澪つくし第143話のネタバレあらすじ!惣吉の所へ行ってしまえ!

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」24週目第143話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第142話「賭け事で逮捕」では、飛行場建設の応援で手伝いにいった入兆の職人たちが賭け事で逮捕されるストーリーでした。

澪つくしの第143話「惣吉の所へ行ってしまえ!」では、警察で惣吉とやりあった梅木が、その夜も酔いつぶれかをるに惣吉の所へ行ってしまえ!と言ってしまうストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年9月13日(金)放送
第24週第143話タイトル『惣吉の所へ行ってしまえ!』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第143話のネタバレあらすじ

ここからは、9月13日に放送された朝ドラ「澪つくし」第143話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし143話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

警察

警察にいくと、ばったり惣吉と出会う。

吉武家の漁師たちも一緒に捕まっていたのだ。

 

俺たち夫婦が別れていると噂をだしているのじゃないかといった。

喧嘩をしているのか?

夜な夜な遊んでないで、大事にしろという。

おれが勝つということだという。

 

すると軍がやってきた。

しかし、警察と喧嘩した。

 

入兆

入兆にかえると、惣吉にあったという。

梅木と惣吉が言い合いになったことを話す。

その夜も遅くまで飲んでいた梅木。

かをるが探してみつけた。

引っ越そうと提案する。

弱虫という。

惣吉とあったそうだなという。

やりあったという。

あいつが勝つという。

もうどうでもよくなったという。

子供たちは渡さないという。

心を離れている女房をつなぎとめているという。

愛していれば、どこにもいかないという。

梅木はハマともできていた話をする。

梅木のすさんだ変わりように胸が張り裂けそうだった。

 

外川

梅木が起きると、朝早くどこかへいったという。

梅木はやめるという。

夜遊びのことか?

吉武ごときに振り回されるか

酒によってかをるに悪態をついたという。

 

かをるは惣吉に会いに言った。

ここまでが、9月13日に放送された朝ドラ「澪つくし」第143話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第144話のあらすじを知りたい方は、第144話『忘れてください』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第143話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第143話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし143話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第24週目第143話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第24週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第24週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第24週目のネタバレあらすじ

143話放送の澪つくし第24週のあらすじは、かをるが惣吉を呼び出して、忘れてほしいとお願いするストーリーとなっています

第24週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第24週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。