澪つくし第72話のネタバレあらすじ!親同士のやりあい!

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」12週目第72話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第71話「千代の遺言」では、かをると惣吉が千代の見舞いにいくと、久兵衛の後妻にはるいにと遺言を伝えるストーリーでした。

澪つくしの第72話「親同士のやりあい!」では、会合で偶然遭遇した久兵衛と、とねがやりあうストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年6月22日(土)放送
第12週第72話タイトル『親同士のやりあい!』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第72話のネタバレあらすじ

ここからは、6月22日に放送された朝ドラ「澪つくし」第72話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし72話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

鹿児島の造船所に発注していた新造船の価格を一方的に値上げされて、吉武一家は窮地に追いこまれた。

とねは、なんとか金策に走ろうといつもは顔を出さない木國会に藁をも掴む思いで参加した。

すると、庭で話をしている男二人を見つける。

一方の男は、入兆の久兵衛だった。

とねは知らぬフリをしながら近づき、タバコを一本もらう。
世間話をしていると、とねが親戚だと打ち明けた。

久兵衛は知らんというと、吉武のものだと話す。

相手がどういう人物か分かると、態度を一変させ、臨戦態勢に入る。

ここまでが、6月22日に放送された朝ドラ「澪つくし」第72話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第73話のあらすじを知りたい方は、第73話『村長に直談判』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第72話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第72話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし72話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第12週目第72話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第12週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第12週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第12週目のネタバレあらすじ

72話放送の澪つくし第12週のあらすじは、よそ者と言われないように、かをるが漁師の嫁として奮起するストーリーとなっています

第12週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第12週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。