『おちょやん』岡田ハナ役は宮田圭子!朝ドラ7回目の出演!?

NHK朝ドラ「おちょやん」で、岡田ハナ役を演じるのは、宮田圭子さんです。

こちらでは、おちょやんのキャスト・宮田圭子さんに関する情報をまとめています。

  • 宮田圭子さんが演じる岡田ハナの役柄
  • 岡田ハナのモデル
  • 宮田圭子さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

宮田圭子演じる岡田ハナの役柄は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Anda Hiroyuki(@hiroyuki.anda)がシェアした投稿

おちょやんのキャスト・宮田圭子演じる岡田ハナは、「岡安」の先代女将で、シズの母親です。

「岡安」の先代女将だけあって、道頓堀のことは何でも知っている知識人。

千代や一平のことを気にかけてくれる優しい性格の持ち主で、時には厳しく助言することもしばしば。

岡田ハナのモデルは?

朝ドラ「おちょやん」のキャスト・岡田ハナのモデルは、見当たりませんでした

朝ドラ「おちょやん」のオリジナルキャラクターの可能性が高いです。

宮田圭子のプロフィール

こちらでは、おちょやんのキャスト・宮田圭子さんのプロフィールを紹介します。

名前宮田圭子(みやたけいこ)血液型O型
生年月日1947年10月23日身長160cm
星座てんびん座出身地兵庫県神戸市

岡田ハナ役を演じる宮田圭子さんは、兵庫県で生まれ、大阪で活動する劇団「関西芸術座」出身です。

1970年代から、「だんだん」、「芋たこなんきん」、「はっさい先生」など、数多くのテレビドラマに出演してきており、基本的に演じる役柄は、主役というよりかは、物語のキーパーソンとなる役柄が多く、物語の構成上欠かせない役割を果たしてきた名女優です。

これまで「暴れん坊将軍」、「必殺仕事人シリーズ」、「水戸黄門」などの名だたる時代劇作品に多数の出演歴があり、2017年に出演したNHKのスタジオパークでは、その変わらぬ健在ぶりを披露してくれました。

朝ドラは7作品目

宮田圭子さんが始めて朝ドラに出演したのは、1976年放送の「火の国に」で、「はっさい先生」「春よ、来い」「芋たこなんきん」「だんだん」「べっぴんさん」と続き、2020年放送の「おちょやん」では、「岡安」の先代女将・岡田ハナ役を演じます。

朝ドラ「おちょやん」が通算7回目の出演となり、連続テレビ小説では、常連の女優さんといえます。

プライベートは謎

衣装もいつも演じる役柄のイメージを壊さないように、和服で登場してくれており、プライベートと仕事が一致しているプロ意識の高い人物だと言えますね。

このプロ意識は同じ現場で役を演じる若手俳優にも良い影響を与えており、若手の模範としての役割も担っている大変すばらしい人物です。

その為、結婚や子供の有無なども謎に包まれていますが、役柄のイメージを大切にしている人物なので、きっとよいプライベートを過ごされているものと推測できます。

所属事務所は「ライターズ・カンパニー」

宮田圭子さんの所属事務所は、有限会社ライターズ・カンパニーで、佐川満男さんやひろみどりさん、蟷螂襲さんなどが在籍しています。

ライターズ・カンパニーは、もともとシナリオ作家達が集まり、テレビ局や企業に、シナリオを提供する目的で設立されましたが、タレント部門を開設して、現在に至ります。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、おちょやんのキャスト・宮田圭子さんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
朝ドラ「火の国に」
朝ドラ「はっさい先生」
朝ドラ「春よ、来い」
朝ドラ「芋たこなんきん」花岡イト(祖母)
朝ドラ「だんだん」松本正子
朝ドラ「べっぴんさん」佐藤喜代
朝ドラ「おちょやん」岡田ハナ
新春ワイド時代劇 「大忠臣蔵」
新春ワイド時代劇 「天下騒乱~徳川三代の陰謀」
逃亡者 おりん 第8話「裏切り者の掟」鬼丸の母
いのちの現場から4
幽霊ママ
許さへんで!悪質商法 第3話
ああ嫁姑 第2週「バーバが行く!」
ドレミソラ
ピュア・ラブIII
暖流
京都へおこしやす!
奇跡のホスピス
女性捜査官アイキャッチャー石田峯子
映画
化粧師 KEWAISHI鶴子の友人
CM
NTT西日本
せんねん灸
第一生命保険「母と娘の絆」篇
三菱・デリカD:2(ナレーション)

 

朝ドラ「おちょやん」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「おちょやん」のキャスト一覧です。

「おちょやん」の子役キャストを知りたい方は、「朝ドラ『おちょやん』に出演する子役キャストを男の子と女の子に分けて紹介」ですべての子役キャストをまとめています。

朝ドラ「おちょやん」のキャスト(出演者)一覧
役名出演者モデル関係・役柄
竹井家
竹井千代杉咲花浪花千栄子
竹井テルヲトータス松本南口卯太郎千代の父親
竹井栗子宮澤エマ竹井テルヲの新しい妻
道頓堀の人びと
岡田シズ篠原涼子芝居茶屋「岡安」の女将
岡田宗助名倉潤芝居茶屋「岡安」の主人
岡田みつえ東野絢香シズと宗助の一人娘
岡田ハナ宮田圭子「岡安」の先代女将
富川菊いしのようこ芝居茶屋「福富」の女将
富川福助井上拓哉菊の一人息子
喜劇界
天海一平成田凌役者
天海天海茂山宗彦一平の父親
須賀廼家千之助星田英利喜劇役者
須賀廼家万太郎板尾創路喜劇の巨人
熊田西川忠志劇場の支配人
上方演劇界
大山鶴蔵中村鴈治郎「鶴亀株式会社」の社長
高城百合子井川遥売れっ子女優
山村千鳥若村麻由美芝居小屋「山村千鳥一座」の座長
薮内清子映美くらら山村千鳥一座の座員
京都で出会う人びと
宮元潔西村和彦カフェー「キネマ」の店主
宇野真理吉川愛カフェー「キネマ」の女給
若崎洋子阿部純子カフェー「キネマ」で一番人気の女給
撮影所の人びと
小暮真治若葉竜也鶴亀撮影所の助監督
片金平八六角精児鶴亀撮影所の所長
守屋渋谷天外鶴亀撮影所の守衛