澪つくし第143話のネタバレあらすじ!惣吉の所へ行ってしまえ!

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」24週目第143話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第142話「賭け事で逮捕」では、飛行場建設の応援で手伝いにいった入兆の職人たちが賭け事で逮捕されるストーリーでした。

澪つくしの第143話「惣吉の所へ行ってしまえ!」では、警察で惣吉とやりあった梅木が、その夜も酔いつぶれかをるに惣吉の所へ行ってしまえ!と言ってしまうストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年9月13日(金)放送
第24週第143話タイトル『惣吉の所へ行ってしまえ!』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第143話のネタバレあらすじ

ここからは、9月13日に放送された朝ドラ「澪つくし」第143話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし143話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 警察に出頭すると惣吉と再会する
  • 惣吉と梅木が喧嘩になる
  • 小畑が二人が喧嘩したことをかをるに知らせる
  • 梅木を探しにいく
  • どうでもよくなったと言われる
  • 翌朝、社長代理をやめたいと訴える
  • 惣吉に振り回されるなと激をとばす
  • かをるは惣吉と会っていた

警察

梅木健作(柴田恭兵)が警察に出頭すると、惣吉と再会する。

吉武家の漁師たちも一緒に捕まっていたのだ。

すると、梅木が、俺たち夫婦が別れていると噂を出しているんじゃないかと訴える。

しかし惣吉は、夜な夜な遊んでいないで、梅木かをる(沢口靖子)を大事にしろと忠告した。

カッとなった梅木は殴りかかろうとするが、神山に止められる。

吉武惣吉(川野太郎)は、あんたの負けだなと挑発するが、ちょうど担当者がやってきて騒ぎが収まる。

梅木

入兆に帰ると、神山が、二人が言い合いになったことをかをるに伝える。

その夜も梅木は、遅くまで飲んでいて、かをるは探し回っていた。

よっぱらった梅木を見つけると、もうどうでもよくなったと言われる。

かをるはどこにも行かないというが、投げやりな梅木はハマとのことまで告白した。

梅木のすさんだ変わりように、かをるは胸が張り裂けそうだった。

翌朝

翌朝、梅木が目を覚ますと、かをるは、どこかへ出かけていた。

梅木は起き上がると、久兵衛にところへ向かい、社長代理を辞めると訴えた。

しかし、坂東久兵衛(津川雅彦)は、吉武ごときに振り回されるなと激をとばす。

その頃、かをるは、惣吉に会いにいっていたのだ。

ここまでが、9月13日に放送された朝ドラ「澪つくし」第143話のあらすじのネタバレです。

惣吉に会いに行きましたが、さよならを告げるんですよね、、、

澪つくし第144話のあらすじを知りたい方は、第144話『忘れてください』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第143話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第143話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

バトル開始!

警察でばったり遭遇した惣吉と梅木。

小畑が仲良さげに惣吉と話していましたが、目がメラメラ状態の梅木は、敵意むき出しでしたね。

案の定、双方の情報を流す布石が役立っており、梅木夫婦が別れていると噂を話題にしました。

ただ、その噂を流しているのが惣吉だろうと断定して言われると、なんとも小さな男を感じざる得ません。

疑心暗鬼もほどほどにしろ!っていうんですよ。

それは、惣吉のせいではなく、あなたの心の弱さですよ。

言い方からしても余裕がなく断定的に惣吉だと決めつけていましたよね。

あんなこと言われたら惣吉も怒って当然ですけれども、夜な夜な遊んでいることを指摘されると、殴りかかった時点で負けは決したでしょう。

あれは挑発といえば挑発ですが、事実なので、文句は言いませんよね。

本当に情けなくて見ていられませんでした。

ただ、惣吉もそこまで大人ではないので、あんたの負けだと敢えて挑発しました。

そんなところがまだ子供な惣吉さんですが、あそこまで言われたんじゃ言いたくなる気持ちも十分分かります。

内心は、かをるを取り戻せると思っていたんじゃないかな?

報告!

人騒動終わった後に、そのことをかをるに報告する神山。

最近の神山は、いい仕事しますよね。

東京で小浜にあった件も、律子のいいつけで誰にもしゃべっていなかったり、今回あえてかをるにそのことを伝えることも今後の展開には重要な役割です。

番頭の小畑兵造がいなくなってから日増しに存在感が増していますw

クズ男

今日一番ムカついたのが、ハマとのことをバラしたこと。

自分の弱さを棚に上げて、もういいだの好きにしろだの本当にクズ男ですね。

挙句の果て、いいことを教えてやろう!ってバカですか?

ハマとの関係を口にしたときのかをるのショックの大きさはいかほどか、、、

マジでむかつくシーンでした。

以上が、朝ドラ「澪つくし」第24週目第143話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第24週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第24週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第24週目のネタバレあらすじ

143話放送の澪つくし第24週のあらすじは、かをるが惣吉を呼び出して、忘れてほしいとお願いするストーリーとなっています

第24週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第24週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。