『おちょやん』岡田シズ役は篠原涼子!夫は24歳年上!?

NHK朝ドラ「おちょやん」で、岡田シズ役を演じるのは、篠原涼子さんです。

こちらでは、おちょやんのキャスト・篠原涼子さんに関する情報をまとめています。

  • 篠原涼子さんが演じる岡田シズの役柄
  • 岡田シズのモデル
  • 篠原涼子さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

篠原涼子演じる岡田シズの役柄は?

この投稿をInstagramで見る

 

篠原涼子 (@ryoko.shinohara_fan)がシェアした投稿

おちょやんのキャスト・篠原涼子演じる岡田シズは、芝居茶屋「岡安」の女将です。

初めて千代が岡安に来たときは、言葉遣いの悪さに印象がすこぶる悪く、早々に口利き屋にも素直で賢い子を見つけてきてといいますが、母・ハナが間に入り、1ヶ月間だけ見習いとして認めます。

しかし、働くことになった初日に、ふんどしを大事なお客さんの頭に落とし、激怒りすることに。

メリハリ

女中奉公にきた千代に対して厳しく接しますが、「岡安」を仕切るだけあって、それは皆平等です。

千代に「福富」にお使いに行かせて全然戻ってこなかったとき、躾係のかめに「ちゃんとあの子に言わないといけない」と指摘します。

かめは「菊の剣幕で断られたら帰ってくると思った」と言い訳を口にしますが、それ以上は何も言わず、気をつけて帰るようにと心遣いも見せます。

千代に対しても厳しく接するのは変わりませんが、母親のように温かく見守ることももあります。

千代にとっては、亡くなった母のように温かい存在です。

元彼

誰にでも厳しく接するシズですが、20年前に駆け落ちしようとしていた人物がいます。

それは、歌舞伎役者の早川延四郎です。

本人は、恋仲になりかけたという話を告白しますが、駆け落ちまでしようと考えていたのなら、恋人だったのでしょう。

そんな延四郎とばったり出会い、延四郎の気持ちを聞くのですが、最期はお互い蟠りもなく別れます。

しかし、その1ヵ月後に病を患っていた延四郎が亡くなり、そのことを知ったシズは涙を流すのです。

岡田シズのモデルは?

朝ドラ「おちょやん」のキャスト・岡田シズのモデルは、芝居茶屋「岡島」の女将・岡島ヨシさんの可能性が高いです

芝居茶屋「岡安」のモデルは、芝居茶屋「岡島」で、「岡島」の女将が岡島ヨシさんです。

篠原涼子のプロフィール

こちらでは、おちょやんのキャスト・篠原涼子さんのプロフィールを紹介します。

名前篠原涼子(しのはらりょうこ)血液型B型
生年月日1973年8月13日身長162cm
星座しし座出身地群馬県桐生市

岡田シズ役を演じる篠原涼子さんは、群馬県出身の女優さんです。

ジャパン・ミュージックエンタテインメントに所属しており、事務所主催のオーディションに合格したことで芸能活動を始めました。

現在では、さまざまなテレビドラマや映画などで目にすることが多いですが、デビュー当時はアイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のメンバーとして活動しており、CDデビューも果たしています。

