澪つくし第144話のネタバレあらすじ!忘れてください

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」24週目第144話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第143話「惣吉の所へ行ってしまえ!」では、警察で惣吉とやりあった梅木が、その夜も酔いつぶれかをるに惣吉の所へ行ってしまえ!と言ってしまうストーリーでした。

澪つくしの第144話「忘れてください」では、かをるが惣吉を呼び出し、私のことは忘れて欲しいとお願いするストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年9月14日(土)放送
第24週第144話タイトル『忘れてください』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第144話のネタバレあらすじ

ここからは、9月14日に放送された朝ドラ「澪つくし」第144話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし144話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

外川

惣吉に会いに外川までやってきたかをる。

惣吉をひそかに呼び出すと、

警察と梅木と出会った話をする。

主人は、

どうして再婚をしないのか、一生独身を通すといっているという。

私たちはどうすることもできないという。

あてつけはやめてほしいという。

あなたがいるから幸せになれないという。

惚れているのかと聞くと、惚れているという。

しかし、惣吉は100倍惚れているという。

自分の心は変わらないという。

それならいっそのこと逃げてくださいという。

親も子供捨てて欲しいという。

それができないなら幸せを願う。

 

このままでは三人とも不幸になるという。

どうか私のことは忘れて欲しいという

かもめになりてー

もう悲しませたりしない。

指切りをした。

幸せになってほしいという

最期別れ際にもう夢にはでてこないでいう。

入兆

入兆に戻ると、久兵衛にすべて話した。

梅木は探しいってたという。

惣吉に引導を渡してきたという。

久兵衛の前で誓うという。

おれのそばにいてほしいという。

こちらこそお願いしますという。

二度と別れ話はさせないという

 

海軍

惣吉は海軍にいって、やることにした。

かをるが仕事をしていると、惣吉が外川から離れるという。

惣吉がどこにいくのかと駅に向かう。

惣吉と出会うが、惣吉は何も言わなかった。

なんとかいってくれという。

ここまでが、9月14日に放送された朝ドラ「澪つくし」第144話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第145話のあらすじを知りたい方は、第145話『梅木立ち直る!』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第144話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第144話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし144話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第24週目第144話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第24週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第24週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第24週目のネタバレあらすじ

144話放送の澪つくし第24週のあらすじは、かをるが惣吉を呼び出して、忘れてほしいとお願いするストーリーとなっています

第24週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第24週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。