澪つくし第70話のネタバレあらすじ!内職覚えたい!

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」12週目第70話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第69話「後妻はるいに!」では、千代が、後妻をるいにしてほしいと久兵衛にお願いするストーリーでした。

澪つくしの第70話「内職覚えたい!」では、いつまでもよそ者といわれないよように、かをるが籐細工の内職を覚えようとするストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年6月20日(木)放送
第12週第70話タイトル『内職覚えたい!』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第70話のネタバレあらすじ

ここからは、6月20日に放送された朝ドラ「澪つくし」第70話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし70話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

かをるは地元の人々になじむために籐細工を習いはじめた。

籐細工は銚子一帯の副業であった。

明治の末、漁民の困窮を見かねた神主の努力で技術導入されたもので、浜の女たちは寸暇を惜しんでげたやぞうりの籐表編みを手内職にしたのである。

惣吉はかをるのささくれた指を見て顔をしかめた。

「おれがいつか海で死ぬと思ったのか?」

「そうじゃないんです。いつまでもよそ者といわれないように……」

「おれは内職をさせるために女房をもらったんじゃねぇ」

惣吉に抱き寄せられて、かをるの背中に幸福感が走り抜けた。

ここまでが、6月20日に放送された朝ドラ「澪つくし」第70話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第71話のあらすじを知りたい方は、第71話『千代の遺言』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第70話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第70話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし70話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第12週目第70話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第12週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第12週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第12週目のネタバレあらすじ

70話放送の澪つくし第12週のあらすじは、よそ者と言われないように、かをるが漁師の嫁として奮起するストーリーとなっています

第12週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第12週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。