そんな篠原涼子さんを有名にしたのが、小室哲哉さんによってプロデュースされた「恋しさとせつなさと心強さと」の曲。

この曲は、1994年に発売されると大ヒットし、ダブルミリオンを記録しました。

日本レコード大賞では優秀賞に選ばれ、紅白歌合戦にも出場しています。

ドラマや舞台

その後、アイドルをやりながら、バラエティ番組にレギュラー出演した経験もあり、活躍の幅はとても広いです。

舞台「ハムレット」に出演してからは、演技にも力を入れており、宮藤官九郎脚本のドラマ「ぼくの魔法使い」ではヒロイン役を演じました。

代表するドラマとしては、2006年に放送された「アンフェア」で、刑事の雪平夏見役を熱演し、映画化されるほどの人気シリーズとなっています。

そのころから、バリバリ仕事をするキャリアウーマンや、強い母親役などを演じることが多い傾向がありますが、それも高い演技力が評価されてのことだと思います。

プライベート

篠原涼子さんのプライベートでは、24歳年上で俳優である市村正親さんと、2005年に結婚。

24歳年上ということもあり世間からは驚かれましたが。それでも2人の子どもに恵まれ、おしどり夫婦として有名なカップルです

所属事務所は「ジャパン・ミュージックエンターテインメント」

所属事務所は、株式会社ジャパン・ミュージックエンターテインメントで、鈴木雅之さんや青山隼さん、磯野貴理子さんが在籍しています。

朝ドラ「おちょやん」のキャスト・映美くららさんも同じ事務所です。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、おちょやんのキャスト・篠原涼子さんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
三姉妹熱血ジャンケン宣言真奈美
若者のすべて沖野里見
輝く季節の中で星野明美
妊娠ですよ2 第2話尚子
ピュア藤木麻子
竜馬がゆくお冴
木曜の怪談ファイナル タイムキーパーズ 第6話ハルカ
みにくいアヒルの子 春休みスペシャル星野梅子
ギフト秋山千明
心療内科医・涼子 第2話花岡キヨノ
スズキさんの休息と遍歴七保子
ビーチボーイズ スペシャル原田泉
きらきらひかる杉冴子
なにさまっ!園田祐子
NHK大河ドラマ「元禄繚乱」定子
NHK大河ドラマ「北条時宗」讃岐局
危険な関係若林ちひろ
民衆の敵~世の中、おかしくないですか!~~佐藤智子
朝ドラ「おちょやん」岡田シズ
黄金の豚-会計検査庁 特別調査課-堤芯子
映画
ジューンブライド 6月19日の花嫁花田佳代子
ベル・エポック星野ひとみ
GO-CON!チーママ
RED SHADOW 赤影おりん
冷静と情熱のあいだ芽実
突入せよ! あさま山荘事件小雀真理子
陽はまた昇る柏木夏佳
Jam Films けん玉今日子
幸福の鐘池田千鶴子
下妻物語桃子の母(西園寺みどり)
姑獲鳥の夏関口雪絵
THE 有頂天ホテルヨーコ
花田少年史 幽霊と秘密のトンネル花田寿枝
魍魎の匣関口雪絵
ステキな金縛り悲鳴の女(ヨーコ)
北の桜守江蓮真理
SUNNY 強い気持ち・強い愛阿部奈美
人魚の眠る家播磨薫子
今日も嫌がらせ弁当持丸かおり
舞台
ハムレットオフィーリア
天保十二年のシェイクスピアお光 / おさち
アンナ・クリスティアンナ・クリストファーソン
CM
ファミリーマート サマーキャンペーンイメージキャラクター
メガネスーパー
江崎グリコ「プリッツ」
NTTドコモ
東京アカデミー医療予備校
マンダム「トリーティア ハーブ in ウォーター」
サッポロ飲料「杜仲茶」
ベネッセコーポレーション「進研ゼミ中学講座」
カプコン「ストリートファイターシリーズ」
日清食品「エージャン」
ファミリーマート
カゴメ「野菜生活100」
日本財団
立山酒造「清酒銀嶺立山」
花王「ビオレ」
中国電力
日本和装ホールディングス
サッポロビール「サッポロ 麦とホップ」
エスエス製薬「イブクイック頭痛薬」

