

乗らねえぞ!

リョーチンは再び一緒に船に乗ろうと言ってきましたが、シンジは断固として乗らない!と言い切りました。

そう、シンジにはシンジなりの考えがあったようです。

たしかに昔に戻ることがすべてではないし、真司が漁師になるために必要不可欠なものがなければ、それは自然なことだと思います。

息子としては、立ち直ってほしいから一緒に船に乗ってほしいのでしょうが、彼からすれば自分の考えがあるわけで、それを尊重してほしいのです。

シンジがイチゴを作ることも悪いことではないと思うんです。

あなたは誰ですか?正則…

長浦家に謎の手紙が届いたが、推測するに、民宿時代の常連客に手紙を書こうとしていたのだろう。

また、SNSでは突然の正則に視聴者が戸惑う場面も。

正則の正体が明らかになったのは、皆が困惑してからのことでした

島の里親制度は初めて知ったが、マサノリさんはホームステイをすることができた子なのだろうか。

というか、物語の最後に「島の里親制度」の文字が入った復興物語がどこかに出てこないかな、と思っています。

単発の話になるのか、それとも民宿再開の話の中でまた登場するのか、確認してみないといけませんね~。

みゃーくりをレビュー!

別のシーンでは、ももクリがちんのすけに殴られるシーンがあります。

まさか、ももくりが千之助と言い争うとは夢にも思いませんでした。

あれだけ千之助を信奉していた人間が、これほどまでに興味を示さないとは、よほど面白くない話だったのだろう。

今まで千之助の腰巾着くらいにしか思っていなかったが、今日でずいぶん格が上がった。

しかし、百里まで否定されたら、誰も千之助についていけなくなる。

それが、最後に荷物をまとめて逃げ出そうとした理由の一つだったのでしょうか。というところで物語は終わった。

さて、次はどうなることやら…。

明日も乞うご期待!

野球バカ

そして今日、私はバカになった!

何でも野球に例える野球バカのイサム。

まさかイサムのコントを見ることになるとは、マジで!?

でも、野球脳の勇が可愛いと思うのは、歳をとりすぎたのかなぁ。

はたから見たら、野球に例えるしかないバカな後継者に見えるかもしれませんが、熱いハートを持った男なので、これからもよろしくお願いします。

今日もやってきました、熊田さんの鶴亀のホームシアター愛!

ポンポンと伸ばして一番喜んでいたのは熊田さん。

稽古場に来るまでは言いたくて仕方がなかったのだろう。

あの月刊シアター! あまり凄さが伝わってきませんでしたが、一流のところしか扱わないのですから、一流の雑誌なのでしょう。

個人的には、取材された喜びよりも、熊田さんの笑顔がとても嬉しかったですw

警察よりすごい

そして、はなにはもうひとつの能力がある。

彼女は道頓堀のことを警察よりも先に聞いてしまうほど、道頓堀の情報に詳しいのです。

まさか乞食を使って捜索させるとは、隠密行動も得意なんですねw

千代死す!

オチョーヤン12話でもう千代が死んじゃった!?

というのは冗談で、現在リアルタイムで再放送されている朝ドラ「みをつくし」に出演している久兵衛の実の妻・千代が、先ほど亡くなってしまいました……。

とても悲しい話ですが、朝ドラ「お千代ちゃん」の千代ちゃんに元気をもらいました。

以上が、朝ドラ「芋たこなんきん」第25週目第143話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。