澪つくし第137話のネタバレあらすじ!決別

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」23週目第137話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第136話「一人で話をつけにいく!」では、お互い険悪になった入兆と吉武家の問題を解決するため、かをるが一人で話をつけに吉武家を訪れるストーリーでした。

澪つくしの第137話「惣吉との決別」では、吉武家を訪れたかをる、外側に戻る気はないと惣吉と決別するストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年9月6日(金)放送
第23週第137話タイトル『惣吉との決別』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第137話のネタバレあらすじ

ここからは、9月6日に放送された朝ドラ「澪つくし」第137話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし137話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

吉武家

惣吉と対峙したかをる。

記憶が戻った惣吉が、ありがとうと伝える

後悔をしているのかというと、それは自分のせいだという。

かをるは戻る気がないという。

そして、今の自分には梅木という夫がおり、裏切ることはできないという。

入兆を代表として、二度と争いは起きないようにしてほしいという。

惣吉は、本心が知りたいという。

海岸

二人は、でかけた。

おれは変わったかというと、変わっていないという。

かをるは変わったという。

外川に戻る気はないかと聞く。

一つだけ聞いておきたいことがある。

幸せに暮らしているのか?

梅木を愛しているのか?

ときくとすべてはいと答えた。

惣吉は分かったといい、帰ろうといった。

するとかをるが涙を流す。

入兆

五分五分で手打ちにしようという話を久兵衛に報告する。

家にかえるとツネがあれを見てくれという。

机の上には、惣吉との写真が机の上においてあった。

その夜、梅木の帰宅が遅かった。

かをるは起きて待っていた。

今日はどうだったかという。

手打ちをするという。

写真のことを聞く。

本物が帰ってきたから写真はいらんだろうといった。

かをるは今幸せで主人を愛しているといったという。

騙されるものかといって

ここまでが、9月6日に放送された朝ドラ「澪つくし」第137話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第138話のあらすじを知りたい方は、第138話『手打ち式』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第137話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第137話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし137話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第23週目第137話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第23週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第23週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第23週目のネタバレあらすじ

137話放送の澪つくし第23週のあらすじは、かをるを漁師たちが攫ったことで、険悪な関係になる入兆と吉武家だったが、かをるが吉武家に出向き手打式を行うことで丸く収めるストーリーとなっています

第23週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第23週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。