澪つくし第119話のネタバレあらすじ!坂東家の塩になる

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」20週目第119話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第118話「仮病」では、久兵衛が仮病を使って梅木とかをるを結婚させようとするが、失敗するストーリーでした。

澪つくしの第119話「坂東家の塩になる」では、かをるは、考え抜いた末に梅木と結婚することを決心するストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年8月16日(金)放送
第20週第119話タイトル『坂東家の塩になる』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第119話のネタバレあらすじ

ここからは、8月16日に放送された朝ドラ「澪つくし」第119話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし119話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 善吉がアミが見受けしたのは自分のせいだと話す
  • かをるは、吉武一家をまとめなければならないと訴える
  • 二人を引き合いに、自分も乗り切ると訴える
  • 雨が降っていたが、梅木が迎えに来た
  • いつまでも待つと気持ちを伝える
  • かをるも真剣に考えていると伝える
  • 梅木との結婚を決意する

外川駅

とねに相談にきた坂東かをる(沢口靖子)を、善吉は外川駅まで見送る。

善吉が、吉武惣吉(川野太郎)を恨んでいると話す。

かをるが、アミとのことかと聞くと、彼女が身請けしたのは自分の責任だと答えた。

かをるは、吉武一家をまとめなければならないと、とねと同じ主張をするが、諦めきれない吉武善吉(安藤一夫)は、惣吉とかをるのことを引き合いに出し、二人で乗り切ったじゃないかと訴えた。

そして、自分も乗り切って見せるといって、かをるを見送った。

電車を降りると雨が降っていた。

途方にくれていると傘を差した梅木健作(柴田恭兵)が現れる。

なぜ分かったのか聞くと、吉武家から電話があり持ってきたという。

帰ろうとすると、梅木は少しだけ時間がほしいとお願いした。

梅木は、かをるの気持ちが変わるまで待つといい、誠心誠意あなたに尽くすことを誓うと話す。

そして、かをるは梅木のことを真剣に考えていると答えた。

東京

一方、坂東律子(桜田淳子)はまた小浜と会っていた。

小浜敬助(村田雄浩)は、今夜律子に結婚を申し込むつもりだったが、話をしていくうちに軍人の嫁にはできないと話す。

律子は、逃げながらあなたを追いかけていたと話し、その場から立ち去った。

塩になる

翌日、梅木とのことを真剣に考えたかをるは、坂東るい(加賀まりこ)の元へやってくる。

そして、坂東家の塩になると伝えた。

つまりは、梅木と結婚する決意をしたということだ。

ここまでが、8月16日に放送された朝ドラ「澪つくし」第119話のあらすじのネタバレです。

ついに結婚をする決意をしたかをるですが、手紙が届きびっくりするんですよね、、、

澪つくし第120話のあらすじを知りたい方は、第120話『梅木と婚約』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第119話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第119話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

前途多難

善吉はアミと一緒になりたいと思っていましたが、とねさんは難色を示していましたね。

松岸の女だったことがネックだったのか、網主の女房としては受け入れられなかったということでしょうか。

でもある意味、久兵衛と同じような考えになりますよね。

久兵衛も漁師を見下していた感があり、最初は惣吉との結婚を認めませんでしたが、松岸の女も同じことだと感じました。

もしも、善吉が本気でアミと一緒になろうと思っているのなら、それは惣吉とかをるよりも険しい道のりになるかもしれませんね。

梅木ストーカー!?

駅につくと待っていた梅木。

まさかのストーカー?と思いきや、電話してくれていたんですね。

ちょっと話があると連れ出したのが、あの釣堀!!!

そう、あの釣堀は、ハマを押し倒してやっちゃった場所ですw

まさか、あんな場所で、愛の告白をするなんて、、、

愛の告白内容よりも勢いづいて押し倒しちゃうんじゃないかとハラハラしましたよw

律子のプライド

ところ変わって東京。

まだ戻ってこない律子は、小浜と会っていました。

そこで、まさかの水橋と河原畑の話。

似ていると言われて、否定する小浜ですが、そりゃ水橋と似ているって言われるとちょっと腹が立ちますよね。

案外、二人はすんなり付き合うと思っていたんですが、まさかの小浜が拒絶したときは、ちょっとビックリしました。

律子と一緒になるために軍人になったのに、あれぐらいでもうやめちゃうの?

それぐらいの気持ちだったのかなと思うと、もうちょっとがんばれよって声をかけたいw

塩になる

考えて考え抜いて決めたかをる。

坂東家の塩になる!!!!!

いや、ちょっと意味分からないんですけど、、、

簡単にいえば、家のための結婚ってこと?

ちょっと、考えて決めたのはいいけど、それは結局自分が望んで決めたということではなく、抗えない運命を悟って、覚悟を決めたということでしょうか、、、

以上が、朝ドラ「澪つくし」第20週目第119話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第20週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第20週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第20週目のネタバレあらすじ

119話放送の澪つくし第20週のあらすじは、久兵衛が梅木にかをるを口説けとけしかけ、真剣に考えたかをるが梅木と結婚することを決心するストーリーとなっています

第20週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第20週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。