澪つくし第67話のネタバレあらすじ!文吉死す!

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」12週目第67話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第66話「弥太郎の夜這い」では、早苗のところに夜這いにいった弥太郎が、みんなに見つかり入兆を追い出されるストーリーでした。

澪つくしの第67話「文吉死す!」では、文吉がいなくなったと騒ぎになり探すと、網蔵の中で死んでいたストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年6月17日(月)放送
第12週第67話タイトル『文吉死す!』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第67話のネタバレあらすじ

ここからは、6月17日に放送された朝ドラ「澪つくし」第67話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし67話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

年が明けてしばらくして事件が起きた。

動けないはずの文吉が部屋から姿を消したのである。

吉武家は大騒ぎになり、家の中はもちろん縁の下から土蔵の中、渚から波止場の船まで捜索したがどうしても見つからない。

文吉は網蔵の中で死んでいた。

その手には網がしっかりと握られていた。

死因は脳溢血である。

外川で一番といわれた漁師らしい最期であった。

こんなことなら浴びるほど酒を飲ませてやるんだったと、とねは涙した。

文吉の遺体は漁網に包まれて荼毘に付され、海の見える墓地に手厚く葬られた。

外川の漁師は身内に弔いがあると黒不浄といって一週間は漁を休む。

皮肉なことに文吉が死んですぐ、沖にイワシの大群が現れた。

船はいずれも大漁旗をなびかせて入港し、浜は沸き返った。

指をくわえて眺めているのは吉武一家だけである。

ここまでが、6月17日に放送された朝ドラ「澪つくし」第67話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第68話のあらすじを知りたい方は、第68話『漁で事故死』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第67話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第67話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし67話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第12週目第67話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第12週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第12週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第12週目のネタバレあらすじ

67話放送の澪つくし第12週のあらすじは、よそ者と言われないように、かをるが漁師の嫁として奮起するストーリーとなっています

第12週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第12週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。