澪つくし第150話のネタバレあらすじ!戦争のあおり

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」25週目第150話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第149話「久兵衛と大阪へ」では、英一郎が負傷したと知った久兵衛が、かをるとともに大阪の病院に向かうストーリーでした。

澪つくしの第150話「戦争のあおり」では、戦争のあおりを受けて、入兆も吉武一家も苦境に立たされるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年9月21日(土)放送
第25週第150話タイトル『戦争のあおり』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第150話のネタバレあらすじ

ここからは、9月21日に放送された朝ドラ「澪つくし」第150話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし150話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

値上げ発表

値上げ発表に値下げさせた。

原価を安くするしかない。

販売部門を切り離して、大手に頼もうとかをるが提案する。

こういうときのために、同業者と身内になりたかった。

るいは佐原にいってたら一緒にすめなかったと放す。

 

 

祈り

醤油作りができますように。

出征した人が無事戻るように。

戦争が終わりますようにと願った。

 

 

吉武家

吉武家でも困っていた。

陸軍がきた。

船を貸して欲しいという。

強制かというと強制だという。

とねが給油を頼むというが陸軍は冷たく拒否する。

惣吉はどうしているかと心配するとね。

 

 

ストライキ

職人たちがストライキだという。

梅木が頭を下げた。

 

 

 

手紙

英一郎は服役して手紙を書いた。

律子からの手紙。

 

入兆にはふたりの手紙が届く。

後悔していないのかという。

入兆にきたからこそ、かをると一緒になれたという。

つまらないことをいうなという。

お前に対してかわることがない。

ここまでが、9月21日に放送された朝ドラ「澪つくし」第150話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第151話のあらすじを知りたい方は、第151話『まともな醤油が作れない!』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第150話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第150話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし150話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第25週目第150話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第25週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第25週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第25週目のネタバレあらすじ

150話放送の澪つくし第25週のあらすじは、次第に戦時色が強くなり、英一郎や職人たちが招集され、入兆や吉武一家が苦境に立たされるストーリーとなっています

第25週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第25週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。