澪つくし第144話のネタバレあらすじ!忘れてください

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」24週目第144話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第143話「惣吉の所へ行ってしまえ!」では、警察で惣吉とやりあった梅木が、その夜も酔いつぶれかをるに惣吉の所へ行ってしまえ!と言ってしまうストーリーでした。

澪つくしの第144話「忘れてください」では、かをるが惣吉を呼び出し、私のことは忘れて欲しいとお願いするストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年9月14日(土)放送
第24週第144話タイトル『忘れてください』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第144話のネタバレあらすじ

ここからは、9月14日に放送された朝ドラ「澪つくし」第144話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし144話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 惣吉に会いに行く
  • 当て付けはやめて欲しいとお願いする
  • 自分の心は変わらないという
  • 考え抜いた末に身を引くことにした
  • 入兆に戻り久兵衛に報告する
  • 二人は愛を誓う
  • 惣吉が海軍の話を受ける
  • 惣吉が外川を去った

外川

惣吉に会いに外川までやってきた梅木かをる(沢口靖子)

警察で梅木とやりあった話を話題にした。

かをるは、どうして再婚しないのかと聞くと、俺の女房はこの世に一人しかいないと答えた。

しかし、私たちはどうすることもできないから、当て付けは辞めてほしいという。

自分の心は変わらないというと、それならいっそのこと逃げて下さいと訴えた。

そして、考え抜いた末に吉武惣吉(川野太郎)は、身を引くことにした。

こうして二人は別れたのだった。

入兆

入兆に戻ると、坂東久兵衛(津川雅彦)にすべて話す。

梅木健作(柴田恭兵)が戻ってくると、惣吉に引導を渡してきたと伝えた。

そして、久兵衛の前で梅木は愛を誓い、かをるもこちらこそお願いしますと答えた。

久兵衛もまた生き証人として、二度と別れ話はさせないと誓った。

海軍

数日後、惣吉は上京し、海軍の申し出を受けることにした。

かをるが仕事をしていると、坂東英一郎(鷲生功)が、善吉から聞いたといい、惣吉が今日外川から離れることを伝えた。

かをるが、すぐに駅に向かい、ちょうど汽車が走り出した。

惣吉を見つけるが、惣吉は何も言わずに去っていった。

ここまでが、9月14日に放送された朝ドラ「澪つくし」第144話のあらすじのネタバレです。

惣吉が去っていきましたが、あの人が元気になるんですよね、、、

澪つくし第145話のあらすじを知りたい方は、第145話『梅木立ち直る!』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第144話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第144話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

別れ

クズ男・梅木のために一人で惣吉に会いに行くかをる。

健気過ぎて、そこは高感度アップなんですが、前にも書いたように「こうあるべき!」がすべてではないと思うんですよね。

惣吉も呼び出されてちょっとルンルン気分でしたが、まさかあんな展開になるとは思っていなかったでしょう、、、、

まず、惣吉の誤算はかをるの第一声にありました。

梅木に何故あんな事を言ったんだと責め立てられたこと。

あの言葉は完全に梅木側の言葉ですよね。

少しは相手の言い分を聞いてから聞けばいいのに、いきなりなぜあんなことを言ったんだと攻めるのは、かをるの焦りもあるのかな?と感じました。

そして、今度は、惣吉が見合い話を断っていること。

これもちゃんと確認してから発言すればいいのに、当てつけは辞めてほしいって相手を思いやるかをるさんの発言とはちょっと思えない言葉でした。

あの言葉は、完全に迷惑だからやめろってことですもんね。

その言葉に惣吉も動揺していましたが、それでもかをるが惣吉を愛していることを感じさせるシーンがありました。

それは、地獄に一緒に落ちるからいっそのこと一緒に逃げてくださいと訴えたこと。

彼女の中ではどうしようもないこの現実にけじめをつけるため、自らがこうあるべきだと思う理想を貫こうとしていていましたが、この言葉は、自分の欲望をさらけ出した言葉のように感じました。

そのことで惣吉も自分よがりな考えをしていたと反省していましたが、 子供ができていなかったら別だったかもしれません。

子供は親にとって宝です。

梅木にとっても、かをるにとっても、宝で子供たちが二人をつなげているようなものです。

現に、梅木が酔っ払ったときに子供は渡さないっていってましたしね。

もしも子供がいなければ、梅木は男らしく身を引くというストーリーもあったかもしれません。

外川を離れる

結局身を引いた惣吉。

かをるを愛しているからこそ、苦しめたくないという気持ちで身を引きましたが、前に久兵衛がいっていたように一番の被害者は惣吉ですよね。

何も言わずに去っていったとかをるは嘆くかもしれませんが、そうさせたのは自分だという自覚するシーンでもありましたね。

以上が、朝ドラ「澪つくし」第24週目第144話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第24週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第24週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第24週目のネタバレあらすじ

144話放送の澪つくし第24週のあらすじは、かをるが惣吉を呼び出して、忘れてほしいとお願いするストーリーとなっています

第24週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第24週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。