芋たこなんきん第144話のネタバレあらすじ!昭一荒れる

こちらでは、朝ドラ「芋たこなんきん」25週目第144話のあらすじのネタバレや、芋たこなんきんと原作の比較、感想をまとめています。

芋たこなんきんの第143話「姿をくらます」では、真佐美と広明が預金を引き出して姿をくらますストーリーでした。

芋たこなんきんの第144話「昭一荒れる」では、真佐美が行方知れずになり昭一が荒れるストーリーとなっています。

朝ドラ『芋たこなんきん』
2007年3月23日(金)放送
第24週サブタイトル『お兄ちゃん』

芋たこなんきんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『芋たこなんきん』第144話のネタバレあらすじ

ここからは、3月23日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第144話のあらすじをまとめたネタバレです。

芋たこなんきん144話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

雅美の行方はわからず、彼女を心から愛していた正一は打ちのめされ、熱を出して倒れてしまう。

ここまでが、3月23日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第144話のあらすじのネタバレです。

芋たこなんきん第145話のあらすじを知りたい方は、第145話『真佐美の真実』へ読み進めてください。

朝ドラ「芋たこなんきん」第144話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「芋たこなんきん」第144話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

久しぶりの英語

久しぶりの映画です!

落とし前をつけた日向がうっとりする相手は、外国人のビリー。

英語で話しかけられても何も話せなかったヒナタですが、まさかサヨコが英語を話せるとは…!

小夜子、すご~い。

小夜、なんと稔の代役を務めています。

靖子と稔の件がまたいい感じですねー。

ひなたは、そんな完全なる離人症ですが、妄想癖もあり、それがまた引き金になります。

その妄想癖は完全に瑠衣に受け継がれていますね~。

しかし、妄想癖があるのになんで杏子が好きなんだ?

百里が爆発!

ももクリは今日も爆睡中!

昨日は、仙之助の顔を見て面白くなかった! でも、今日はとっても楽しそうな顔をしていますね。

オバチャンは、ももくりが嬉しそうな顔をしていることが嬉しいのです。

最初は “なんだこいつ “って思ったんですけどね。でも、ももクリがこんなに可愛くなる日が来るとは思わなかったし、ますますももクリが好きになったよ。

今日の朝ドラ「おかえりモネ」86話で、朝ドラ史上初めて2021年時代に突入しましたね!(笑)

気がつけば東京に来て3年半!

あっという間の東京物語でしたね。

この3年半を振り返るアバンの姿に感慨深いものがありますが、2021年という時代に突入したこの瞬間に立ち会えたことを誇りに思います。

時が経ち、モネが大人になったことを実感しています。

モネが洗練され、さすがに役者になってきたと感じました。

マモちゃんもモデルさんみたい。

あのオタクっぽい顔はどこに行ったんだろう。

投票の話で千代は光江にありがとうと言う。

すると、男は一平に投票したと告げる。

あーーーーっ、行っちゃったよ、唯さん。

父親が余計なことを言うのはよくあるパターンですが、宗介は時折登場することでやらされます。

千代も、女の友情は明鏡止水とばかりに、なかなかいいコメントを残していますw

崖っぷち!

義男は行方不明ですが、滑った時、かなりの急斜面に見えたのではありませんか?

崖かと思いきや、俯瞰のシーンでは明らかに平らな場所に倒れていましたね。

玉音放送

そして、いつものお約束のバラード放送。

これをもって、ようやく戦争が終わった。

いつも思うのだが、戦争が終わったことをどれだけの人が知っていたのだろうか。と思うのだが、正直なところ、この光景を見るたびに、ほっとするのである。

神社も残っているようだし、あとは稔が無事に帰ってくることを祈るばかりだが……。

生き残ることを決意

先週のハイライトから今日も生存判定!

次回の番組も決まり、今から楽しみです

熊田さんの人柄の良さに、朝から気持ちの良いスタートが切れました。

お盆の船

盆船ってなんですか?鐘楼の山車みたいなものだと思っていました。

地域によってやり方は違うようですが、宮城では盆船と呼ばれていることを初めて知りました。

きんつばは、花というより団子ですね。

テレビに映る食べ物って、どうしてあんなに食べたくなるんだろう。

個人的には、きんつばより牡蠣が食べたい。

午前中の彼女たちの会話は、のんびりとしたものだった。

そんな家庭を夢見ていましたが、現実の朝は戦争!?

タイトル検索!

「おかえりモネ」と誰かに言われた。

最初、モモネが帰ってきたときに綾子さんが「おかえりモモネ」と言ったので、ここに回収したのですが、モネ自体はみーちゃんがつけたものだったことが判明しました!(笑)。

桃音ちゃんとお姉ちゃんがごっちゃになってモネになっちゃったんですね。

これで完全にタイトルが回収されましたね。

エグい話

朝ドラ「お千代ちゃん」は、とてもエグい話で始まりました。

どっちが座長かわからないけど、吉本興業の社長が記者会見していたのを覚えています。

社長のイメージが一番大事なんだろうけど、吉本の社長、ダウンタウンに頭下げてない感じだったよね。

見ているだけで、誰が立場が上なのかがわかる。今回の鶴亀一家のドラマでも、間違いなく仙之助の方が立場が上なんでしょうね。

キャスティングまで決めている。それは完全に一座の長の仕事じゃないですか!?

ただ、手のひらを返すような話はちょっと面白いなと思いました。

脚本もキャスティングも何もかもが千之助の劇場で決まる!?

さて、どうなることやら…

デスフラッグ

そして、金太郎は野良仕事から腰痛が悪化。

ナレーションでは、「金太郎は腰痛が悪化し、肺の病気にもなりました。

予告を知らなくても、「これは来るな」と思ったフラグだった。

どうやって死ぬんだろうと思ったけど、これは予測できない!

本当に覚えてないんです。

感動の再会かと思いきや、まさかの無視!

そんなことあるんですか! って思ったけど、よく考えたらあのキャラからしたらありなんですよね。

以上が、朝ドラ「芋たこなんきん」第25週目第144話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。