おちょやん第6週のネタバレあらすじ!楽しい冒険つづけよう!

こちらでは、朝ドラ「おちょやん」第6週(26話~30話)のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

おちょやんの第5週「女優になります」では、カフェー「キネマ」で女給として働くことになった千代が、女優見習いになるストーリーでした。

おちょやんの第6週「楽しい冒険つづけよう!」では、「山村千鳥一座」の座員となった千代が、トラブルで舞台の主役を務めるストーリーです。

朝ドラ『おちょやん』
2021年1月11日(月)~1月15日(金)放送
第6週サブタイトル『楽しい冒険つづけよう!』

おちょやんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おちょやん」を見逃した方は、「おちょやん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』第6週のネタバレあらすじ

こちらでは、朝ドラ『おちょやん』第6週の放送されたストーリーから、ネタバレあらすじをまとめています。

第6週の各話ごとの詳細ネタバレあらすじを知りたい方は、こちらからご確認ください。

朝ドラ『おちょやん』第6週『楽しい冒険つづけよう!』一覧
放送回放送日
第26話「三楽劇場からクビ!?」1月11日(月)
第27話「アクシデント」1月12日(火)
第28話「主役に抜擢」1月13日(水)
第29話「山村千鳥一座の解散」1月14日(木)
第30話「千鳥からの紹介」1月15日(金)

提案

三楽劇場の座本から客が少ない状態が続けば、半月後には出て行ってもらうと言われる千鳥一座。

そんな中、座員の薮内清子(映美くらら)が、「正チャンの冒険」の公演を再び千鳥に提案すると、あなたたちで勝手にやりなさいと突き放される。

こうして、千代たちは、「正チャンの冒険」にチャレンジすることとなったのだ。

主役

そして、竹井千代(杉咲花)は「ネズミ3」の役をもらう。

稽古をしていると、千代がセリフを覚えていることに皆が驚く。

本番前日、清子が足をくじくというアクシデントに見舞われる。

困った清子は、セリフを覚えている千代に主役を託した。

声が届かない

託された千代だったが、声が客席まで届かないというアクシデントが発生する。

夜一人で練習をしていると、山村千鳥(若村麻由美)がやってくる。

見かねた千鳥は、なぎなたを持ってきて、それを使った呼吸法を千代に叩き込む。

翌日、ついに『正チャンの冒険』の本番がやってきて、無事初舞台を成功させた。

解散

山村家にやってきた千代。

夜通し稽古してくれた御礼を伝えると、山村一座を解することを告白する。

そして、もう一度、一人で鍛え直すといい、千代には鶴亀撮影所の紹介状を書いたことを伝えた。

鶴亀撮影所

千鳥の紹介で、鶴亀撮影所にやってきた千代。

所長の片金平八(六角精児)と映画監督のジョージ本田の面接に見事合格する。

ここまでが、1月11日~1月15日に放送された朝ドラ「おちょやん」第6週のあらすじのネタバレです。

やっと女優になれましたが、恋をするんですよね、、、

おちょやん第7週のあらすじを知りたい方は、第7週『好きになれてよかった』へ読み進めてください。

朝ドラ「おちょやん」第6週の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おちょやん」第6週の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていない次週のネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

気を取り直し

朝ドラ「澪つくし」のサスペンスから抜け出せないままに突入した朝ドラ「おちょやん」の土曜もええところどり。

澪つくしが衝撃的すぎて、このままの気持ちで見られるのかと思いましたが、ここは気を取り直して、今週のおちょやんを視聴。

チドリンが懐かしい

今週は、チドリンこと千鳥が率いる一座のお話だったのを今思い出した。

というのも昨日のカタキンさんで全部意識が飛んでしまったからw

一座のことははるかかなた遠い記憶にしか残っていなかったのは、あのカタキンネタのインパクトが大だったことは言うまでもないでしょう!

本当にツンデレチドリンが懐かしいなぁ~

ただ、土曜日で見直してみると、千代が稽古中に台詞完璧に覚えてることと、いざとなったら代役もできるかもしれないってことの振りがちゃんと月曜日に伏線張られていましたね。

アドリブで結果オーライ

一座危機の話は皆さん知るところですが、最期に剣を忘れてしまい、とっさにアドリブで乗り切りましたよね。

アドリブといえば、天海一座で千之助がアドリブばっかりして、一平がキレてた場面がありましたが、今回の千代のアドリブは、皆に受け入れられて、自由にやることが吉につながることもあるといった対比関係ができあがっていました。

一平ならなに勝手なことやってんねん!って怒りそうですが、山村一座はそれを良しとして、なおかつお客さんにも受け入れられたので万々歳といったところでしょうか。

カットの運命

土曜日のええとこどりは、カットされるシーンも多数あるわけですが、なぜこれは流すんだってとこ結構ありますよね。

私的には、進太郎のエピソードはかわいかったのもあって、流して欲しいところですが、見事にばっさりカットされていました!

それなのに、大丈夫でチュウ~!はしっかり流すところが、大阪というかなんというか、、、

あと、千鳥さんの大福のシーンもカットされていたし、千代中心なのは分かるけど、笑い入れるなら脇役のも結構ツボに入るのが結構あるので、流して欲しいなと思いました。

以上が、朝ドラ「おちょやん」第6週目のあらすじのネタバレと感想まとめでした。