澪つくし第138話のネタバレあらすじ!手打ち式

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」23週目第138話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第137話「惣吉との決別」では、吉武家を訪れたかをる、外側に戻る気はないと惣吉と決別するストーリーでした。

澪つくしの第138話「手打ち式」では、入兆と吉武家の問題を解決するため、手打ち式が行われるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年9月7日(土)放送
第23週第138話タイトル『手打ち式』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第138話のネタバレあらすじ

ここからは、9月7日に放送された朝ドラ「澪つくし」第138話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし138話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

詫びる

朝かをるを洗っていると梅木がやってきた。

そして、昨日のことを詫びる。

手打ち式

銚子の料亭で手打ち式が行われた。

久兵衛は挨拶をする。

そして、両家の代表として、惣吉と梅木を

つねが挨拶をする。

この手打ち式で仲良くなるのはうまくいかず、徐々にうまくいけという。

そして、代表二人が酒を酌み交わした。

 

惣吉の肩身としていただいた間祝いを返した。

そして、絵をお返ししようというが、惣吉はお断りした。

 

写真

その頃、かをるは惣吉との写真を燃やしていた。

そこへるいがやってきた。

梅木になにか言われたのかというと、しかたがないわねという。

涙を流す。

るいが本音をかをるに聞く。

忘れられるのかというと、忘れるしかないという。

あのとき心を鬼にして引き離しとけばよかったという。

今でも惣吉のことがすきなんだろうと聞く。

ありがとうといい、幸せにやっていくという。

 

 

久兵衛が嫁を

 

梅木に幸せにしてほしいという。

もし離婚したら取り返しにいくと話す。

ここまでが、9月7日に放送された朝ドラ「澪つくし」第138話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第139話のあらすじを知りたい方は、第139話『武田とアミの入籍』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第138話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第138話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし138話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第23週目第138話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第23週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第23週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第23週目のネタバレあらすじ

138話放送の澪つくし第23週のあらすじは、かをるを漁師たちが攫ったことで、険悪な関係になる入兆と吉武家だったが、かをるが吉武家に出向き手打式を行うことで丸く収めるストーリーとなっています

第23週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第23週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。