朝ドラ「おちょやん」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「おちょやん」のキャスト一覧です。

「おちょやん」の子役キャストを知りたい方は、「朝ドラ『おちょやん』に出演する子役キャストを男の子と女の子に分けて紹介」ですべての子役キャストをまとめています。

朝ドラ「おちょやん」のキャスト(出演者)一覧
役名出演者モデル関係・役柄
竹井家
竹井千代杉咲花浪花千栄子
竹井テルヲトータス松本南口卯太郎千代の父親
竹井ヨシヲ倉悠貴
(幼少期:荒田陽向
千代の弟
竹井サエ三戸なつめ南口キク千代の実母
竹井栗子宮澤エマ竹井テルヲの新しい妻
南河内の人びと
小林辰夫烏川耕一竹井家の隣人の家長
小林きみ吉野悦世辰夫の妻
小林ウメ正司花江祖母
玉井先生木内義一千代の小学校の担任
峰岸社長佐川満男ガラス工場の社長
彦爺曽我廼家文童養豚をしている村人
駐在海原かなた南河内の駐在
道頓堀の人びと
岡田シズ篠原涼子
(青年役:西村こころ)
岡島ヨシ芝居茶屋「岡安」の女将
岡田宗助名倉潤芝居茶屋「岡安」の主人
岡田みつえ東野絢香
(幼少期:岸田結光
シズと宗助の一人娘
岡田ハナ宮田圭子「岡安」の先代女将
富川菊いしのようこ芝居茶屋「福富」の女将
富川福松岡嶋秀昭芝居茶屋「福富」の主人
富川福助井上拓哉
(幼少期:松本和真
菊の一人息子
かめ楠見薫「岡安」の女中頭
椿丹下真寿美「福富」のお茶子
ぼたん沢暉蓮「福富」のお茶子
あやめ藤本くるみ「福富」のお茶子
富士子土居志央梨「岡安」のお茶子
節子仁村紗和「岡安」のお茶子
古谷ちさ「岡安」のお茶子
伊藤の旦さん藤田功次郎「岡安」のご贔屓客
水月の女将西島敦子水月の女将
夕鷲桑野藍香一平お気に入りの芸子
雛乃成瀬綾乃一平お気に入りの芸子
早川延四郎片岡松十郎
(青年期:先田慧)
歌舞伎役者でシズの元恋人
口利き屋藤吉雅人千代を岡安に連れて行く口利き屋
岡安の上客鍋島浩岡安の乗客
鶴亀座支配人ボブ・マーサム鶴亀座の支配人
大宮の旦さん桂小春団治人形の家を観にきていたお客さん
知らないおっさん海原はるか川に落ちるおっさん
小次郎蟷螂襲道頓堀のことは何でも知っている乞食
芝居客のヨシヲMr.オクレ「組見」に参加した大口の芝居客
赤松さけもとあきら借金取り
青田野村有志借金取り
駐在八田浩司千代を探す駐在
御用聞き酒田かおる岡安に出入りする御用聞き
松島寛治前田旺志郎鶴亀家庭劇の劇団員
花車当郎塚地武雅花菱アチャコ漫才師
長澤誠生瀬勝久長沖一ラジオドラマの脚本家
喜劇界
天海一平成田凌
(幼少期:中須翔真
2代目渋谷天外役者
天海天海茂山宗彦初代・渋谷天外一平の父親
須賀廼家千之助星田英利曾我廼家十吾喜劇役者
須賀廼家万太郎板尾創路曾我廼家五郎喜劇の巨人
熊田西川忠志劇場の支配人
高峰ルリ子明日海りお鶴亀家庭劇のメンバー
小山田正憲曽我廼家寛太郎元歌舞伎出身の俳優
須賀廼家天晴渋谷天笑曾我廼家天照初代時代からの座員
須賀廼家徳利大塚宣幸初代時代からの座員
漆原要二郎大川良太郎初代時代からの座員
石田香里松本妃代鶴亀家庭劇のメンバー
須賀廼家百久利坂口涼太郎須賀廼家徳利の弟分
須賀廼家万歳藤山扇治郎鶴亀新喜劇の劇団員
上方演劇界
大山鶴蔵中村鴈治郎白井松次郎「鶴亀株式会社」の社長
高城百合子井川遥岡田嘉子売れっ子女優
山村千鳥若村麻由美村田栄子芝居小屋「山村千鳥一座」の座長
薮内清子映美くらら山村千鳥一座の座員
シゲ西村亜矢子山村千鳥一座の座員
美鈴鳩川七海山村千鳥一座の座員
艶子實川加賀美山村千鳥一座の座員
座本多賀勝一三楽劇場の興行責任者
京都で出会う人びと
宮元潔西村和彦カフェー「オリエンタル」の店主?カフェー「キネマ」の店主
宇野真理吉川愛女給のユリカフェー「キネマ」の女給
若崎洋子阿部純子カフェー「キネマ」で一番人気の女給
純子朝見心「キネマ」の女給
京子めがね「キネマ」の女給
平田六郎満腹満「キネマ」のボーイ
京都の口入屋白山豊京都の口入屋の店主
渋谷の若旦那田村ツトム「キネマ」の常連客
黒木社長ヨシダ朝活動写真製作会社の社長を名乗る詐欺師
川島貿易社長植栗芳樹黒木に騙される出資者
小林幸太郎「キネマ」の常連客
水田杉森大祐「キネマ」の常連客
万田西野恭之介「キネマ」の常連客
警察官平岡秀幸京都府警察部の警察官
警察官五馬さとし京都府警察部の警察官
質屋上村厚文質屋の店主
借金取り多々納斉借金取り
板谷由夏髪結いの女性一平の母親
撮影所の人びと
小暮真治若葉竜也杉本良吉鶴亀撮影所の助監督
片金平八六角精児鶴亀撮影所の所長
守屋渋谷天外鶴亀撮影所の守衛
村川茂森準人「太陽の女・カルメン」の映画監督
ジョージ本田川島潤哉鶴亀撮影所の映画監督
ミカ本田ファーストサマーウイカハリウッド帰りの女優
川奈絹江和泉大部屋の女優
小柳歌子三原悠里大部屋の女優
遠山弥生木月あかり大部屋の女優
高瀬百々之助佐藤太一郎スタア俳優
弁士坂本頼光活動写真の弁士
池内助監督F.ジャパン鶴亀撮影所の助監督
撮影技師浜口望海撮影技師
樋口仙一上杉祥三鶴亀撮影所の映画監督
柳たつ子湖条千秋美髪部の主任
小竹英一小堀正博映画「太陽の女カルメン」に出演する俳優
照明技師森本竜一照明技師
女優星蘭ひとみ梅子役を演じる女優
女優野村美の里大部屋の女優
美髪部のスタッフ小川悦子美髪部のスタッフ