『おちょやん』高城百合子役は井川遥!朝ドラ3作品目の出演!?

NHK朝ドラ「おちょやん」で、高城百合子役を演じるのは、井川遥さんです。

こちらでは、おちょやんのキャスト・井川遥さんに関する情報をまとめています。

  • 井川遥さんが演じる高城百合子の役柄
  • 高城百合子のモデル
  • 井川遥さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

井川遥演じる高城百合子の役柄は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

井川 遥 loin.official(@loin.official)がシェアした投稿

おちょやんのキャスト・井川遥演じる高城百合子は、売れっ子女優です。

道頓堀の芝居小屋で初めて百合子を見た千代は、そのときからずっと憧れ続けている女優で、大きな影響を与えます。

芸術のために自由な人生を突き進む姿は、女優を目指す人たちからは憧れのまとで、情熱的な演技で観客を魅了します。

初登場

高城百合子が初登場したのは朝ドラ「おちょやん」で8話で、おちょやんとして働いていた千代が、玉に勧められて芝居を初めて見たときです。

その中のある一人の女優に目がとまり、釘付けになる千代。

その女優が、井川遥演じる高城百合子だったのです。

再会

それから8年が経ち、百合子と再会する千代。

乞食の小次郎に差し入れを持ってきたときに、その横でマントで身を隠していたのが高城百合子だったのです。

百合子は、大山社長から舞台から映画女優になるよう勧められ、それが嫌で飛び出してきたのです。

そのこととは知らずに、訳ありと感じた千代が匿ってくれます。

性格

性格は高飛車な印象が強いですが、感覚が他の人とはちょっと違います。

お酒は、ぶどう酒が好きで、真っ赤な血のようなお酒を飲むと気分が高まるといい、ぶどう酒しか飲みません。

気になったことはすぐに口にだす性格で、初対面の千代に対してもどうしてお茶子になったのかと聞くほど。

 

高城百合子のモデルは?

朝ドラ「おちょやん」のキャスト・高城百合子のモデルは、女優の岡田嘉子さんの可能性が高いです

岡田嘉子は、士族・岡田武雄さんの長女として生まれ、「北門日報」の婦人記者となります。

その後、「北門日報」の演芸会の舞台に出演した事を機に女優の道へ進みます。

日活にスター女優として招かれますが、主演に抜擢された「椿姫」の撮影中に駆け落ちして、失踪してしまいます。

 

井川遥のプロフィール

こちらでは、おちょやんのキャスト・井川遥さんのプロフィールを紹介します。

名前井川遥(いがわはるか)血液型B型
生年月日1976年6月29日身長167cm
星座かに座出身地東京都墨田区

高城百合子役を演じる井川遥さんは、東京都出身で、短大卒業後はOLとして働いていました。

会社を辞めてからはモデルを始め、1999年に東洋紡水着サマーガールキャンペーンに選出され、本格的に芸能界デビューをします。

その後、当初はグラビアで活躍していましたが、2002年頃から女優としても活躍し始めます。

主な出演履歴としては、NHK大河ドラマ「風林火山」、「世にも奇妙な物語」、「ほんとにあった怖い話」など着実に女優としての実績を積み上げていきます。

結婚

2006年には、14歳年上のファッションデザイナーでブランド「ato」のプロデューサーである松本与と結婚します。

年の差婚として当時は話題となりましたが、その後、2009年に第一子となる女児を出産し、2012年7月には第二子となる男児を出産しました。

子育てをしながらも、芸能界は引退せずに活躍しており、その後も2010年に「フリーター家を買う」、2015年に「花燃ゆ」、同年「流星ワゴン」など女優として活躍し続けています。

篠原涼子、長谷川京子らとはママ友としても交友関係を深めており、仲の良さが伺えます。

精力的に活動

直近では、2007年から雑誌VERYの表紙を飾っていましたが、10年目を迎える2016年に表紙の引退を宣言しました。

雑誌モデルとして惜しまれるところですが、2018年に前期のNHK朝ドラ「半分青い」で菱本若菜役を演じ、子育てしながらも、まだまだ女優として、今後の活躍が期待できる人物です。

朝ドラは3作品目!

朝ドラ「おちょやん」では、売れっ子女優の高城百合子を演じますが、井川遥さんは、今回が朝ドラ3作品目になります。

初めて朝ドラに出演したのは、2006年放送の「純情きらり」で、ヒロイン・有森桜子の姉・杏子役を演じました。

現在、NHKで夕方に再放送があり、若かりし頃の井川遥さんを観る事ができます。

そして、2作品目は、2018年放送の「半分、青い。」の菱本若菜役。

純情きらりから12年経ってからの2作品目だったようで、びっくりです!

