マー姉ちゃん第6週のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第6週(26話~30話)のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

 

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年5月7日(月)~5月12日(金)放送

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第6週のネタバレあらすじ

こちらでは、朝ドラ『マー姉ちゃん』第6週の放送されたストーリーから、ネタバレあらすじをまとめています。

第6週の各話ごとの詳細ネタバレあらすじを知りたい方は、こちらからご確認ください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第6週『』一覧
放送回放送日
第31話「」5月7日(月)
第32話「」5月8日(火)
第33話「」5月9日(水)
第34話「」5月10日(木)
第35話「」5月11日(金)
第36話「」5月12日(土)

油絵を志すマリ子(熊谷真実)は、さっそく画塾に通う。

ここで、ルパシカを着た青年、結城信彦(森田順平)に、心をひかれる。

ところが、二人がはじめて喫茶店に入ったとき、マリ子は大失敗。

立ち上がった拍子に、ソーダ水を、信彦の白い服にかけてしまう。

画築のたった一人の女性の先輩・喜多川茜(島本須美)は、何かとマリ子の世話をしてくれる。

ある日、麻布に住む伯母(岩本多代)が、マリ子にハイヒールを買ってきてくれた。

母はる(藤田弓子)は、画学生にハイヒールは不要というが、はじめてのハイヒールに、マリ子もマチ子も、大はしゃぎ。

ここまでが、5月7日~5月12日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第6週のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第7週のあらすじを知りたい方は、第7週へ読み進めてください。

朝ドラ「マー姉ちゃん」第6週の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第6週の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていない次週のネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

マー姉ちゃん6週の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第6週目のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。