澪つくし第56話のネタバレあらすじ!また律子のお遣い!?嫌な予感しかしない!

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」10週目第56話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第55話「喧嘩の始末」では、吉武一家を代表して惣吉が入兆にやってきて、喧嘩の始末をつけにくるストーリーでした。

澪つくしの第56話「律子のお遣いパート2」では、かをるの部屋にやってきた律子が、封筒を渡し、また水橋に持っていってほしいとお願いするストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年6月4日(火)放送
第10週第56話タイトル『律子のお遣いパート2』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第56話のネタバレあらすじ

ここからは、6月4日に放送された朝ドラ「澪つくし」第56話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし56話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

惣吉はその後も「入兆」へ足を運びつづけた。

「入兆」側は久兵衛の命令で、完全に無視する態度に出た。

銚子警察の警部補が「入兆」へやって来て、従業員の動静を探った。

政府を批判し労働者の権利を訴えるビラが、「入兆」から出ているのではないかという疑いであった。

かをるは律子が夜中にガリ版を切っていることを知っていたので背筋が寒くなった。

久兵衛に足止めされた律子は、かをるに使いを頼んだ。

油紙に包んだものを、飯沼観音の近くまで届けてくれというのである。

「誰に渡すんですか?」

「こないだと同じ人よ」

律子は水橋のことをいっているのだ。

このときかをるはいやな予感がした。

ここまでが、6月4日に放送された朝ドラ「澪つくし」第56話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第57話のあらすじを知りたい方は、第57話『かをる逮捕される!』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第56話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第56話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし56話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第10週目第56話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第10週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第10週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第10週目のネタバレあらすじ

56話放送の澪つくし第10週のあらすじは、何度も入兆に挨拶にくる惣吉は門前払いを受けていたが、かをるが律子の変わりに警察に捕まったことで勘当され、自由の身となって結婚するストーリーとなっています

第10週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第10週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。