所属事務所は「エフ・エム・ジー」

所属事務所は、エフ・エム・ジーで、日本初のモデルクラブとして発足したタレント事務所でもあります。

エフ・エム・ジーには、井川遥さんの他に松尾諭さん、小橋めぐみさん、真田 麻垂美さんなどが在籍しています。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、おちょやんのキャスト・井川遥さんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
愛の手前 恋のとなりアカリ
空から降る一億の星西原美羽
私立探偵 濱マイク比留間ひる
サイコドクター 第2話木下純(松本貴子)
風子のラーメン沢田智子
ほんとにあった怖い話 春の恐怖ミステリー 「父の想い」斉藤真利江
高原へいらっしゃい本間さおり
世にも奇妙な物語 秋の特別編 「遠すぎた男」サエコ
竜馬がゆくお田鶴
乱歩R 第5話 -白髪鬼-小沼時子
菊亭八百善の人びと中島みどり
光とともに…~自閉症児を抱えて~藪下めぐ美
瑠璃の島中嶋(斉藤)美月
朝ドラ「純情きらり」有森杏子
朝ドラ「半分、青い。」菱本若菜
朝ドラ「おちょやん」高城百合子
ブスの瞳に恋してる藤原美也子
孤独の賭け~愛しき人よ~中川京子
NHK朝ドラ「風林火山」伊勢
NHK朝ドラ「花燃ゆ」高須久子
映画
目下の恋人
tokyo.sora
DOG STAR
フィラメント
69 sixty nineアルファロメオの女
樹の海手島映子
大停電の夜に草野美寿々
ヒナゴン石井信子
水霊 ミズチ戸隠響子
暗いところで待ち合わせ三島ハルミ
大奥月光院
犯人に告ぐ早津名奈
象の背中青木悦子
チーム・バチスタの栄光大友直美
イキガミ近藤医師
トウキョウソナタ金子薫
ディア・ドクター鳥飼りつ子
今度は愛妻家井川ゆり
東京公園初島百合香/志田杏子
舞台
HAKANA
美しきものの伝説
オキシジェン
見よ、飛行機の高く飛べるを
うら騒ぎ / ノイゼズ・オフ
そう。
CM
アデランス「9696コールイメージキャラクター」
イオン「イオンカード」
東京諸島振興公社
神戸オーガスタプラザ
Wedding
NTTドコモ中国
味の素「パルスイート」・「フレーバーシュガー」
日本コカ・コーラ「まろ茶」
グンゼ「Body Wild」
東芝エアコン「大清快」
花王「ソフィーナ AUBE(オーブ)」
東京電力「TEPCOひかり」
東京地下鉄
大日本除虫菊「キンチョール」
インテル「僕と彼女と彼女のパソコン~出会い」篇・「僕と彼女と彼女のパソコン~その後」篇
三菱自動車工業「eKワゴン」
サントリー 角ハイボール「いらっしゃいませ」篇
大正製薬 アレルギー鼻炎薬「クラリチンEX」
コーセー ONE BY KOSE メラノショット ホワイト 「シミのもとを無色化」篇

