澪つくし第120話のネタバレあらすじ!梅木と婚約

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」20週目第120話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第119話「坂東家の塩になる」では、かをるは、考え抜いた末に梅木と結婚することを決心するストーリーでした。

澪つくしの第120話「梅木と婚約」では、久兵衛と梅木に結婚する意志を伝え、入兆中が祝福に包まれるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年8月17日(土)放送
第20週第120話タイトル『梅木と婚約』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第120話のネタバレあらすじ

ここからは、8月17日に放送された朝ドラ「澪つくし」第120話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし120話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • かをるが梅木と結婚すると伝える
  • 久兵衛とるいが大喜びする
  • 梅木が梅木の性を名乗らせて欲しいとお願いする
  • 坂東家の跡継ぎは英一郎だと主張する
  • 律子に結婚報告の手紙を書く
  • 律子から手紙が届く
  • 律子も婚約し、結婚式に顔合わせすると書かれていた

いいお話

坂東かをる(沢口靖子)は、久兵衛と梅木を呼び出し、梅木と結婚することを伝える。

坂東久兵衛(津川雅彦)が、梅木に異存はないかと聞くと、ありがたく引き受けますと答えた。

それを聞いた久兵衛と坂東るい(加賀まりこ)は大喜びする。

すると、梅木健作(柴田恭兵)は、ひとつだけお願いがあると口にした。

それは、梅木の性を名乗らせて欲しいというものだった。

そして、坂東家の跡取りはあくまで英一郎だと主張し、かをるもそれに賛同した。

久兵衛は分かったと答え、満面の笑顔を見せた。

そこへ、坂東英一郎(鷲生功)もやってきて祝福する。

二人

その夜、仕事中の梅木に飲み物を持ってきたかをる。

かをるは、先に相談せずにすみませんでしたと謝罪する。

梅木は、気にも留めず、改めてどうかよろしくお願いしますと頭を下げた。

手紙

それから数日後、坂東律子(桜田淳子)から手紙が届く。

かをるは律子にも手紙を送り、報告をしていたのだ。

英一郎がみなの前で律子の手紙を読む。

手紙には、祝福の言葉と、律子も婚約をしたことが書かれていた。

皆びっくりしていたが、かをるにだけは相手の顔が浮かんだ。

そして、手紙の最期には、かをるの結婚式の日に顔合わせをするので、よろしくと綴られていた。

ここまでが、8月17日に放送された朝ドラ「澪つくし」第120話のあらすじのネタバレです。

律子から手紙が届きましたが、本当にあの人を連れてくるんですよね、、、

澪つくし第121話のあらすじを知りたい方は、第121話『はなむけの言葉』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第120話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第120話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

梅木2番目

最近、梅木の格が登り状態。

今日も2番目にキャスト紹介されました!

昨日の坂東家の塩になる発言からして、今日のお話は予想できますが、まさにかをるのおかげで2番目維持しそうな展開ですよね。

まさに、逆玉の輿状態!!!

るいが久兵衛はどこいったとツエに話していましたが、まさかの厠で生存確認しているとは!!

話しかけたんですかね?

ちょっと個人情報としては、かなり恥ずかしい内容だけに、ちょっと笑ってしまいました。

しかも、長いってことはアレですよね。

それはお茶の間の皆さんも想像していると思いますので、かなり恥ずかしいはずw

出すもの出してスッキリ登場の久兵衛の顔は、まさにスッキリしていましたね。

あっさりバラす

言い話か悪い話かを先に結論いそぐ久兵衛。

まぁ、悪い話が立て続けに続いているので、身構える気持ちは分かりますが、あっさりるいがいい話とバラしましたね。

久兵衛には塩の話はせずにストレートに結婚を決めたことを伝えました。

そのことを知った梅木はあんがい反応薄かったのがちょっと意外でしたが、そのあと実感が沸いたのかえらい喜んでいましたね。

そりゃ、夢見た人との結婚ですから。

気が利く

笑顔に包まれたところで、ツエを呼び祝い酒をもってこいと催促する久兵衛。

高速スライディングツエがちゃっかり準備していることを報告!

たまには、気が利くことをしてくれるんですねw

文字通り飛んで来たツエもうれしそうでなによりです。

ハマは半ば無理やり結婚させられたような感じで少しかわいそうでしたが、ツエも結婚話がいつか来たらいいなと感じました。

梅木を名乗る!

結婚話でほんわかしていましたが、まさかの梅木が養子に入らずに、梅木を名乗る宣言!

男の意地と思いきや、坂東家の跡取りはあくまで英一郎ということで、立ててくれたんですね。

それにかをるも同調したので、ひとまずは、それでもいいと返事をしましたが、跡取り問題で今後揉めることがないことを祈ります。

以上が、朝ドラ「澪つくし」第20週目第120話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第20週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第20週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第20週目のネタバレあらすじ

120話放送の澪つくし第20週のあらすじは、久兵衛が梅木にかをるを口説けとけしかけ、真剣に考えたかをるが梅木と結婚することを決心するストーリーとなっています

第20週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第20週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。