澪つくし第137話のネタバレあらすじ!決別

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」23週目第137話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第136話「一人で話をつけにいく!」では、お互い険悪になった入兆と吉武家の問題を解決するため、かをるが一人で話をつけに吉武家を訪れるストーリーでした。

澪つくしの第137話「惣吉との決別」では、吉武家を訪れたかをる、外側に戻る気はないと惣吉と決別するストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年9月6日(金)放送
第23週第137話タイトル『惣吉との決別』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第137話のネタバレあらすじ

ここからは、9月6日に放送された朝ドラ「澪つくし」第137話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし137話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 惣吉に二度と争いが起きないようにしてほしいとお願いする
  • 外川に戻る気がないのか聞くと、ないと答える
  • 五分五分で手打ちにすることを約束したと報告する
  • 惣吉との写真が机の上に置かれていた
  • 夜遅くに帰ってきた梅木に写真のことを聞く
  • 悪態をついて部屋に戻った

吉武家

吉武家で、惣吉と会った梅木かをる(沢口靖子)

吉武惣吉(川野太郎)は、記憶が戻ったことへの感謝の言葉を口にする。

かをるは、入兆と外川の漁師たちが争いごとをおこすのは自分のせいだという。

惣吉は、死んだはずの自分が戻ってきたのが間違いだったというが、吉武とね(草笛光子)は誰のせいでもないと二人を気遣った。

そして、今回の騒動が話題になると、かおをるは吉武家に戻る気がないことを伝え、入兆を代表して、二度と争いは起きないようにしてほしいとお願いした。

惣吉は、本心が知りたいといい、二人は外へでかけた。

海岸

二人になると、惣吉は俺は昔と変わったか?と聞くと、かをるは、変わっていないと答えた。

そして、改めて外川に戻る気はないかと聞くと、ないと答えるかをる。

惣吉はかをるの言葉に納得し、駅まで見送ることにした。

その途中、かをるは、涙を流しながら後ろをついていく。

入兆

入兆に戻ると、五分五分で手打ちにすることを約束したと、久兵衛に報告した。

坂東久兵衛(津川雅彦)は、かをるをやって正解だったと喜ぶ。

報告したあと、部屋に戻ると、机の上に、惣吉との写真が置かれていた。

馬場ツエ(鷲尾真知子)は、梅木じゃないかと話す。

夜遅くに、酔った梅木が帰ってきた。

帰りを待っていたかをるは、写真のことを尋ねた。

梅木健作(柴田恭兵)は、本物が帰ってきたから写真はいらんだろうと悪態つく。

二人で会っていたことが気に食わず、疑心暗鬼になっていたのだ。

ここまでが、9月6日に放送された朝ドラ「澪つくし」第137話のあらすじのネタバレです。

かをるのおかげで手打ち式をすることになりましたが、二人がバチバチになるんですよね、、、

澪つくし第138話のあらすじを知りたい方は、第138話『手打ち式』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第137話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第137話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

まずは用件から

ついに惣吉とご対面したかをる。

惣吉の第一声が何かなと思ったら、挨拶の後に、記憶を戻ったことへの感謝の言葉でしたね。

もともと感謝の言葉を伝えるために入兆に出向いたわけで、ある意味フラグはここで一つ回収した形になります。

そして、かをるは騒動の決着の前に争いごとは自分のせいだと謝罪し、惣吉は自分が戻ってきたのが間違いだったと口にします。

こういうお互いを気遣うやり取りがあると、ちょっとうるっときますが、そこはやっぱりとねさん!

ちゃんと誰のせいでもないよと二人を気遣う姿勢はさすがといったところです。

そして、改めて今回の騒動について、二度と争いが起きないようにしてほしいとお願いするかをる。

そこで、分かったと答えたら騒動は簡単に終わりますが、惣吉としてはそれだけではないので、二人だけで出かけました。

正直、惣吉は争いに関して、たいした興味がない感じでしたね。

かをる同様、両家が大人の対応をすれば丸く収まる話で、難しいことではない。

それよりも自分の元妻が再婚していたという事実と、かをるの気持ちが本当はどうなのかが一番知りたい所だということは十分理解できる話です。

本心

そして、二人で外にでかけ、本心を聞きます。

最初ストレートに聞くのかと思ったら、自分の気持ちから話し始めました。

自分は昔から変わらないのに、かをるは変わってしまった、、、

そりゃ4年も月日が流れれば、前を向いて進もうという気持ちに切り替わるのは当然でしょうし、梅木と結婚していなかったとしても他の誰かと結婚していた可能性は十分にありました。

逆に記憶が戻った惣吉は、4年後にタイムスリップしたような感覚なので、そう思う気持ちも分かり、切ないシーンでした。

なので、惣吉の中では、好きでもない男といやいや結婚したんじゃないか、本当はまだ自分のことが好きなんじゃないかということを確かめたかったんでしょうね。

以上が、朝ドラ「澪つくし」第23週目第137話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第23週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第23週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第23週目のネタバレあらすじ

137話放送の澪つくし第23週のあらすじは、かをるを漁師たちが攫ったことで、険悪な関係になる入兆と吉武家だったが、かをるが吉武家に出向き手打式を行うことで丸く収めるストーリーとなっています

第23週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第23週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。