澪つくし第141話のネタバレあらすじ!満州に行きます

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」24週目第141話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第140話「フィリピンに行かないか?」では、惣吉が海軍に呼び出され、もう一度フィリピンに行ってみないかと誘われるストーリーでした。

澪つくしの第141話「満州に行きます」では、律子が東京から入兆に戻ってきて、満州にいくと別れの挨拶をするストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年9月11日(水)放送
第24週第141話タイトル『満州に行きます』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第141話のネタバレあらすじ

ここからは、9月11日に放送された朝ドラ「澪つくし」第141話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし141話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 海軍の誘いを断る
  • 所帯を持ったほうがいいと言われる
  • 律子が突然入兆に帰ってくる
  • 満州にいくと話す
  • 小浜との結婚を認める
  • 満州に旅立った

海軍

フィリピンに行ってみる気はないかと問われた吉武惣吉(川野太郎)

少佐は、英語とタガログ語が話せる惣吉を買っていて、民間の工作員として現地に派遣したいと話す。

惣吉は漁師だから魚を獲るしか能がないという答えた。

吉武家

家に戻り、そのことを善吉たちに話し、断ってきたことを伝える。

源八は、早く所帯を持ったほうがいいという。

吉武とね(草笛光子)も、所帯を持って利根川丸を継いでもらわないと隠居できないと訴える。

何度も同じ話をされる惣吉は、どうしてもいうならこの家から出て行くと口にした。

入兆

ある日、突然、小浜律子(桜田淳子)が入兆に戻ってきた。

小浜敬助(村田雄浩)は今満州にいるといい、律子も満州にいくことを決めたという。

梅木かをる(沢口靖子)が、これ以上、父のためにもどこにも行かないで欲しいと訴えるが、久兵衛は、今まで自由に生きてきたからこの性格は一生直らないと口にする。

律子が、今日の夜に発つというと、坂東久兵衛(津川雅彦)が手を出せという。

律子の手を握り、最期まで気の会わない親子だったが、憎たらしい分だけ可愛かったと本音が出る。

そして、小浜との結婚を正式に認めたのだ。

律子は、長生きしてほしいと話し、その夜、満州へと旅立った。

ここまでが、9月11日に放送された朝ドラ「澪つくし」第141話のあらすじのネタバレです。

律子が旅立ちましたが、あるきっかけでまた吉武家と坂東家に問題が起こるんですよね、、、

澪つくし第142話のあらすじを知りたい方は、第142話『賭け事で逮捕』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第141話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第141話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

海軍からスカウト

一介の漁師がまさかの海軍からスカウト!!

そんなことって実際にあったんでしょうか?

確かに英語も喋れて現地のタガログ語も話せるとなれば、それで優秀な人材ですが、 民間の工作員として現地に派遣するって、それだけ人材が不足していたのかがちょっと気になるところ。

惣吉は漁師だから魚を取るしか能がないと謙遜していましたが、英語とタガログ語を話せる漁師って、かなりレアな人材ですよw

実際に現地にも行っていますので、適任といえば適任でしょうが今回は見送りましたね。

所帯の話

そして、吉武家で断った話をする惣吉。

すると今度は惣吉の所帯の話に!!!

とねとしてもかをるを忘れて、新しい所帯を持ってくれることを願ってはいますが、当の本人からすれば、奪われた感は否めませんので、そうそう好きだった女が別の男のものになったからといって、じゃあ別の女でってことにはなりませんよね。

こういう一途な惣吉は、とても好感持てますが、どうやって今の状況を打開するのか見ものです。

ただ、どちらにしても誰かが悲しむことは確定なので、ちょっとかわいそうな気はしますが、、、

満州いく!

そして、入兆では、相変わらず突然帰ってくる律子。

惣吉が生きていたことも知らせに来たときも、突然帰ってきましたが、今度は何をやらかしたと思いきや満州へ行くとは、、、

父親としては、絶対行かないで欲しいと思う気持ちがありますが、これまで自分勝手に生きてきた娘ですから止めても無駄だと悟っていましたね。

結局は、久兵衛は許す形で、二人のわだかまりもなくなりましたが、最後のナレーションで最後の別れって悲しすぎます!

これって、満州で律子が死ぬのか、久兵衛が死ぬのか、どちらか確定ってことですよね、、、

以上が、朝ドラ「澪つくし」第24週目第141話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第24週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第24週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第24週目のネタバレあらすじ

141話放送の澪つくし第24週のあらすじは、かをるが惣吉を呼び出して、忘れてほしいとお願いするストーリーとなっています

第24週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第24週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。