澪つくし第148話のネタバレあらすじ!英一郎が負傷!?

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」25週目第148話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第147話「英一郎に召集令状!」では、結婚が決まった英一郎だったが、召集令状が届き破談となるストーリーでした。

澪つくしの第148話「英一郎が負傷!?」では、市役所から電話がきて、英一郎が負傷したと報告を受けるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年9月19日(木)放送
第25週第148話タイトル『英一郎が負傷!?』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第148話のネタバレあらすじ

ここからは、9月19日に放送された朝ドラ「澪つくし」第148話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし148話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • かをるとアミが千人針をお願いする
  • とねがやってきて惣吉のことを聞く
  • 惣吉が元気だと知り、胸を撫で下ろす
  • また職人に召集令状が届く
  • 自分は非国民なのかもしれないと口にする
  • 市役所から電話があり、英一郎が負傷したことを知る

千人針

ある日、アミと梅木かをる(沢口靖子)は、千人針をお願いしていた。

すると、そこへ吉武とね(草笛光子)がやってきて、いい弾除けによると縫い始めた。

惣吉のことを聞くと、手紙が来たと話す。

南方で海軍の仕事をしているというが、詳しいことは分からないという。

吉武惣吉(川野太郎)が元気だと聞いて、かをるは胸をなでおろした。

召集令状

入兆に市役所の人間が訪れた。

召集令状が届き、また一人、職人が戦地に赴くことになった。

その夜、かをるは、自分は非国民なのかもしれないといい、召集令状が梅木健作(柴田恭兵)じゃなくてほっとしたことを口にする。

そして、なぜ戦争をしなければいけないのかと訴えるが、梅木はお国のためだといい、説得するように話す彼を見て、かをるは、諦めにも感じていた。

電話

それから数日後、職人頭の神山と今後について話をしていると、市役所から電話がかかってきた。

梅木がとりつぐと、坂東英一郎(鷲生功)が負傷したことを知らされる。

重症かどうかは分からない。

大阪の陸軍病院にいることを知ったかをるは、すぐに久兵衛にそのことを知らせに行く。

ここまでが、9月19日に放送された朝ドラ「澪つくし」第148話のあらすじのネタバレです。

英一郎が負傷しましたが、親子旅になるんですよね、、、

澪つくし第149話のあらすじを知りたい方は、第149話『久兵衛と大阪へ』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第148話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第148話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ホッとする

英一郎が入営し、アミと二人千人針をお願いしていたところに、とね登場!

とねと一緒に歩いていたのは、善吉の嫁さんでしたが、あえてそのことをアミに伝えたとねさんの意図とは!?

おそらく、意図も何もなく普通に紹介しただけでしょうね。

アミと善吉の関係をよく知っているとねです。

色々と聞かない、言わないほうがいいと思っているでしょうが、そうなるとどうしても不自然になりますし、普通にさらっと流す程度が一番と考えていたかもしれません。

善吉の奥さんもまさかアミが旦那さんと昔恋中だったということは知るはずもないですし。

それよりも、このシーンは惣吉の現状をかをるに伝える場面です。

とねから惣吉の現状を知って安心するかをる。

惣吉が、外川から出て行ったのは、自分のせいだと恐らく感じているでしょうから、ひとまず元気と分かってホッとしていましたね。

戦争色

また一人と召集令状が届く入兆。

三角関係も解消され、律子は満州に、英一郎は入営し、やることがなくなった感の中、戦争末期に突入。

これから誰かしらが亡くなったりするんでしょうけれども、梅木が今度どうなるかですね。

戦争について、二人でちょっと口論みたいな感じになりましたが、なぜ戦争をしなければいけないのかって訴えて梅木が戦争を始めたわけでもないですし、終わらせる権限もありませんからね。

梅木は梅木で、よくいうお国のためだ!と当時としては当然の考えを口にしていましたが、かをるさんのように考えている人は、当時どのぐらいいたんでしょう、、、

負傷!

それからどんな展開?って思っていたら、またしても英一郎のお話!

最近英一郎関係が多いですが、負傷して大阪の陸軍病院にいるって、戦地にいってたのかな?

それから大阪まで戻ってこれたのなら比較的軽症かもしれませんが、親としては心配ですよね。

以上が、朝ドラ「澪つくし」第25週目第148話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第25週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第25週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第25週目のネタバレあらすじ

148話放送の澪つくし第25週のあらすじは、次第に戦時色が強くなり、英一郎や職人たちが招集され、入兆や吉武一家が苦境に立たされるストーリーとなっています

第25週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第25週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。