澪つくし第145話のネタバレあらすじ!梅木立ち直る!

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」25週目第145話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第144話「忘れてください」では、かをるが惣吉を呼び出し、私のことは忘れて欲しいとお願いするストーリーでした。

澪つくしの第145話「梅木立ち直る!」では、かをるが惣吉に別れを告げたことで、梅木が酒を断ち立ち直るストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年9月16日(月)放送
第25週第145話タイトル『梅木立ち直る!』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第145話のネタバレあらすじ

ここからは、9月16日に放送された朝ドラ「澪つくし」第145話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし145話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

言葉

言葉を交わすことなくどこへいってしまったかをる。

その夜、黙って言ってしまったのかと聞く。

梅木は気の毒なことをしたという。

なじるようなことをいったのが悪かったという。

潔さを

外川の人はさびしがるだろう。

久兵衛は時間が解決してくれるという。

 

吉武家

げんぱちは腹を立てていた。

つねは善吉に親方だという。

長男がでていったら次男がつぐしかないという。

襲名の日を決めようという。

 

入兆

梅木は酒を飲まなくなった。

流月がつぶれたという。

借金とりをつれてきて、久兵衛に怒られる。

近代的な工場を作ろうとかをるがいう。

 

英一郎から善吉が親方になったことを話す。

アミは泣いていた。

ツエが手紙を読んでいたと

 

ツエがアミをいじめているという。

旦那に助けてもらったという。

ツエに謝れという。

アミが頭を下げる。

英治が頭を下げる。

ツエも謝れという。

過去を罵ったことを謝れという。

おかものもうみものもないという。

梅木の言葉は一つ一つもとに

ここまでが、9月16日に放送された朝ドラ「澪つくし」第145話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第146話のあらすじを知りたい方は、第146話『英一郎に子供!?』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第145話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第145話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし145話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第25週目第145話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第25週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第25週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第25週目のネタバレあらすじ

145話放送の澪つくし第25週のあらすじは、次第に戦時色が強くなり、英一郎や職人たちが招集され、入兆や吉武一家が苦境に立たされるストーリーとなっています

第25週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第25週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。