澪つくし第147話のネタバレあらすじ!英一郎に召集令状!

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」25週目第147話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第146話「英一郎に子供!?」では、英一郎が子供ができたとかをるに相談し、相手の言うことが本当かどうか確かめに行くストーリーでした。

澪つくしの第147話「英一郎に召集令状!」では、結婚が決まった英一郎だったが、召集令状が届き破談となるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年9月18日(水)放送
第25週第147話タイトル『英一郎に召集令状!』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第147話のネタバレあらすじ

ここからは、9月18日に放送された朝ドラ「澪つくし」第147話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし147話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

身内祝い

英一郎の縁談がまとまったという。

英一郎は挨拶した。

やっと大人になれる気がするという。

もう一つ大事な話をする。

結婚式が終わったら12代目の坂東久兵衛を継がせるという。

英一郎がまだ早いというが、やれという。

召集令状

坂東英一郎の召集令状が届く。

結婚式は中止するしかないという。

ツエが死なないで欲しいと泣く。

結婚式を繰り上げようとするが先方が難色を示した。

久兵衛は怒った。

生きて帰ったら結婚するとはと嘆く。

かをるは疑問を持たずにおられなかった。

 

入営

英一郎は入営した。

男同士は何も語らなかったという。

どんなことを言いたかったのかというと、生水のむとき気をつけろとかしょうもないこと。

英一郎にもしものことがあったら、やりきれないと話す。

継がそう思っていたのに、と

 

梅木にも召集令状がくるかもしれない。

未亡人はこりごりだと話す。

梅木はどんなことがあってもかえってくると話す。

ここまでが、9月18日に放送された朝ドラ「澪つくし」第147話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第148話のあらすじを知りたい方は、第148話『英一郎が負傷!?』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第147話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第147話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし147話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第25週目第147話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第25週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第25週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第25週目のネタバレあらすじ

147話放送の澪つくし第25週のあらすじは、次第に戦時色が強くなり、英一郎や職人たちが招集され、入兆や吉武一家が苦境に立たされるストーリーとなっています

第25週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第25週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。