おちょやん第23週のネタバレあらすじ!今日もええ天気や

こちらでは、朝ドラ「おちょやん」第23週(111話~115話)のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

おちょやんの第22週「うちの大切な家族だす」では、千代がラジオドラマに出演することを決め、大人気となるストーリーでした。

おちょやんの第23週「今日もええ天気や」では、熊田の願いで、千代が一日だけ鶴亀新喜劇の舞台に立つストーリーです。

朝ドラ『おちょやん』
2021年5月10日(月)~5月14日(金)放送
第23週サブタイトル『今日もええ天気や』

おちょやんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おちょやん」を見逃した方は、「おちょやん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』第23週のネタバレあらすじ

こちらでは、朝ドラ『おちょやん』第23週の放送されたストーリーから、ネタバレあらすじをまとめています。

第23週の各話ごとの詳細ネタバレあらすじを知りたい方は、こちらからご確認ください。

朝ドラ『おちょやん』第23週『今日もええ天気や』一覧
放送回放送日
第111話「熊田の願い」5月10日(月)
第112話「鉢合わせ」5月11日(火)
第113話「看護婦になりたい」5月12日(水)
第114話「一平と再会」5月13日(木)
第115話「再び舞台へ」(最終回)5月14日(金)

春子(毎田暖乃)と暮らす千代(杉咲花)の家に突然訪れた熊田(西川忠志)。鶴亀新喜劇の舞台に立ってほしいと頭を下げる。帰り際、差し出した台本は一平の新作だった…

栗子なき家で、養子にむかえた春子(毎田暖乃)と一緒に暮らす千代(杉咲花)。大人気となったラジオドラマ「お父さんはお人好し」の仕事も順調だった。一平と離縁してから、2年の月日が流れていた。そんなある日、熊田(西川忠志)が訪ねてくる。鶴亀を退社する熊田の願いは、千代に一日だけ鶴亀新喜劇の舞台に立ってほしいというものだった。そして帰り際、千代に差し出したのは、一平(成田凌)が書き上げた新作の台本だった…

 

熊田(西川忠志)との再会以降、道頓堀に思いを馳せる時間が増え、浮かない表情の千代(杉咲花)。心配する春子(毎田暖乃)があるものを作ったことで千代は心を動かされ…

一平(成田凌)が書き上げた新作「初代桂春団治」は大変な人気を呼び、東京公演も決まり、新聞やラジオのインタビューも増える。そんな折、放送局で取材を受ける一平と本読みに来た千代(杉咲花)が鉢合わせしそうになり、周囲は肝を冷やす。予期せず、一平の肉声を聞き、熊田(西川忠志)との再会もあって、道頓堀に思いを馳せ、浮かない表情の千代。心配した春子が、あるものを作ったことで、千代はその思いに心を動かされて…

 

2年ぶりに道頓堀に帰ってきた千代(杉咲花)は、新しい家族ができたと喜ぶ春子に救われる。しかし勉強が苦手で、看護婦になる夢を諦めようとする春子の態度が気にかかり…

春子(毎田暖乃)を連れ、2年ぶりに道頓堀に帰ってきた千代(杉咲花)。シズ(篠原涼子)やみつえたちと再会を果たす。聞きつけた鶴亀新喜劇の団員も岡福うどんに押し寄せる。新しい家族ができたと喜ぶ春子の笑顔に千代も救われるのだった。夜、看護婦になりたいという春子の夢を応援しようと切り出す千代だったが、勉強が苦手な春子の「無理な夢は最初から諦めるべき」という態度が気にかかる。夜も更け、千代はある台本を開く…

 

2年ぶりに一平(成田凌)と対面し、娘・春子に喜劇を見せるために、鶴亀新喜劇の舞台出演を申し出た千代(杉咲花)。道頓堀の舞台で芝居をする女優・竹井千代の姿が再び…

道頓堀を発つ日、春子(毎田暖乃)を岡福に預けて、千代(杉咲花)が向かった先は一平(成田凌)のもとだった。2年ぶりに一平と灯子と対面する千代。道頓堀で芝居をしたいと正直な気持ちを伝える。そして、娘の春子に喜劇を見せるために、鶴亀新喜劇の舞台出演を引き受けたいと申し出るのだった。夕方、岡福に帰った千代は、この決断を真っ先に春子に報告する。女優・竹井千代が道頓堀の舞台で再び芝居をする日がついに実現する…

 

 

女優・竹井千代(杉咲花)が再び道頓堀の舞台に立つ日を迎えた。客席は千代を思う人々で溢れる。舞台「お家はんと直どん」は、千代と一平(成田凌)、二人の場面となった…

女優・竹井千代(杉咲花)が、再び道頓堀の舞台に立つ日を迎えた。客席には春子(毎田暖乃)や岡福うどんのシズ(篠原涼子)たち家族はもちろんのこと、岡安のかめやお茶子たち。さらには、長澤(生瀬勝久)や当郎(塚地武雅)をはじめとしたラジオドラマの出演者・スタッフまで、千代の晴れ舞台に駆けつけたのだった。舞台「お家はんと直どん」は、始終笑いに包まれながら、千代と一平(成田凌)の二人の場面に突入するのだった…

 

 

ここまでが、5月10日~5月14日に放送された朝ドラ「おちょやん」第23週のあらすじのネタバレです。

おちょやんの第1週からあらすじを知りたい方は、第1週『うちは、かわいそやない』へ読み進めてください。

朝ドラ「おちょやん」第23週の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おちょやん」第23週の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていない次週のネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

おちょやん23週の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「おちょやん」第23週目のあらすじのネタバレと感想まとめでした。