エール第111話のネタバレあらすじ!苦肉の策!会わないドラマにしたら大ヒット!?

こちらでは、朝ドラ「エール」23週目第111話のあらすじのネタバレや、エールと実話の比較、感想をまとめています。

エールの第110話「浩二の結婚」では、東京にいくというまき子にそばにいて欲しいと浩二が訴え結婚するストーリーでした。

エールの第111話「苦肉の策」では、社会はドラマを放送していたが、演者が病気で出演できずに、苦肉の策として出会わない恋愛ドラマに切り替えるストーリーです。

朝ドラ『エール』
2020年11月16日(月)放送
第23週サブタイトル『恋のメロディ』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『エール』第111話のネタバレあらすじ

ここからは、11月16日に放送された朝ドラ「エール」第111話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール111話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 連続放送劇「君の名は」が始まる
  • 役者が出演できずに、会わない恋愛ドラマに書き換える
  • 真知子と春樹に絞ったストーリーに代えると大人気となる
  • 華は看護学校を卒業し、看護婦となっていた

社会派ドラマ

昭和27年に始まった連続放送劇「君の名は」

「君の名は」は、池田と裕一の新しいドラマで放送当初は、三家族を並行して同時に描く画期的な社会派ドラマを目指していた。

池田二郎(北村有起哉)は、生まれも育ちも違う三者三様の家族の戦後をありのままに描こうとしていたのだ。

しかし、放送をスタートさせたものの、思ったよりは話題にならなかった。

ピンチ

そんなある日、出演者の夏川とロッパーさんが病気で倒れたと一報を受け、現場に向かう古山裕一(窪田正孝)

現場につくと、池田が急いで脚本を書き換えていた。

放送まで残り1時間となったときに、ようやく脚本が完成する。

しかし、重森がやってきて、今度は出演予定の子役がおたふく風邪で出演できなくなったと報告しにきた。

八方塞の状態で、頭を悩ます面々。

重森正(板垣瑞生)が、今日は休止にしようと提案するが、穴は絶対あけられないという池田。

唯一出演できるのが、真知子と春樹の二人だけだと知ると、池田は、苦肉の策として、会わない恋愛ドラマをやろうと提案する。

重森が難色を示すと、意地を張ったように、もう会わない恋愛ドラマにしようと強行したのだ。

大ヒット

それから半年後。

真知子と春樹に絞ったストーリーは、瞬く間に人気となり、空前の大ヒットを記録した。

そして、当初は1年の予定だった「君の名は」は、更にもう1年続くことが決定し、全98回まで続いた。

この間に裕一が「君の名は」が手がけた曲は500曲にも及ぶ。

看護婦

一方、看護学校を卒業した古山華(古川琴音)は、看護婦として病院に勤めていた。

病室を回り、今日は寒くなりそうだと、患者さんに毛布を持っていく。

ここまでが、11月16日に放送された朝ドラ「エール」第111話のあらすじのネタバレです。

ついに看護婦になった華ですが、ある男性と出会うんですよね、、、

エール第112話のあらすじを知りたい方は、第112話『娘の結婚』へ読み進めてください。

朝ドラ「エール」第111話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「エール」第111話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

アバンなし

今日は久しぶりのアバンなし!

先週は完全にあらすじが途切れてしまったから、特に途中のストーリもなく、いきなりのオープニングスタートになったのかな?

最初の始まりがどうなるかが、朝ドラ「エール」では気になるポイントでしたが、残り2週間もしっかりチェックしていきますw

いきなり朝ドラおじさん

オープニングが気になる話をしましたが、オープニング明けのいきなり登場!朝ドラおじさん!

先週、朝ドラおじさんことバナナマンの日村さんが本編に登場すると話題になりましたが、まさかのしょっぱなからの登場にびっくりw

NHKもいきなり狙い撃ってきましたね~

しかも役が効果音を鳴らす役ってまさに適材適所!

効果音担当はまさに天職を言える役でしょw

すべて生

生演奏と生セリフに生音響のラジオドラマ生放送。

昔は、すべて一発発勝負でやっていたんですね。

特に音響はめちゃくちゃ人がいて、録音でもよかった気がしますが、、、

すべて生ってある意味やばすぎるでしょw

三木眞一郎

今日の盛り上がりを見せたのはこの方、三木眞一郎さんです!

三木眞一郎さんは声優さんですが、声優さんが表舞台に出るって昔ではみなかったことですよね。

まさかの三木さんの登場にSNS上でも盛り上がりをみせていましたw

NHK

「NHKの悪い癖だぞ」

まさかの自虐ネタをぶっこむNHK。

ちょうど今の話がNHKの実話の部分なので、制作サイドもかなり突っ込んだことやってきました。

ただ自虐ネタに対して、全然洒落にならないというコメントも多く、ちょっと笑いにするのは、難しい話でしたねw

看護婦

いつの間にか看護婦になっていた華。

今は看護師という名称ですが、昔は看護婦でしたよね。

ナースキャップも久しぶり見れて、ちょっと新鮮な気持ちw

今週は、華ちゃんの恋話だから、どんなことが起きるのが楽しみです!

もしも結婚という話まで進めば、裕一が許すのか許さないのかでもめそうな気がしますが、それはそれで面白い展開が待っていそう。

以上が、朝ドラ「エール」第23週目第111話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第23週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第23週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第23週目のネタバレあらすじ

111話放送のエール第23週「恋のメロディ」のあらすじは、社会はドラマを目指していた池田だったが、男女の恋愛ドラマになっていき、大人気ドラマとなるストーリーとなっています

第23週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第23週「恋のメロディ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。