澪つくし第142話のネタバレあらすじ!賭け事で逮捕

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」24週目第142話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第141話「満州に行きます」では、律子が東京から入兆に戻ってきて、満州にいくと別れの挨拶をするストーリーでした。

澪つくしの第142話「賭け事で逮捕」では、飛行場建設の応援で手伝いにいった入兆の職人たちが賭け事で逮捕されるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年9月12日(木)放送
第24週第142話タイトル『賭け事で逮捕』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第142話のネタバレあらすじ

ここからは、9月12日に放送された朝ドラ「澪つくし」第142話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし142話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 梅木が朝食時に現われず、呼んで来いという
  • かをるは夫婦のことは夫婦で解決すると話す
  • 赤川が休暇で入兆に戻ってきて、度肝を抜かされる
  • 工場へ派遣するように軍から言われる
  • 工場へいくと漁師たちと再会する
  • 職人と漁師たちが賭け事をして捕まる
  • 責任者として出頭すると惣吉に遭遇する

夫婦の問題

朝食時、梅木だけがまだ茶の間に集まっていなかった。

二日酔いで寝ているという。

坂東久兵衛(津川雅彦)は呼んで来いというが、梅木かをる(沢口靖子)は、夫婦のことは夫婦で解決すると話す。

休暇

その日、入営していた入兆の元職人・赤川が休暇をとって、入兆に帰ってきた。

上等兵だと自慢するが、小浜敬助(村田雄浩)が陸軍中尉で、小浜律子(桜田淳子)と結婚したと知ってビックリする。

さらに、梅木とかをるが結婚したことを知り度肝を抜かれた。

派遣

その頃、事務所では、軍人が突然やってくる。

工場完成の納期が間に合わなくなったので、人を派遣してほしいというお願いだった。

梅木が断ろうとするが、半ば強制的に3人職人を派遣させることになった。

工場

入兆の職人3人が工場に向かう。

すると、そこに吉武家の漁師たちがいた。

彼らも同じ理由で派遣させられていたのだ。

惣吉と梅木夫婦の話になり、梅木がはしご酒を飲んでいると噂する。

噂は事実であり、この日も梅木の帰りは遅かった。

賭け事

ある夜、職人たちが賭け事で逮捕される。

そのことで、責任者は、直ちに出頭しろと命令が下った。

かをるからそのことを聞いた梅木健作(柴田恭兵)が、神山を連れて行くと、そこへ吉武惣吉(川野太郎)がやってくる。

ここまでが、9月12日に放送された朝ドラ「澪つくし」第142話のあらすじのネタバレです。

惣吉と再会しましたが、いちゃもんをつけるんですよね、、、

澪つくし第143話のあらすじを知りたい方は、第143話『惣吉の所へ行ってしまえ!』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第142話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第142話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

夫婦の問題

はいはいはい!これからはがんばるといっていた梅木が、また酒に溺れて、朝食にも顔をださない。

あの夜の言葉が見事に打ち砕かれましたね。

私的には、想定の範囲内なので驚きもしませんが、やっぱり肝が小さい男でしたね。

二日酔いで寝ていることを知った久兵衛が、何かいうために起こして来いといいましたが、それをとっさにかをるが止めました。

夫婦の問題は夫婦で解決する!

かをるの主張はごもっともで、たとえ親だからといって、口出しすることではありません。

ただ、梅木を全うな人間に戻せるかは、ちょっと微妙なところ。

結局のところ、うめきの情緒不安定は、かをると惣吉とのことですから。

職人たちが強制労働

とりあえず手打ち式も終わり、両家の話し合いも終わったので、接点もなくなりどうなるかと思いましたけれども、今度は仲良しになったことを逆手にとって強制労働でつなげるとは!!!

さすが、 ジェームス三木さんw

最初は、戦争の影響を伝えるために入兆の職人たちを強制労働させただけだと思いきや、まさかの吉武家の漁師たちもいるではないですか。

なるほど、なるほど、ここでまた喧嘩させて接点持たせようと思ったのねと思いきや、手打ち式ですっかり仲良しになっていた職人と漁師たちw

梅木がはしご酒を飲んでいるという話と惣吉が全然結婚しないという話を双方流す作戦なんですね。

そして、また接点をつなげるための賭博逮捕事件!

今回は、かをるを攫ったときのようなゴリ押しの展開ではなく、自然な形で接点をもたせたので、納得行く展開でした。

余裕顔

そして、再び交わる惣吉と梅木!

賭博をしていた相手が双方の従業員とは知らず、警察でばったり遭遇

惣吉は余裕顔でしたが、梅木は目がメラメラしていましたねw

以上が、朝ドラ「澪つくし」第24週目第142話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第24週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第24週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第24週目のネタバレあらすじ

142話放送の澪つくし第24週のあらすじは、かをるが惣吉を呼び出して、忘れてほしいとお願いするストーリーとなっています

第24週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第24週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。