澪つくし第72話のネタバレあらすじ!親同士のやりあい!犬猿の仲になる!?

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」12週目第72話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第71話「千代の遺言」では、かをると惣吉が千代の見舞いにいくと、久兵衛の後妻にはるいにと遺言を伝えるストーリーでした。

澪つくしの第72話「親同士のやりあい!」では、会合で偶然遭遇した久兵衛と、とねがやりあうストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年6月22日(土)放送
第12週第72話タイトル『親同士のやりあい!』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第72話のネタバレあらすじ

ここからは、6月22日に放送された朝ドラ「澪つくし」第72話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし72話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 「木國会」に参加する
  • 久兵衛と遭遇し、外川の吉武だと告白する
  • かをるに子供ができたと、ほのめかす
  • るいがお祝い金を持ってやってくる
  • 子供ができていないことを告白する
  • ウソと知った久兵衛が激怒し、犬猿の仲になる
  • 村長と面会できるようお願いする

窮地

物価の上昇を理由に一方的に値上げされた吉武一家。

窮地に追い込まれた吉武とね(草笛光子)は、藁をも掴む思いで、紀州出身者の親睦団体「木國会」に参加した。

そこで、庭でタバコを吸っている男を見つける。

その男とは、入兆の坂東久兵衛(津川雅彦)である。

とねは、知らぬフリをしながら、久兵衛の横に座り、世間話を始めた。

話をしているうちに外川の吉武だと告白すると、久兵衛は態度を一変させる。

高圧的な態度を見せる久兵衛に、目には目をと応戦した。

ウソ

家に帰り、その出来事を伝えると、吉武かをる(沢口靖子)はすみませんと頭を下げるが、とねは全く気にしていない様子。

吉武惣吉(川野太郎)が、借金を申し込んだのではないかと心配すると、あるウソを付いたことを明かす。

かをるに子供ができたと、ほのめかしたというのだ。

どうしてそんな嘘をついたんだと、惣吉が聞くと、つい事の成り行きだったと苦笑いする。

吉武家

それから数日後、古川るい(加賀まりこ)が吉武家にやってくる。

るいは、久兵衛から内密に、お祝い金を渡すよう言われてやって来たのだ。

早速、かをるにおめでたの話をすると、申し訳なさそうに、子供ができていないことを告白した。

どういうことかとるいが聞くと、正直に答えようとしないかをる。

そこに吉武善吉(安藤一夫)がやってきて、事の成り行きを正直に話し、謝罪した。

この一件で、久兵衛は激怒し、とねとは犬猿の仲となった。

頼みの綱

吉武家には、もう一つ、船の値上げの問題を抱えていた。

役場は何もしてくれず八方塞な状態だった。

すると、とねが思い出したように、村長に面会できないかと頼んできた。

村長はかをるの叔父に当たる人物で、かをるは役に立ちたいという思いから、明日役場にいって頼んでみると答えた。

ここまでが、6月22日に放送された朝ドラ「澪つくし」第72話のあらすじのネタバレです。

頼みにされたかをるでしたが、名取夫婦にネチネチ言われるんですよね、、、

澪つくし第73話のあらすじを知りたい方は、第73話『村長に直談判』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第72話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第72話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ピン

今日の出演者はえらい人少ないですよね~

まさかツエさんがピンで紹介されるとはw

しかもあんな前で!

もう主役級の位置まで登りつけたような感じの紹介でしたが、今日は単純に出演者が少ないというだけでしたw

木國会

いつもは顔を出さない木國会に参加したとね。

まさかの吉武家が紀州の出だったとは!

紀州出身者の親睦団体ということですが、誰か金貸してくれる人を探していたのでしょうか?

ただ、いつも参加しない人間がやってきて、いきなり金貸してくれって言ってきたら、かなり不信感いだきますよね。

久兵衛と合わせるためのシチュエーションというのは分かりますが、藁をも掴む思いで来た割には、揚々としていましたよねw

逃げられる

久兵衛と話していた男。

あの男は、アミノ酸推進派の男ですね。

あんな分かりやすい逃げ方ありますかw

その空いた席にすかさず、すっと入ってきたとねさんもさすがですが、あの男の白々しい逃げ方もある意味爽快でしたw

ウソ

今回、とねがかをるが妊娠したような素振りでウソをつきましたが、あれはみんなから非難されていたようにちょっといただけませんよね。

孫ができたと聞いて、かなり嬉しかったはずです。

私は孫はいませんが、子供ができたときのうれしさは、何ものにも代え難いものがあります。

こっそりるいに、ご祝儀を持たせたのも久兵衛の嬉しさが表れていましたよね。

久兵衛の心を揺さぶったことがよく分かる。

惣吉たちからも責められて反省はしていましたが、怒られてもしょうがないウソでした。

やることなってんのか?

ウソついて皆から避難されていたときに、既成事実化させようと、子供作ればいいでしょ的な発言。

あれもちょっと現代では炎上するような発言でしたね。

赤ちゃんのプレッシャーは惣吉よりもかをるの方が大ダメージ受けましょね。

これを気にしてノイローゼとかにならなければいいけど、、、

面会

船の値上がり八方塞がりの吉武家。

一方的な値上がりはたしかにひどいですよね。

役場が何もしてくれないということで、その上に立つ村長に直談判しようと考えましたが、そこでとねさんがかをるにお願いしました。

妊娠のウソといい、面会のお願いといい、今までの強気なとねさんには考えられないような行動ですよね。

今まで勘当したんだからと言ってきたのに、ここに来てお願いとなると人間の弱さが垣間見えるシーンでしたね。

ただ、いつも正論を言う彼女にも人間らしい弱さがあると知って、ある意味新鮮でしたw

以上が、朝ドラ「澪つくし」第12週目第72話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第12週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第12週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第12週目のネタバレあらすじ

72話放送の澪つくし第12週のあらすじは、よそ者と言われないように、かをるが漁師の嫁として奮起するストーリーとなっています

第12週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第12週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。