澪つくし第139話のネタバレあらすじ!武田とアミの入籍

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」24週目第139話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第138話「手打ち式」では、入兆と吉武家の問題を解決するため、手打ち式が行われるストーリーでした。

澪つくしの第139話「武田とアミの入籍」では、入営する職人の武田がアミに結婚を申し込み入籍するストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年9月9日(月)放送
第24週第139話タイトル『武田とアミの入籍』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第139話のネタバレあらすじ

ここからは、9月9日に放送された朝ドラ「澪つくし」第139話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし139話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

不幸

惣吉が梅木を不幸したら、とりかえしにいくという。

三人たちもかわいそうだと話するい。

夫婦

とねがりっぱだといっていたことを話す。

立派におもっているという。

私たちの間に溝はできていないかと確認すると前より深く愛していると答える。

いい父親になるようにもっともっと努力するという。

入兆

土地を取られるという。

飛行場ができる。

陸軍が何か考えていると話す。

広敷の武田に召集令状が届くという。

告白

武田がアミに話があると弟がいってきた。

アミがいくと、武田がまっていた。

アミが好きだと話すと告白する。

そして、武田は結婚したいとはなす。

明日にでも籍にいれるという。

夫婦になって子供をつくりたいという。

どうして自分のような女と結婚するのかというと、俺もたいした男でもないという。

家族いないから困らないという。

何をまもるために命をはるんだという。

せめて嫁や子供がいれば家族のためならいけるという。

結婚してほしいというと、私でよければと承諾した。

無事に帰ってきて欲しいと話す。

戦死なんかしたらぶっ殺すからという。

 

入営

そして、入営のときがやってきた。

女中のアミと入籍した。

小浜家

226事件勃発。

小浜も事件の中心にいた。

ここまでが、9月9日に放送された朝ドラ「澪つくし」第139話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第140話のあらすじを知りたい方は、第140話『フィリピンに行かないか?』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第139話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第139話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし139話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第24週目第139話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第24週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第24週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第24週目のネタバレあらすじ

139話放送の澪つくし第24週のあらすじは、かをるが惣吉を呼び出して、忘れてほしいとお願いするストーリーとなっています

第24週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第24週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。