芋たこなんきん第145話のネタバレあらすじ!真佐美の真実

こちらでは、朝ドラ「芋たこなんきん」25週目第145話のあらすじのネタバレや、芋たこなんきんと原作の比較、感想をまとめています。

芋たこなんきんの第144話「昭一荒れる」では、真佐美が行方知れずになり昭一が荒れるストーリーでした。

芋たこなんきんの第145話「真佐美の真実」では、真佐美が徳永家にやってきて、玄関に通帳を置きにくるストーリーとなっています。

朝ドラ『芋たこなんきん』
2007年3月24日(土)放送
第25週サブタイトル『お兄ちゃん』

芋たこなんきんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『芋たこなんきん』第145話のネタバレあらすじ

ここからは、3月24日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第145話のあらすじをまとめたネタバレです。

芋たこなんきん145話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

徳永家の玄関にやってきた正巳は、通帳を置いていく。

正一は彼女をつかまえて問いただし、真実を告白する。

健次郎は正巳に、弘明を連れてきて正一ともう一度話し合うように言うのだが…。

ここまでが、3月24日に放送された朝ドラ「芋たこなんきん」第145話のあらすじのネタバレです。

芋たこなんきん第146話のあらすじを知りたい方は、第146話『検査入院』へ読み進めてください。

朝ドラ「芋たこなんきん」第145話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「芋たこなんきん」第145話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ダウトフル

今日の会話のほとんどは、千代と完治のものだった。

きっと犯人は完治なんだろうな…。

人を疑うのはよくないが、あの不自然な笑顔の裏には闇があるのではと思う。

家を出て行く光江を見つけた千代。

翌朝、そのだらしない顔から、家出したのではと感じた。

家出というより駆け落ちに近いのだろうが……。

おそらく本当の駆け落ちではないのだろうが、寮の仲間同士が意地を張り合い、つまらなくなってしまった結果、そうなってしまったのだろう。

もし、本当に駆け落ちしていたら、きっと将来後悔していたことでしょう。

それと、光枝さん、字が上手すぎです。

どうやったらあんなに綺麗に書けるんだ?

さすがです!(笑

勇者の帰還!

やはり、帰ってきたのは優ちゃんだった!?

やっぱり優が帰ってきた!?

相変わらず「るい」を野球の「ベース」と思っているようで、康子に笑われましたが、「るい」は可愛かった~

お供え物

しずちゃんが岡安の閉店について話してくれた。

撤退するときの決断が大事というが、さすがに決断が早かった。

それにしても、座布団まで差し出して…。

朝ドラ「純情きらり」でも、ピアノ線の供出を要求される展開がありましたが、果たして座布団は何だったのでしょう。

実は、爆弾の爆薬の原料にするために、綿を差し出さざるを得なかったということです。

座布団を差し出さざるを得なかったことを考えると、それだけ日本が切羽詰まった状態であったことがわかる。

ハーモニー

メンバーは、千鳥抜きで「まさちゃんの冒険」に挑戦することにした。

千鳥がいなくなったことで、みんな嬉しすぎて和気あいあいと練習していましたよ。

こんな和気あいあいとした稽古場は、ドキュメンタリー番組でもなかなか見られませんよね。

私は素人ですが、ちょっと芝居をなめているんじゃないかと思うような光景でした。

でも、実際のお芝居の完成度はどうなんでしょう?

こういうものは、みんなで作ったほうが上達も早いし、一体感も出るという反面、千鳥のように引き締める人が率先して作ったほうがいいとも思うんです。

ただ、個人的には、厳しい状況でも楽しい雰囲気でやることが、きっと芝居にいい影響を与えると思っています。

ユウハミタ!

勇気は二人の現場を見てしまった!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

優ちゃんもショックでしょうね~!

康子はちょっと好感度オーラを出していますが、この時、稔はどう思っているのでしょう?

でも、夏祭りのあの一言で、本当に男としてちっぽけな人間になってしまいました。

靖子が好きなのはバレバレなのに、靖子に好かれようとするのではなく、靖子を諦めさせようとする、男じゃない!って。

しかも、店によって、なぜ、弟が明日帰ることを知らせる必要があるのか?

申し訳程度に教えてあげるというより、余計なお世話をしに来たようで、ちょっと不愉快でした。

寛治の影

今週は完治と千代の話がメインかと思いきや、ここで一気に完治の影が薄くなりましたね。

まあ、交際年数で言えばあの二人の方が長いし、大人だから一緒に輪の中に入れないのも理解できるんだけどね。

ただ、あの二人はかなり怪しかったが、フラグからすれば完二も同じ部類に入る。

正直、あの二人の追放話より、完治の闇が気になる。

旧予備校小学校

子供たちに歴史的建造物を紹介するために、元小学校を見学していたのですが、あれが本物の小学校なのかと思っていたら、どうやら本物のようです。

もう使われていないのに、あんなに走り回って大丈夫なんだろうかと。

スタッフの方は「どうぞ楽しんでください」とおっしゃっているのでしょうが、見ていてどうしても落ち着かないんですよねー。

ちょっと教室の惨状がひどすぎましたが、そんなに悪い子はいなかったようです。

ただ、啓介という男の子は役名があるので、今後のキーパーソンになるのでしょうかね?

つくしみお

ちょうど朝ドラ「澪つくし」を再放送しているタイミングで、老舗の醤油屋「入造」の長男・英一郎が5千円借りたことを思い出した。

10倍の金額ですが、500円がすごいとすれば、英一郎がどれだけのことをしたのか、今になってやっとわかりましたw

忍耐力

千代は小暮に頼まれて、返事をさせられた。

第一声は「耐えてくれ」でした。

この一言がまた、すべての流れを決定づけた。

我慢」「ごめんなさい」「…でも…」という言葉がすべてダメだったことにつながるのですが、この言葉を発した瞬間に本当に終わったと思ったのでしょう。

それは後から自分で言ったことだけど、千代はそっちは選ばなかっただろう。

というか、そうすればドラマは幸せなファで終わるのに。

以上が、朝ドラ「芋たこなんきん」第25週目第145話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。