澪つくし第142話のネタバレあらすじ!賭け事で逮捕

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」24週目第142話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第141話「満州に行きます」では、律子が東京から入兆に戻ってきて、満州にいくと別れの挨拶をするストーリーでした。

澪つくしの第142話「賭け事で逮捕」では、飛行場建設の応援で手伝いにいった入兆の職人たちが賭け事で逮捕されるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年9月12日(木)放送
第24週第142話タイトル『賭け事で逮捕』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第142話のネタバレあらすじ

ここからは、9月12日に放送された朝ドラ「澪つくし」第142話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし142話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

梅木

梅木が朝食でてこない。

二日酔いで寝ているという。

久兵衛は呼んで来いというが、自分たち夫婦の問題だと話す。

年季明け

赤川が休暇をとってかえってきていた。

小浜が陸軍中尉で、律子と結婚した。

梅木とかをるが結婚。

 

 

家族手当をだしたらどうかと提案する。

子沢山の行員が

そこへ、清次がやってきた。

清次は昨夜梅木と飲んでいたらしい。

 

 

銚子の町に軍人たちがやってきた。

すると、5名ぐらい人をよこして欲しいという。

もちろん手当てはだす。

3名でもいいというと、渋々職人を派遣させることにした。

 

 

するとそこで入兆と漁師のやつらが一緒にあった。

1分だけ話しさせてくれという。

若旦那はひとりもんだという。

夫婦仲が悪いという。

はしご酒飲んでいるという。

 

梅木の帰りはその夜も遅かった。

昼と夜では人格が変わるという。

 

職人頭が夜遊びがすぎるという。

吉武の若いもんと一緒になったという。

離婚すると噂になっているという。

これから気をつけるという。

 

賭け事

その夜、職人たちが賭け事で逮捕された。

責任者はただちに出頭しろという。

頭と社長代理が警察にいくと、そこへ惣吉がやってきた。

ここまでが、9月12日に放送された朝ドラ「澪つくし」第142話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第143話のあらすじを知りたい方は、第143話『惣吉の所へ行ってしまえ!』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第142話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第142話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし142話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第24週目第142話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第24週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第24週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第24週目のネタバレあらすじ

142話放送の澪つくし第24週のあらすじは、かをるが惣吉を呼び出して、忘れてほしいとお願いするストーリーとなっています

第24週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第24週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。