おちょやん第8週のネタバレあらすじ!あんたにうちの何がわかんねん!

こちらでは、朝ドラ「おちょやん」第8週(36話~40話)のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

おちょやんの第7週「好きになれてよかった」では、千鳥の紹介でやってきた「鶴亀撮影所」で、出番をもらうために悪戦苦闘するストーリーでした。

おちょやんの第8週「あんたにうちの何がわかんねん!」では、中堅女優として活躍していた千代が、新しく設立された「鶴亀家庭劇」の一座に舞台女優として入るストーリーです。

朝ドラ『おちょやん』
2021年1月25日(月)~1月29日(金)放送
第8週サブタイトル『あんたにうちの何がわかんねん!』

おちょやんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おちょやん」を見逃した方は、「おちょやん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』第8週のネタバレあらすじ

こちらでは、朝ドラ『おちょやん』第8週の放送されたストーリーから、ネタバレあらすじをまとめています。

第8週の各話ごとの詳細ネタバレあらすじを知りたい方は、こちらからご確認ください。

朝ドラ『おちょやん』第8週『あんたにうちの何がわかんねん!』一覧
放送回放送日
第36話「ヨシヲと名乗る男」1月25日(月)
第37話「千代の売り込み」1月26日(火)
第38話「合格者なし」1月27日(水)
第39話「借金まみれ」1月28日(木)
第40話「女優を続ける」1月29日(金)

中堅女優として活躍していた竹井千代(杉咲花)のもとに、突然、テルヲがやってきた。

ヨシヲの所在を聞くが、どこにいるか分からないと話す。

竹井テルヲ(トータス松本)は、また性懲りもなく一緒に暮らそうと言い出すが、お金を当てにしていると察した千代は、不況のあおりで役者が次々にクビを切られており、自分もどうなるか分からないと答えた。

主演の試験

ある日、小暮真治(若葉竜也)が、新作映画の主演を選ぶ試験があることを千代に伝える。

早速、その試験を受けたのだが、のちに、父親が金を積んだ滝野川恵に決まったことが分かる。

それに激怒したテルヲは、所長室に怒鳴り込みに行くが、片金平八(六角精児)から投げ飛ばされてしまった。

借金取り

それから数日のこと、千代が撮影所から帰ろうとしたとき、守屋(渋谷天外)が声をかけてきた。

何でもガラの悪い連中がテルヲを訪ねてきたというのだ。

すぐにキネマに戻ると、千代の通帳と印鑑を持ち出し階段を下りようとしたテルヲと鉢合わせる。

今までの話が全て嘘だったと知ると、残りの金も渡し、金の切れ目が縁の切れ目だといって、二度と自分の前に姿を現すなと罵倒した。

プロポーズ

そんな中、撮影所を辞める小暮からプロポーズされる。

一度は、受け入れようと思ったが、女優をやりたい気持ちがこみ上げ、そのプロポーズを断ったしまった。

 異動

その翌日、千代は大山社長に呼び出される。

所長室にいってみると、道頓堀の喜劇役者として舞台に立つよう命じられた。

キネマの人たちに別れの挨拶を済ませた千代は、また新たなステージへと旅立った。

ここまでが、1月25日~1月29日に放送された朝ドラ「おちょやん」第8週のあらすじのネタバレです。

ついに京都を後にしましたが、新しい一座には懐かしい人たちがいるんですよね、、、

おちょやん第9週のあらすじを知りたい方は、第9週『絶対笑かしたる』へ読み進めてください。

朝ドラ「おちょやん」第8週の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おちょやん」第8週の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていない次週のネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

変わり様

3年も経てばあんなにも変わるものなのかというぐらい、大部屋のみんなの態度が違ってびっくりです!

カフェー「キネマ」のときも、最初はあまり歓迎されていないような雰囲気でしたが、水の中みんな仲良くなって千代を応援していました。

朝ドラ「エール」のときは、やたらと「バンブー」のシーンが多かったですが、今回そんなにキネマでの重要なシーンってないですよね。

結構絡みとかがあって、重要な拠点かと思っていましたが、人数が多いせいか、存在感が薄いイメージですねw

また騙される

またしてもテルヲに騙された千代。

ヨシヲの名前をかたるヤツは、テルヲの可能性100%ということを身にしみこませないとあきまへんで!

ヨシヲの名前を語って、千代と再開したクズ男テルヲは、相変わらずのお調子者でしたね~

キネマの外で、大きな養鶏場を立てての話のときに、ちょっとは子供のことを思ってがんばろうとしていたんか~と騙されそうになりましたw

アイツはいつまで経ってもクズ男なんだと思って観ていないと、涙涙の演技に騙されてしまいそうでしたよ、、、

借金取り!?

なぜか当然のように撮影所を自由に出入りするテルヲ。

またしても余計なことばっかりをするのかと思いきや、突然の訪問者にびっくり!

もうあれは完全に借金取りの流れだと思っていました。

「表に柄の悪いのがぎょうさんいてんのやけど」って聞いた瞬間、またこいつやりやがったな!と思いましたしw

それと、片金にワイロで渡したカフェーの割引券!

回り回ってこんな風に伏線が回収されるとは細すぎるw

と笑いながら見てたんですけどね、、、

「が、しかし」ですよ!

やっぱりクズはクズということか、、、

金の切れ目が縁の切れ目

もう終盤は見てられない。

カネの切れ目が縁の切れ目やーって罵倒する千代。

それなのに、床に投げ捨てられた小銭まで拾う姿が、あまりにも情け無さすぎ、、、

人としての最低限のプライドも何もかも捨てたのか?

本当に生きてる価値のない人間だよね、、

堪忍

小暮から返事をさせて欲しいと言われた千代。

その最初の言葉が「堪忍」でした。

この一言でも全てが決まりましたよね。

「堪忍」「ごめん」「・・・だけど」の言葉が全部ダメだったということにつながりますが、この言葉がでた瞬間、終わったと本心は思っていたんじゃないかな?

それは後で自分の口からも言っていましたが、千代ならそっちは選ばないよね。

というか、選んだら幸せな家庭を築いてめでたしめでたしでドラマ終わっちゃいますもんw

以上が、朝ドラ「おちょやん」第8週目のあらすじのネタバレと感想まとめでした。