澪つくし第46話のネタバレあらすじ!ハマからけちょんけちょんに言われて、かをる家出する!?

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」8週目第46話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第45話「犯人は律子!」では、梅木の密告で律子の仕業だと知った久兵衛が事実を確認するため娘二人を呼ぶと、かをるが恋人がいると告白するストーリーでした。

澪つくしの第46話「かをる家出する」では、ハマから結納が破談になった件でキツく言われ、かをるが家出するストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年5月23日(木)放送
第8週第46話タイトル『かをる家出する』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第46話のネタバレあらすじ

ここからは、5月23日に放送された朝ドラ「澪つくし」第46話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし46話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

久兵衛は、るいと清次を呼んで惣吉のことをきいた。

ふたりは青くなった。

ハマをはじめ「入兆」の従業員は、かをると小浜が深い仲だったと思いこみ白い目を向けた。

かをるは情けなかった。

みじめであった。

弁解したいのはやまやまだが、そのためには律子のことをもち出さねばならない。

他人に身内の事情まで説明するのはおっくうだし、信じてもらえるとも思えない。

ハマから、ひとつ屋根の下にいるのが恥ずかしいといわれ、かをるは「入兆」を飛び出した。

電車の中で悔し涙がとめどもなく流れた。

やみくもに自分の家が恋しかった。

るいと清次は、戻って来たかをるをなだめたりすかしたりして、なんとか「入兆」へ帰そうとしたが、かをるはかたくなにこばんだ。

ここまでが、5月23日に放送された朝ドラ「澪つくし」第46話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第47話のあらすじを知りたい方は、第47話『親子のぶつかり合い』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第46話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第46話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし46話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第8週目第46話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第8週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第8週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第8週目のネタバレあらすじ

46話放送の澪つくし第8週のあらすじは、律子の策略によって結納が破談になったかをるは、ついに惣吉と恋仲であることを久兵衛に告白するストーリーとなっています

第8週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第8週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。