澪つくし第133話のネタバレあらすじ!社長代理に昇進

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」23週目第133話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第132話「惣吉の生還」では、惣吉の記憶が戻り、外川に生還するストーリーでした。

澪つくしの第133話「社長代理に昇進」では、久兵衛が隠居し、梅木を社長代理に昇進させるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年9月2日(月)放送
第23週第133話タイトル『社長代理に昇進』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第133話のネタバレあらすじ

ここからは、9月2日に放送された朝ドラ「澪つくし」第133話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし133話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

奇跡的な生還

新聞にもかをるに注目される

 

ぎんがきて災難だという。

 

かをるがしっかりしていたら問題ないとるいがいう。

梅木もつらい思いをしている

最大の被害者は惣吉だと話す。

 

沖をでるという。

惣吉は善吉が親方になるんだという。

女房もちじゃないとつとまらないという。

結婚式をのばしてもいいというが、

 

新しい醤油

英一郎が新しい醤油をためしてくれという。

久兵衛を味見すると満州の大豆だという。

実験の価値があると判断したという。

久兵衛は激怒し、社長に黙っていたことが問題だという。

みんな処分するという。

ここまでが、9月2日に放送された朝ドラ「澪つくし」第133話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第134話のあらすじを知りたい方は、第134話『かをる攫われる』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第133話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第133話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし133話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第23週目第133話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第23週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第23週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第23週目のネタバレあらすじ

133話放送の澪つくし第23週のあらすじは、かをるを漁師たちが攫ったことで、険悪な関係になる入兆と吉武家だったが、かをるが吉武家に出向き手打式を行うことで丸く収めるストーリーとなっています

第23週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第23週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。