澪つくし第57話のネタバレあらすじ!お遣いにいっただけなのに!水橋と仲良くかをるも逮捕される!?

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」10週目第57話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第56話「律子のお遣いパート2」では、かをるの部屋にやってきた律子が、封筒を渡し、また水橋に持っていってほしいとお願いするストーリーでした。

澪つくしの第57話「かをる逮捕される!」では、律子の遣いで水橋に封筒を持っていくと、取締りをしていた警察に捕まり連行されるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年6月5日(水)放送
第10週第57話タイトル『かをる逮捕される!』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第57話のネタバレあらすじ

ここからは、6月5日に放送された朝ドラ「澪つくし」第57話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし57話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

昭和三年三月十五日、かをるは一番電車で飯沼観音へ向かった。

指定された印刷所の二階をノックすると、鳥打ち帽をかぶった男が顔を出した。

中へ入ると、水橋がふたりの男に押さえつけられ縄をかけられるところだった。

反射的に逃げようとしたかをるの前に鳥打ち帽が立ちふさがった。

「誰ですか、あなたは――」

「警察の者だー」

かをるは水橋とともに連行された。

この朝、全国にわたって日本共産党員とその関係者の一斉検挙が行われた。

検挙者総数一、五六八名である。

かをるはことの次第がよくのみこめなかった。

しかしどんなことがあっても律子の名前だけは出すまいと決心した。

油紙の中の金は見知らぬ人に頼まれて届けたといい、それ以外のことは一切答えようとしなかった。

かをるは留置され、連日きびしい取り調べを受けた。

さすがに夜になると心細さが骨をかんだ。

警察に捕まったことを惣吉さんが知ったらどう思うだろうか。

惣吉さんにだけは見放されたくないと、かをるは心の中で叫んでいた。

ここまでが、6月5日に放送された朝ドラ「澪つくし」第57話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第58話のあらすじを知りたい方は、第58話『事実無根!』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第57話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第57話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし57話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第10週目第57話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第10週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第10週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第10週目のネタバレあらすじ

57話放送の澪つくし第10週のあらすじは、何度も入兆に挨拶にくる惣吉は門前払いを受けていたが、かをるが律子の変わりに警察に捕まったことで勘当され、自由の身となって結婚するストーリーとなっています

第10週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第10週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。