澪つくし第134話のネタバレあらすじ!かをる攫われる

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」23週目第134話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第133話「社長代理に昇進」では、久兵衛が隠居し、梅木を社長代理に昇進させるストーリーでした。

澪つくしの第134話「かをる攫われる」では、ばったり外川の漁師たちと遭遇して、かをるが攫われるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年9月3日(火)放送
第23週第134話タイトル『かをる攫われる』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第134話のネタバレあらすじ

ここからは、9月3日に放送された朝ドラ「澪つくし」第134話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし134話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 惣吉が入兆にやってくる
  • 梅木が対応するが、かをるに会わせてもらえなかった
  • 台風で入兆に損害がでる
  • お金を用立てるために真鍋にお願いする
  • 帰り道に漁師たちに攫われる

入兆

ある日、突然、吉武惣吉(川野太郎)が入兆にやってきた。

入兆の職人たちが、惣吉を取り囲む。

惣吉が旦那に会いたいというと、梅木健作(柴田恭兵)が社長代理を務めているという。

かをるに礼をいいたいので、会わせて欲しいとお願いするが、それはできないと答えた。

梅木がそれ以上何を望んでいるのかというと、かをるが幸せかどうか聞くと話す。

その言葉に、それは余計なおせっかいだと語気を強める梅木。

そして源八にも勧められ、出直すこととなった。

被害

それから数日後、外川は台風の被害で、川が氾濫した。

入兆も水浸しになり、味噌が全てダメになった。

莫大な損害がでた入兆のため、かをるは真鍋を訪ね、お金を用立てて欲しいとお願いする。

真鍋が渋っていると、嫁いだ真鍋ハマ(根岸季衣)が、こんなときこそ恩返しと無利子で貸すことを約束した。

攫われる

お金の目処がついた梅木かをる(沢口靖子)は、足取りが軽く入兆へ戻る。

しかし、その帰り道にばったりと吉武家の漁師たちと遭遇した。

惣吉の思いを知っていた漁師たちは、惣吉のためにかをるを無理やり攫っていったのだ。

一緒に付き添っていたアミは、すぐに入兆に知らせに行く。

吉武家

かをるは荷車に乗せられて気絶した。

気づいたときには、吉武家に着いており、吉武とね(草笛光子)がやってくる。

ここまでが、9月3日に放送された朝ドラ「澪つくし」第134話のあらすじのネタバレです。

かをるが連れ去られましたが、これがまたやり返し方がひどいんですよね、、、

澪つくし第135話のあらすじを知りたい方は、第135話『吉武家に殴り込み』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第134話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第134話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

来た!!!!

惣吉が記憶を取り戻してから、何か行動を起こすと思っていましたが、早々に入兆にやって来た!!!

入兆の職人たちは、いつものように喧嘩腰で絡んできましたが、梅木もきやがったなみたいな感じでしたね。

挨拶したいっていってるんだからさっさと挨拶して終わらせればいいのに、社長代理だから俺が対応するみたいな感じで余計こじらせていましたね。

かをるに礼をいいたいっていってるんだから、それぐらいさせてあげる器量を見せて欲しかったです!

しかもそれ以上何を望んでいるのかって、あなたがすべて拒否するから、どれも希望かなってないじゃないですかw

かをるが幸せかどうか聞くって言葉に、肝っ玉が小さい部分を見せていましたが、自分の妻を信じて早々に終わらせるのが得策だったと思いますよ。

ただ、そうなるとドラマ的には面白くなくなっちゃうので、これからまた惣吉の反撃があるんでしょうがw

攫うための台風

惣吉がやってきてから、いきなりの台風被害。

これが何につながるのかなと思ったら、かをるを攫うための台風だったんですねw

久しぶりにハマさんも見れて、どうしてるのかと思いましが、真鍋と仲良くやっているみたいでよかったです。

そして、その帰りに外川の漁師たちとばったり遭遇!

漁師たちが惣吉の肩を持つのは十分分かりますが、まさか攫うとはw

その前にアミもいたのに、アミについては何も聞かないのね?

吉武家到着!

そして、吉武家までぶじ到着!!

とねが近づいてきたときに、かをる気づいたみたいですが気絶していたみたいですね。

恐怖で気絶することはあるみたいですが、さすがに知った仲でもいきなり拉致られたら怖いですよね、、、

以上が、朝ドラ「澪つくし」第23週目第134話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第23週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第23週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第23週目のネタバレあらすじ

134話放送の澪つくし第23週のあらすじは、かをるを漁師たちが攫ったことで、険悪な関係になる入兆と吉武家だったが、かをるが吉武家に出向き手打式を行うことで丸く収めるストーリーとなっています

第23週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第23週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。