澪つくし第135話のネタバレあらすじ!吉武家に殴り込み

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」23週目第135話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第134話「かをる攫われる」では、ばったり外川の漁師たちと遭遇して、かをるが攫われるストーリーでした。

澪つくしの第135話「吉武家に殴り込み」では、かをるが攫われたことで腹を立てた入兆の職人たちが、善吉の婚礼の日に殴り込みをかけるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年9月4日(水)放送
第23週第135話タイトル『吉武家に殴り込み』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第135話のネタバレあらすじ

ここからは、9月4日に放送された朝ドラ「澪つくし」第135話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし135話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

吉武家

漁師たちが攫ってきた。

かをるが帰るというが、善吉が惣吉にあっていけという。

それはできないという。

卑怯だといってあわないという。

漁師たちはどうして分かってくれないのかという。

入兆

梅木が入兆に殴り込みにいくという。

そこへ電話がかかってきた。

源八が連れて帰るという。

とねがすぐに帰らせるという

お礼にやってくるという。

疑心暗鬼

かをるはタクシーで丁重に送りかえらせたという。

梅木は惣吉が計画したことだという。

疑心暗鬼になっていた。

人がかわってしまったという。

かをるに分かってもらえないないという。

 

殴り込み

入兆の職人たちは殴り込みにいった。

職人頭がとめにはいるが、殴り込みにいった。

善吉の婚礼の日に殴り込みをかける。

善吉の婚礼

ここまでが、9月4日に放送された朝ドラ「澪つくし」第135話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第136話のあらすじを知りたい方は、第136話『一人で話をつけにいく!』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第135話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第135話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし135話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第23週目第135話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第23週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第23週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第23週目のネタバレあらすじ

135話放送の澪つくし第23週のあらすじは、かをるを漁師たちが攫ったことで、険悪な関係になる入兆と吉武家だったが、かをるが吉武家に出向き手打式を行うことで丸く収めるストーリーとなっています

第23週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第23週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。