おちょやん第26話のネタバレあらすじ!三楽劇場からクビ!?

こちらでは、朝ドラ「おちょやん」6週目第26話のあらすじのネタバレや、おちょやんと実話の比較、感想をまとめています。

おちょやんの第25話「千鳥の過去」では、千鳥の過去を知った千代が、もう一度続けさせてほしいとお願いするストーリーでした。

おちょやんの第26話「三楽劇場からクビ!?」では、三楽劇場の座本から客が少ないことを理由に半月の宣告を受けると、清子が一度拒否された「正チャンの冒険」の公演を再び提案し、千鳥抜きで挑戦をするストーリーです。

朝ドラ『おちょやん』
2021年1月11日(月)放送
第6週サブタイトル『楽しい冒険つづけよう!』

おちょやんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おちょやん」を見逃した方は、「おちょやん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』第26話のネタバレあらすじ

ここからは、1月11日に放送された朝ドラ「おちょやん」第26話のあらすじをまとめたネタバレです。

おちょやん26話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 身の回りの世話を続ける
  • 三楽劇場の座本から打ち切り宣言される
  • 「正チャンの冒険」をやらせて欲しいと頭を下げる
  • 千鳥なしで挑戦することになる
  • 千代が「ネズミ3」の役をもらう。

世話係

山村千鳥一座に戻った千代は、いつかは千鳥から芝居の稽古をつけてもらえると夢見て、身の回りの世話を続けていた。

山村千鳥(若村麻由美)の課す不条理にも、次第に上手く立ち回れるようになっていくのだが、そんな簡単に稽古をつけてもらえるわけもなく、時間だけが過ぎていった。

打ち切り宣言

一方、千鳥一座も苦境に立たされていた。

千鳥一座の客入りは満員になるどころか、日に日に減るばかりが続く。

そんなある日、三楽劇場の座本から、このまま客が少ない状態が続けば、半月後には出て行って欲しいと言われてしまう。

提案

そんな中、座員の薮内清子(映美くらら)が、客を呼び込むために子供に人気の芝居「正チャンの冒険」の公演を再び、千鳥に提案する。

しかし、千鳥は頑なにその提案を拒んだ。

それでも、座員たちが、やらせてほしいと頭を下げると、千鳥は、そんなにやりたいならあなたたちで勝手にやりなさいと突き放す。

こうして、千代たちは、千鳥なしで「正チャンの冒険」にチャレンジすることとなったのだ。

小さな役

そして、竹井千代(杉咲花)は「ネズミ3」の役をもらう。

キネマに帰ると、そのことを真理たちにうれしそうに話す。

翌日から早速舞台稽古が始まった。

たった一行のセリフだが、緊張のあまり舞い上がり、何どもダメだしされる千代だった。

ここまでが、1月11日に放送された朝ドラ「おちょやん」第26話のあらすじのネタバレです。

ついに役をもらった千代ですが、ある役に抜擢されるんですよね、、、

おちょやん第27話のあらすじを知りたい方は、第27話『アクシデント』へ読み進めてください。

朝ドラ「おちょやん」第26話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おちょやん」第26話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

職人

千鳥一座に戻った千代は、一生懸命身の回りの世話をしていましたね。

そん中で身に付けた職人技が四葉のクローバーをさ探す技術!

あれだけ探すのに苦労していた四葉のクローバーも4~5本は簡単に見つけてくる千代はまさに職人そのものですw

コツがあると話していましたが、どういうコツがあるのかめちゃくちゃ知りたかったです!

本当に探すことがあるのか調べてみたら、なんとありました!

クローバーには四つ葉が出やすい株があるようで、四つ葉を見つけた近くを更に探すと見つかると言われています。

つまり一つの四葉のクローバーを見つければ芋づる式で見つかる可能性が高いということです!

四つ葉が出やすい時期は春から初夏にかけてで、もっさりした葉を探すとみつけやすいそうなので、是非チャレンジしてみてくださいw

打ち切り

千鳥一座の客の減り方やばすぎない!?

しかも一番前で見ていた2人、めちゃくちゃ寝ていましたよ。

後ろでもだら~んとしてる人もいましたし、この人たちは本当に劇が観たくて観に来ているんでしょうか?

確かに校長先生の話だったら眠くなるのは分かりますが、わざわざお金を払って観に来てるんですよね?

お金を払ってまで、眠たくなるということは相当面白くないということです。

客の減り方にさすがにやばいと感じた三楽劇場の座本も、これまで贔屓にしてきたけど、我慢の限界と打ち切り宣言しました。

逆にあそこまで我慢した三楽劇場の座本はエライと思ったのは私だけでしょうか?w

ネズミ3

ついに役をもらった千代ちゃん!

おめでとう!といいたいけど、ネズミ3か~となんだか拍子抜けしていたキネマの皆さん。

いいですか?

朝ドラ「エール」では、あの三浦環は木からのスタートですからね!

いきなりセリフ付きのネズミ3もなかなかの役ですよ。

以上が、朝ドラ「おちょやん」第6週目第26話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おちょやん第6週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第6週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おちょやん第6週目のネタバレあらすじ

26話放送のおちょやん第6週「楽しい冒険つづけよう!」のあらすじは、「山村千鳥一座」の座員となった千代が、トラブルで舞台の主役を務めるストーリーとなっています

第6週のあらすじを一気に知りたい方は、おちょやんの第6週「楽しい冒険つづけよう!」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。