澪つくし第45話のネタバレあらすじ!犯人は律子!梅木の密告でばれる!?

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」8週目第45話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第44話「結納中止のお知らせ」では、使者の小曽根が、かをるが小浜と通じ合っていると密告があり、結納の中止を申し出るストーリーでした。

澪つくしの第45話「犯人は律子!」では、梅木の密告で律子の仕業だと知った久兵衛が事実を確認するため娘二人を呼ぶと、かをるが恋人がいると告白するストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年5月22日(水)放送
第8週第45話タイトル『犯人は律子!』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第45話のネタバレあらすじ

ここからは、5月22日に放送された朝ドラ「澪つくし」第45話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし45話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

かをるはあれこれと考えた。

「大茂」への密告と小浜の芝居は、明らかに一連のものである。

小浜がひそかにかをるを思っていて、突然ああいう行動に出たのだろうか。

とてもそうは思えない。

小浜があこがれているのは律子のはずである。

かをるはハッとなった。

これは律子の仕業にちがいない。

「あなたは惣吉さんが好きなんでしょう?佐原へお嫁に行きたくなかったんでしょう?」

律子はかをるの質問にこう答えた。

「そんなこといったって――」

「親のいいなりに好きでもない人と結婚して、一生のんべんだらりと暮らすつもりだったの?」

「惣吉さんとはいっしょになれないんですよ」

「家出でも駆け落ちでもすればいいじゃないの。

このままじゃあなたは新しい女になれませんよ」

律子は自分に忠実な小浜に金をやって芝居を仕組んだのであった。

小浜は立派な軍人になって会いに来るといったという。

かをるは考えこんだ。

佐原へ嫁に行くのを内心いやがっていながら承諾したこと、それを破談にされたといって律子を恨んだこと、いずれも筋が通っていない。

律子に指摘されたように、自分は悲観的で臆病で古くさい女なのであろうか。

次の朝、かをると律子は久兵衛に呼びつけられた。

久兵衛もまた律子のたくらみだったと感づいたのだ。

きびしく追及される律子にかをるは助け舟を出した。

「私には恋人がいます」

「なに?」

「名前は吉武惣吉といいます。ずっと前から好きでした」

かをるは胸のもやもやがいっぺんに晴れたような気がした。

ここまでが、5月22日に放送された朝ドラ「澪つくし」第45話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第46話のあらすじを知りたい方は、第46話『かをる家出する』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第45話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第45話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし45話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第8週目第45話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第8週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第8週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第8週目のネタバレあらすじ

45話放送の澪つくし第8週のあらすじは、律子の策略によって結納が破談になったかをるは、ついに惣吉と恋仲であることを久兵衛に告白するストーリーとなっています

第8週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第8週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。