澪つくし第136話のネタバレあらすじ!一人で話をつけにいく!

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」23週目第136話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第135話「吉武家に殴り込み」では、かをるが攫われたことで腹を立てた入兆の職人たちが、善吉の婚礼の日に殴り込みをかけるストーリーでした。

澪つくしの第136話「一人で話をつけにいく!」では、お互い険悪になった入兆と吉武家の問題を解決するため、かをるが一人で話をつけに吉武家を訪れるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年9月5日(木)放送
第23週第136話タイトル『一人で話をつけにいく!』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第136話のネタバレあらすじ

ここからは、9月5日に放送された朝ドラ「澪つくし」第136話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし136話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 梅木が話をつけてくると話すが止められる
  • 代わりに英一郎に行かせる
  • 英一郎が吉武家を訪れるが話は平行線のままに終わる
  • かをるが一人で惣吉に会うと訴える
  • 翌日、一人で吉武家を訪れる

入兆

入兆の職人たちが吉武家に殴り込み入ったその夜。

梅木かをる(沢口靖子)は、善吉の結婚式が台無しになったと話す。

梅木が話をつけてくるというが、坂東久兵衛(津川雅彦)はそれをとめる。

その代わり、坂東英一郎(鷲生功)にいけと伝えた。

吉武家

翌日、英一郎と小畑兵造(高品格)は、吉武家を訪れた。

謝罪するが、とねたちも腹の虫が収まらない。

小畑が惣吉に会わせろというが、源八は、逆に惣吉と会いたかったらかをるを連れて来るよう嫌味をいう。

話は平行線のままで、とねは、久兵衛にえらい吉武家が怒っていると伝えて欲しいという。

入兆

入兆に戻り久兵衛に報告する英一郎。

すると、かをるが外川にいくと話す。

梅木健作(柴田恭兵)が止めるが、争いの原因は自分だという。

誰と行くのかと久兵衛が聞くと、一人でいくと答えた。

続けて、久兵衛は梅木を愛しているかと聞くか、私は梅木の妻だと返事が帰ってきた。

久兵衛はそれを忘れるなと釘を刺し、かをるを行かせることにした。

吉武家

翌日、かをるは一人で、吉武家を訪れた。

吉武善吉(安藤一夫)に結婚おめでとうを伝える。

善吉は惣吉を連れて来るといって出て行った。

吉武とね(草笛光子)は、相変わらずやさしくかをるを受け入れた。

すると、そこへ吉武惣吉(川野太郎)が帰ってきた。

ここまでが、9月5日に放送された朝ドラ「澪つくし」第136話のあらすじのネタバレです。

ついに一人でいくことになりましたが、お別れを言うんですよね、、、

澪つくし第137話のあらすじを知りたい方は、第137話『惣吉との決別』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第136話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第136話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

とねが上手

梅木が話をつけてくるといいましたが、いきなりトップがいくのはおかしいと久兵衛がとめましたね。

代わりに英一郎をいかせましたが、腹を探りに来たのかと見透かされてしまいました。

とねの前では、英一郎は役不足ということですね。

まっすぐな性格なので、こういう場をまとめるということは不向きなのかもしれません。

逆にとねは、いつでもハキハキと物事を話すので、 腹の虫が収まらない!とはっきりと言ってましたね。

もちろん最初にかをるを攫った漁師たちが悪いのですが、ちゃんと謝罪をすると伝えて丸く収まっていたところを、今度は息子の婚礼を台無しにされちゃ、腹の虫が収まらないのは当然のこと。

真打登場!

結局何もできず入兆に戻って報告する英一郎。

何のために行ったたのかと九兵衛に怒られましたが、指名したのはあなたですからw

そもそも英一郎ととねでは釣り合いが合わないの分かっているでしょうに。

そこで登場したのは真打かをる!

やっぱり両家をまとめるのは、かをるさんしかいないですよね。

もちろん梅木は大反対しますが、久兵衛からOKをもらえば、何もいえないのが婿というもの。

一応、梅木の妻だということを忘れるなと釘を刺しましたが、当の本人の梅木は気が気でないご様子。

対応が正反対

吉武家を訪れたかをる。

全然対応が正反対じゃないですかw

英一郎の場合は、身構えた感じでしたけど、かをるがやってくるとおかえり!みたいな感じでしたね。

そして、ついに惣吉とのご対面!!

この先、二人はよりを戻す方向に向かうのか、それとも別れる方向に向かうのか見ものです!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第23週目第136話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第23週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第23週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第23週目のネタバレあらすじ

136話放送の澪つくし第23週のあらすじは、かをるを漁師たちが攫ったことで、険悪な関係になる入兆と吉武家だったが、かをるが吉武家に出向き手打式を行うことで丸く収めるストーリーとなっています

第23週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第23週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。