澪つくし第113話のネタバレあらすじ!小畑の引退

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」19週目第113話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第112話「小畑の訴え」では、小畑が久兵衛に引退することを伝え、梅木を番頭にしてほしいとお願いするストーリーでした。

澪つくしの第113話「小畑の引退」では、小畑が引退し、梅木が営業部長、かをるが広告課長代理となるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年8月9日(金)放送
第19週第113話タイトル『小畑の引退』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第113話のネタバレあらすじ

ここからは、8月9日に放送された朝ドラ「澪つくし」第113話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし113話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 小畑が入兆を退職する
  • 営業部長に梅木が抜擢される
  • 律子に梅木を現在どう思っているか確認する
  • 梅木とかをるを結婚させようと考えていることを知る
  • ハマに梅木との関係を確認する
  • 梅木とはすでに終わっていると伝える

引退

本日限りで退職することになった小畑兵造(高品格)は、最期の挨拶をする。

45年働いてきた入兆での思い出や、醤油は日本中の魂だと熱く語り、残された従業員たちには、誇りを持って醤油作りをしてほしいと訴えた。

今回の小畑の退職に伴い、入兆の体制も大きく変わる。

小畑の指名で、営業部長には、梅木健作(柴田恭兵)が抜擢された。

そして、律子は常務に、坂東英一郎(鷲生功)は営業課長、坂東かをる(沢口靖子)は広告課長代理に就任した。

確認

その夜、坂東久兵衛(津川雅彦)は律子を呼びだし、梅木のことをどう思うかと確認した。

好きかどうかと聞かれた坂東律子(桜田淳子)は、その心配はないと答える。

そして、更に坂東るい(加賀まりこ)が、梅木がどの人と結婚しようと異存はないですねと再確認した。

意図が分からない律子は、どういうことなのかと聞くと、梅木を婿養子に迎え、かをると結婚させようとしていることを知る。

台所

律子は久兵衛と話が終わると、若林ハマ(根岸季衣)がいる台所へ向かった。

梅木とかをるの縁談の話を聞いていたのかと聞き、梅木のことをどう思っているのかと改めて確認する。

ハマはすでに終わっていると答えた。

それを聞いた律子が部屋に戻ると、ハマは一人涙を流す。

ここまでが、8月9日に放送された朝ドラ「澪つくし」第113話のあらすじのネタバレです。

ハマは一人涙を流していましたが、なんと結婚するんですよね、、、

澪つくし第114話のあらすじを知りたい方は、第114話『ハマの結婚』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第113話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第113話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

引退式

昨日辞めると宣言して今日引退式。

番頭さんの正式な肩書きは営業部長だったんですねw

司会進行役は、律子の舎弟・神山が務めましたが、草葉の陰って勝手に殺すんじゃないよ!

花束贈呈って、現代っぽい感じだけど、当時もあったんですね。

ということは、花屋さんって昔からあったのかな?

挨拶

久兵衛もそうですが、澪つくしの挨拶って皆さん上手ですよね。

現代のドラマと言葉の使いまわしが全然違う。

そんな仲、小畑のプライベート情報がでてきました。

丁稚奉公から45年。

仮に12歳から丁稚奉公いったとしたら、まだ60歳になっていないので、まだまだ現役で働ける年齢ですよ!

それを梅木のために勇退するとは、さすが男のなかの男です!

人事発表!!

小畑の退職に伴い、人事がいっきに代わりましたね。

今回の一番の理由だった梅木は出世しましたが、坂東ファミリーは取締役とかもろもろ占めており、改めて同族企業の会社なんだということが分かりました。

律子が取締役って何もしてなくない?

たしかにナフトール事件のときは、大手柄でしたが、それ以外ってまったく醤油作りに関与していないでしょ。

役職もらっているってことは給料も払っているって事ですよね。

まぁ別に悪いことではないですが、それ相応の仕事をしているのは、かをると英一郎ぐらいで、律子とるいが入っているのが「なんで?」って思っちゃいました。

当然私が思っているということは、広敷の連中も思っているということですよね。

野心家

泥酔して入兆にやってきた清次。

心の中で思っていることをペラペラとしゃべって、ほんと野心家なんだなと思いましたね。

絶対この人だけは取締役にすえてはいけないと切に願います!

まぁ、最期は水をぶっかけられ、ざまみろな展開で終わりましたが、今後新体制でどう難局を乗り切るか見ものです!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第19週目第113話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第19週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第19週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第19週目のネタバレあらすじ

113話放送の澪つくし第19週のあらすじは、警視庁衛生部の検査結果により、入兆の醤油が出荷停止の危機に陥るが、坂東姉弟が協力して、警視庁衛生部にミスを認めさせるストーリーとなっています

第19週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第19週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。。