おちょやん第19週のネタバレあらすじ!その名も、鶴亀新喜劇や

こちらでは、朝ドラ「おちょやん」第19週(91話~95話)のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

おちょやんの第18週「うちの原点だす」では、大阪の大空襲で福富の菊と福松が犠牲となり、福助が戦死し、ふさぎこむみつえを元気付けようと千代たちが芝居をするストーリーでした。

おちょやんの第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」では、鶴亀新喜劇として再出発した千代たちだが、セリフを忘れ即興もできなくなった千之助が衰えを感じ、第一線から身を引くストーリーです。

朝ドラ『おちょやん』
2021年4月12日(月)~4月16日(金)放送
第19週サブタイトル『その名も、鶴亀新喜劇や』

おちょやんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おちょやん」を見逃した方は、「おちょやん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』第19週のネタバレあらすじ

こちらでは、朝ドラ『おちょやん』第19週の放送されたストーリーから、ネタバレあらすじをまとめています。

第19週の各話ごとの詳細ネタバレあらすじを知りたい方は、こちらからご確認ください。

朝ドラ『おちょやん』第19週『その名も、鶴亀新喜劇や』一覧
放送回放送日
第91話「新しい劇団」4月12日(月)
第92話「万太郎一座」4月13日(火)
第93話「鶴亀新喜劇」4月14日(水)
第94話「満州から帰還」4月15日(木)
第95話「主役は千代」4月16日(金)

終戦から3年。地方で公演を続ける千代(杉咲花)と家庭劇の面々の元に突然、鶴亀の大山鶴蔵社長(中村鴈治郎)から、道頓堀に戻ってこい、というお達しがあったのだが…

 

 

終戦から3年、竹井千代(杉咲花)と家庭劇の面々は、地方を回りながら公演を続けていた。そんなとき、突然熊田が(西川忠志)現れる。鶴亀株式会社の社長・大山鶴蔵(中村鴈治郎)からの、道頓堀に戻ってこいというお達しだった。その頃、道頓堀は再び芝居の街として復興し始めていた。鶴蔵は千代たちに、新しい劇団を作り、日本一の劇団にするように伝える。しかし天海一平(成田凌)は何か思う所があり、すぐに返事をしない…

 

 

 

鶴亀新喜劇に加わるか悩む一平(成田凌)と千代(杉咲花)。そんな折、万太郎一座の状況を知る。執念の万太郎(板尾創路)最後の舞台には千之助(星田英利)の姿があった…

 

 

道頓堀喜劇の復活のため、新しい劇団・鶴亀新喜劇を一平に託すという大山社長(中村鴈治郎)の決意。目の当たりにした千代(杉咲花)は、悩む一平をよそに、活気ある道頓堀を取り戻すという思いを強くする。一方、万太郎一座には大変なことが起こっていた。万太郎(板尾創路)はあることが原因で、舞台にもう立てない状態だった…。1日限りの最後の舞台。執念の芝居を繰り広げる万太郎。隣には千之助(星田英利)の姿があった…

 

一平(成田凌)は二代目・天海天海として、新しい劇団・鶴亀新喜劇の座長を受け入れる。稽古初日、他の劇団から合流した元万太郎一座の団員が敵意むき出しの態度を見せる…

 

 

道頓堀の一時代を気付いた万太郎(板尾創路)が、笑いに包まれながら舞台を去った…。一平(成田凌)は、二代目・天海天海として、新しい劇団・鶴亀新喜劇の座長を受け入れることにする。時を同じく、家庭劇以外からも劇団メンバーが参加することになった。元鶴亀歌劇団の朝比奈灯子の他に、元万太郎一座の須賀廼家万歳(藤山扇治郎)と千兵衛がいた。初日から千之助(星田英利)に敵意むき出しで反抗的な態度を見せるのだが…

 

未だに全員そろわない鶴亀新喜劇の稽古場。そんな中、寬治が満州から帰還した。千代にガラス玉を差し出し自分の命を救ってくれたヨシヲ(倉悠貴)との出来事を話し始めた…

 

万歳と千兵衛は初日以来、稽古場に顔を出さない。一方、千之助(星田英利)も稽古で台詞が出なかった日を境に、姿を見せない波乱の船出。そんな中、新しい劇団員の灯子から、終戦後の道頓堀で公演したマットン婆さんの話を聞く千代(杉咲花)と一平(成田凌)。鶴亀新喜劇は自分の居場所だという灯子の言葉に力が湧く。その夜、寬治が帰還した。千代にガラス玉を差し出し、ヨシヲ(倉悠貴)との満州の酒場での出来事を話し始める…

 

新しい団員同士のわだかまりも消え、次代を担う人たちの芝居を作ろうと意気込む鶴亀家庭劇。しかし千之助は、今回の旗上げ公演の主役は自分でなく、千代にすると言い出す…

 

寛治も鶴亀新喜劇に参加することになった。万歳と千兵衛にも、寛治は同じ戦地から戻った者として心で寄り添う。それを機に、千代(杉咲花)もヨシヲのことを団員に語り始める。死んだ仲間の分まで生きて、道頓堀の喜劇でたくさんの人を笑わそうと決意する団員たち。一平(成田凌)も千之助(星田英利)に次代を担う人たちの芝居を作ると意気込む。そんな中、千之助は今回の旗上げ公演の主役は自分でなく、千代にすると言い出す…

 

 

 

ここまでが、4月12日~4月16日に放送された朝ドラ「おちょやん」第19週のあらすじのネタバレです。

おちょやん第20週のあらすじを知りたい方は、第20週『何でうちやあれへんの』へ読み進めてください。

朝ドラ「おちょやん」第19週の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おちょやん」第19週の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていない次週のネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

おちょやん19週の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「おちょやん」第19週目のあらすじのネタバレと感想まとめでした。