澪つくし第44話のネタバレあらすじ!結納が中止に!原因はかをると小浜が愛し合っていたから!?

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」8週目第44話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第43話「結納の日」では、結納する日、約束の時間になっても佐原の人間が現れず、使者・小曽根がやってくるストーリーでした。

澪つくしの第44話「結納中止のお知らせ」では、使者の小曽根が、かをるが小浜と通じ合っていると密告があり、結納の中止を申し出るストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年5月21日(火)放送
第8週第44話タイトル『結納中止のお知らせ』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第44話のネタバレあらすじ

ここからは、5月21日に放送された朝ドラ「澪つくし」第44話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし44話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

今日の結納は中止にしてくれというのだ。

かをるの素行についてなにか密告があったらしい。

久兵衛も名取夫妻も色をなして、悪質ないいがかりだと抗議した。

かをるは、惣吉のことが耳に入ったのだと観念したが、意外にも小曽根は小浜敬助を呼べといった。

かをると小浜が乳繰りあっているのだという。

驚くべきことに、呼び出された小浜はかをるとの恋愛を肯定した。

かをると夫婦になる約束をし、逢瀬を重ねていたと告白した。

かをるはなにがなんだかわからなかった。

ただ、佐原へ嫁ぐ話は完全にこわれたと思った。

激高した久兵衛はキセルで小浜の脳天をたたき割り、そのまま追放した。

ここまでが、5月21日に放送された朝ドラ「澪つくし」第44話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第45話のあらすじを知りたい方は、第45話『犯人は律子!』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第44話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第44話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし44話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第8週目第44話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第8週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第8週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第8週目のネタバレあらすじ

44話放送の澪つくし第8週のあらすじは、律子の策略によって結納が破談になったかをるは、ついに惣吉と恋仲であることを久兵衛に告白するストーリーとなっています

第8週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第8週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。