澪つくし第148話のネタバレあらすじ!英一郎が負傷!?

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」25週目第148話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第147話「英一郎に召集令状!」では、結婚が決まった英一郎だったが、召集令状が届き破談となるストーリーでした。

澪つくしの第148話「英一郎が負傷!?」では、市役所から電話がきて、英一郎が負傷したと報告を受けるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年9月19日(木)放送
第25週第148話タイトル『英一郎が負傷!?』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第148話のネタバレあらすじ

ここからは、9月19日に放送された朝ドラ「澪つくし」第148話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし148話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

千人針

アミとかをるは、千人針をお願いしていた。

すると、そこへとねがやってきて、いい弾除けによるという。

善吉の嫁が孫がうまれるという。

善吉の嫁だと説明する。

惣吉のことを聞くと、手紙が来たという。

南方で海軍の仕事をしているというが、詳しいことは分からないという。

惣吉が元気だと聞いて胸をなでおろした。

 

醤油を飲んで徴兵が間逃れるという頭がおこって殴るける。

頭は仕事に戻れという。

一芝居売ったという。

今後は気をつけろという。

正直すぎるという。

ずっと入兆で働きたいという。

お国のためにとっけという。

召集令状

市役所の人間がきた。

また一人、召集令状が届き、入兆から職人がいなくなる。

 

 

自分は非国民なのかという。

梅木じゃなくてほっとした。

 

本当にそうおもうのかというが思わなければ戦えないだろうという。

兵士たちに申し訳ない。

男と女の考え方の違い。

 

ツエは嫁にいきそこなったという。

お百度参りをしているという

電話

市役所から電話がかかってきた。

英一郎が負傷したという。

大阪の病院にいるという。

ここまでが、9月19日に放送された朝ドラ「澪つくし」第148話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第149話のあらすじを知りたい方は、第149話『久兵衛と大阪へ』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第148話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第148話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし148話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第25週目第148話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第25週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第25週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第25週目のネタバレあらすじ

148話放送の澪つくし第25週のあらすじは、次第に戦時色が強くなり、英一郎や職人たちが招集され、入兆や吉武一家が苦境に立たされるストーリーとなっています

第25週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第25週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。