朝ドラ「おちょやん」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「おちょやん」のキャスト一覧です。

「おちょやん」の子役キャストを知りたい方は、「朝ドラ『おちょやん』に出演する子役キャストを男の子と女の子に分けて紹介」ですべての子役キャストをまとめています。

朝ドラ「おちょやん」のキャスト(出演者)一覧
役名出演者モデル関係・役柄
竹井家
竹井千代杉咲花浪花千栄子
竹井テルヲトータス松本南口卯太郎千代の父親
竹井ヨシヲ倉悠貴
(幼少期:荒田陽向
千代の弟
竹井サエ三戸なつめ南口キク千代の実母
竹井栗子宮澤エマ竹井テルヲの新しい妻
南河内の人びと
小林辰夫烏川耕一竹井家の隣人の家長
小林きみ吉野悦世辰夫の妻
小林ウメ正司花江祖母
玉井先生木内義一千代の小学校の担任
峰岸社長佐川満男ガラス工場の社長
彦爺曽我廼家文童養豚をしている村人
駐在海原かなた南河内の駐在
道頓堀の人びと
岡田シズ篠原涼子
(青年役:西村こころ)
岡島ヨシ芝居茶屋「岡安」の女将
岡田宗助名倉潤芝居茶屋「岡安」の主人
岡田みつえ東野絢香
(幼少期:岸田結光
シズと宗助の一人娘
岡田ハナ宮田圭子「岡安」の先代女将
富川菊いしのようこ芝居茶屋「福富」の女将
富川福松岡嶋秀昭芝居茶屋「福富」の主人
富川福助井上拓哉
(幼少期:松本和真
菊の一人息子
かめ楠見薫「岡安」の女中頭
椿丹下真寿美「福富」のお茶子
ぼたん沢暉蓮「福富」のお茶子
あやめ藤本くるみ「福富」のお茶子
富士子土居志央梨「岡安」のお茶子
節子仁村紗和「岡安」のお茶子
古谷ちさ「岡安」のお茶子
伊藤の旦さん藤田功次郎「岡安」のご贔屓客
水月の女将西島敦子水月の女将
夕鷲桑野藍香一平お気に入りの芸子
雛乃成瀬綾乃一平お気に入りの芸子
早川延四郎片岡松十郎
(青年期:先田慧)
歌舞伎役者でシズの元恋人
口利き屋藤吉雅人千代を岡安に連れて行く口利き屋
岡安の上客鍋島浩岡安の乗客
鶴亀座支配人ボブ・マーサム鶴亀座の支配人
大宮の旦さん桂小春団治人形の家を観にきていたお客さん
知らないおっさん海原はるか川に落ちるおっさん
小次郎蟷螂襲道頓堀のことは何でも知っている乞食
芝居客のヨシヲMr.オクレ「組見」に参加した大口の芝居客
赤松さけもとあきら借金取り
青田野村有志借金取り
駐在八田浩司千代を探す駐在
御用聞き酒田かおる岡安に出入りする御用聞き
松島寛治前田旺志郎鶴亀家庭劇の劇団員
花車当郎塚地武雅花菱アチャコ漫才師
長澤誠生瀬勝久長沖一ラジオドラマの脚本家
喜劇界
天海一平成田凌
(幼少期:中須翔真
2代目渋谷天外役者
天海天海茂山宗彦初代・渋谷天外一平の父親
須賀廼家千之助星田英利曾我廼家十吾喜劇役者
須賀廼家万太郎板尾創路曾我廼家五郎喜劇の巨人
熊田西川忠志劇場の支配人
高峰ルリ子明日海りお鶴亀家庭劇のメンバー
小山田正憲曽我廼家寛太郎元歌舞伎出身の俳優
須賀廼家天晴渋谷天笑曾我廼家天照初代時代からの座員
須賀廼家徳利大塚宣幸初代時代からの座員
漆原要二郎大川良太郎初代時代からの座員
石田香里松本妃代鶴亀家庭劇のメンバー
須賀廼家百久利坂口涼太郎須賀廼家徳利の弟分
須賀廼家万歳藤山扇治郎鶴亀新喜劇の劇団員
上方演劇界
大山鶴蔵中村鴈治郎白井松次郎「鶴亀株式会社」の社長
高城百合子井川遥岡田嘉子売れっ子女優
山村千鳥若村麻由美村田栄子芝居小屋「山村千鳥一座」の座長
薮内清子映美くらら山村千鳥一座の座員
シゲ西村亜矢子山村千鳥一座の座員
美鈴鳩川七海山村千鳥一座の座員
艶子實川加賀美山村千鳥一座の座員
座本多賀勝一三楽劇場の興行責任者
京都で出会う人びと
宮元潔西村和彦カフェー「オリエンタル」の店主?カフェー「キネマ」の店主
宇野真理吉川愛女給のユリカフェー「キネマ」の女給
若崎洋子阿部純子カフェー「キネマ」で一番人気の女給
純子朝見心「キネマ」の女給
京子めがね「キネマ」の女給
平田六郎満腹満「キネマ」のボーイ
京都の口入屋白山豊京都の口入屋の店主
渋谷の若旦那田村ツトム「キネマ」の常連客
黒木社長ヨシダ朝活動写真製作会社の社長を名乗る詐欺師
川島貿易社長植栗芳樹黒木に騙される出資者
小林幸太郎「キネマ」の常連客
水田杉森大祐「キネマ」の常連客
万田西野恭之介「キネマ」の常連客
警察官平岡秀幸京都府警察部の警察官
警察官五馬さとし京都府警察部の警察官
質屋上村厚文質屋の店主
借金取り多々納斉借金取り
板谷由夏髪結いの女性一平の母親
撮影所の人びと
小暮真治若葉竜也杉本良吉鶴亀撮影所の助監督
片金平八六角精児鶴亀撮影所の所長
守屋渋谷天外鶴亀撮影所の守衛
村川茂森準人「太陽の女・カルメン」の映画監督
ジョージ本田川島潤哉鶴亀撮影所の映画監督
ミカ本田ファーストサマーウイカハリウッド帰りの女優
川奈絹江和泉大部屋の女優
小柳歌子三原悠里大部屋の女優
遠山弥生木月あかり大部屋の女優
高瀬百々之助佐藤太一郎スタア俳優
弁士坂本頼光活動写真の弁士
池内助監督F.ジャパン鶴亀撮影所の助監督
撮影技師浜口望海撮影技師
樋口仙一上杉祥三鶴亀撮影所の映画監督
柳たつ子湖条千秋美髪部の主任
小竹英一小堀正博映画「太陽の女カルメン」に出演する俳優
照明技師森本竜一照明技師
女優星蘭ひとみ梅子役を演じる女優
女優野村美の里大部屋の女優
美髪部のスタッフ小川悦子美髪部のスタッフ