澪つくし第135話のネタバレあらすじ!吉武家に殴り込み

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」23週目第135話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第134話「かをる攫われる」では、ばったり外川の漁師たちと遭遇して、かをるが攫われるストーリーでした。

澪つくしの第135話「吉武家に殴り込み」では、かをるが攫われたことで腹を立てた入兆の職人たちが、善吉の婚礼の日に殴り込みをかけるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年9月4日(水)放送
第23週第135話タイトル『吉武家に殴り込み』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第135話のネタバレあらすじ

ここからは、9月4日に放送された朝ドラ「澪つくし」第135話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし135話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 惣吉に会ってほしいというが、断る
  • 入兆に謝罪の電話をかける
  • タクシーで送り返される
  • 惣吉が計画したことだと疑心暗鬼になる
  • 入兆の職人たちが殴り込みに行く
  • 善吉の婚礼が台無しになる

吉武家

漁師たちに攫われて吉武家までやってきた梅木かをる(沢口靖子)

かをるは帰るというが、善吉が吉武惣吉(川野太郎)に会っていってほしいとお願いする。

しかし、かをるは、連れ去れて会うのは卑怯だといってそれを拒んだ。

入兆

その頃、入兆では、梅木健作(柴田恭兵)が殴り込みにいくという。

そこへ、外川の源八から電話がかかってきた。

源八は、謝罪し、送り届けるというが、梅木は信用できないと突き放す。

すると、吉武とね(草笛光子)が電話を代わり、すぐに帰らせるといい、後日正式に謝罪の挨拶をさせていただくと伝えた。

疑心暗鬼

かをるは、タクシーで丁重に送り返された。

梅木は惣吉が計画したことだといい、疑心暗鬼になっていた。

惣吉はそんなことをする人間じゃないと訴えるが、そんなかをるさえも疑いの目を向けていたのだ。

殴り込み

翌日、入兆の職人たちは、吉武家に殴り込みにいく相談をしていた。

そこへ職人頭の小畑兵造(高品格)がやってきて、止めに入るが、我慢ならなかった職人たちは、小畑を縛りつけて、外川へ向かった。

その日は、吉武善吉(安藤一夫)の婚礼の日で、入兆の職人たちの襲来で、ぶち壊しになった

ここまでが、9月4日に放送された朝ドラ「澪つくし」第135話のあらすじのネタバレです。

とんでもないことになりましたが、かをるが一人で解決するんですよね、、、

澪つくし第136話のあらすじを知りたい方は、第136話『一人で話をつけにいく!』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第135話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第135話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

卑怯だ!!!!

外川の漁師たちに拉致られて吉武家までやってきたかをる。

善吉が惣吉に会っていって欲しいとお願いしましたが、会わん!って言ってましたねw

確かに無理やり連れてくるなんて卑怯だ!っていいたくなる気持ちは分かりますが、もともと旦那の梅木が入兆にいったときに会わせなかったのが原因ですよ。

それでも攫うのは犯罪ですから非は完全に漁師たちにありますが、心情的には一度会って話をして、はいこれでお終いとするのがベターな方法じゃないのかなと感じました。

ここでかをるが拒否したことで、入兆も吉武一家も険悪な雰囲気のまま、また問題を起こすんじゃないかと危惧していたのもつかの間、見事に問題起きましたし、、、

切れまくり

かをるが吉武家にいる頃、入兆では、梅木が切れまくっていましたね。

結構温厚な性格なのかなと思っていましたが、殴り込みにいく!ってかなり怒り心頭のご様子。

すぐに吉武家から電話がかかってきて、源八が謝罪した上で説明しても信用できん!って本当に聞く耳持たない状態で、どれだけ怒っているのかが伝わってきました。

そのあと、とねにかわってちゃんと謝罪の挨拶をさせていただくと丁重に謝罪してなんとか梅木も収まりましたが、冷静沈着な梅木はどこにいったのやら、、、

これは完全に二人の関係が戻るんじゃないかと焦っているなと思ったら、やっぱりかなりやばい精神状態に、、、、

惣吉が悪!

かをるが戻ってきてから、全部惣吉が計画していたことだと訴える梅木。

いやいやいや、惣吉のこれまでを考えればそれはないでしょう!

かをるもそのことは十分理解していて、それを否定しましたが、すると今度は梅木がかをるまで疑っていましたね。

妻に疑いの目を向けるってかなりムカつくんですけどw

器量ってものがまったく感じない梅木にちょっとがっかりした朝ドラ「澪つくし」135話でした。

もっとしっかりしろ健作!!!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第23週目第135話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第23週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第23週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第23週目のネタバレあらすじ

135話放送の澪つくし第23週のあらすじは、かをるを漁師たちが攫ったことで、険悪な関係になる入兆と吉武家だったが、かをるが吉武家に出向き手打式を行うことで丸く収めるストーリーとなっています

第23週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第23週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。