澪つくし第146話のネタバレあらすじ!英一郎に子供!?

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」25週目第146話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第145話「梅木立ち直る!」では、かをるが惣吉に別れを告げたことで、梅木が酒を断ち立ち直るストーリーでした。

澪つくしの第146話「英一郎に子供!?」では、英一郎が子供ができたとかをるに相談し、相手の言うことが本当かどうか確かめに行くストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年9月17日(火)放送
第25週第146話タイトル『英一郎に子供!?』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第146話のネタバレあらすじ

ここからは、9月17日に放送された朝ドラ「澪つくし」第146話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし146話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

合併

銚子が全部合併したという。

権利金で興行事業を

合併をすると

英一郎も合併が進んでいると話す。

 

郵便がとどいたという。

律子から郵便だという。

小浜と自分も元気だという

るいがセーターが送っていたことが書かれていた。

心の目はいない人を見ることができる

飛行場が完成し、飛行訓練が始まると銚子は騒がしくなった。

病気

英一郎がまだ布団の中に入っていた。

死にそうだという。

なにかいいたそうという

英一郎は誰にも言わない秘密だという。

英一郎は子供ができたという。

相手は知らない人という。

友達に酒を飲まされて、芸者に言われたという。

認知して養育費をくれという。

親父が知ったらかんかんかもしれないという。

するとそこへ久兵衛に呼ばれた。

見合い

清次が見合いを持ってきた。

見合いだけはしろといい、はいと答えた。

かをるにまた相談する。

芸者にかをるが会うという。

逃げたらダメだという。

 

芸者

その夜、英一郎とかをるは芸者を訪ねた。

相手は店をでているという。

妊娠5ヶ月だというとそんなでたらめをいうという。

そこへ梅木がやってきた。

助けに入った。

様子がおかしかったと後をつけたという。

英一郎の約束を守らないといけなかったと話す。

ここまでが、9月17日に放送された朝ドラ「澪つくし」第146話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第147話のあらすじを知りたい方は、第147話『英一郎に召集令状!』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第146話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第146話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし146話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第25週目第146話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第25週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第25週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第25週目のネタバレあらすじ

146話放送の澪つくし第25週のあらすじは、次第に戦時色が強くなり、英一郎や職人たちが招集され、入兆や吉武一家が苦境に立たされるストーリーとなっています

第25週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第25週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。