おちょやん第13週のネタバレあらすじ!一人やあれへん

こちらでは、朝ドラ「おちょやん」第13週(61話~65話)のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

おちょやんの第12週「たった一人の弟なんや」では、弟・ヨシヲが現れ、やくざとつるむ弟をなんとか更正させようとするストーリーでした。

おちょやんの第13週「一人やあれへん」では、一平が突然、岡安を出ていき、部屋を借りて一人で暮らし始めるストーリーです。

朝ドラ『おちょやん』
2021年3月1日(月)~3月5日(金)放送
第13週サブタイトル『一人やあれへん』

おちょやんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おちょやん」を見逃した方は、「おちょやん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』第13週のネタバレあらすじ

こちらでは、朝ドラ『おちょやん』第13週の放送されたストーリーから、ネタバレあらすじをまとめています。

第13週の各話ごとの詳細ネタバレあらすじを知りたい方は、こちらからご確認ください。

朝ドラ『おちょやん』第13週『一人やあれへん』一覧
放送回放送日
第61話「一人暮らし」3月1日(月)
第62話「襲名お断り!」3月2日(火)
第63話「母親の手がかり」3月3日(水)
第64話「」3月4日(木)
第65話「」3月5日(金)

謝罪

千代は、道頓堀で起こった放火騒ぎについて、弟のヨシヲたちがやったことだと、劇団の仲間たちに謝罪した。

また、一平に対しては、ヨシヲと別れた夜以来、気まずい思いを抱いていた。

一人暮らし

放火が騒動も収まり、またいつものように劇団として活躍する中、一平が突然岡安を出ていった。

話を聞くと、部屋を借りて一人で暮らし始めたというのだ。

お茶子たちは、一平にいい人ができたのではないかと噂をする。

お使い

ある日、岡安のハナから一平へのお使いを頼まれる。

一平に対して気まずかった千代ですが、ハナの頼みとあれば断れずそれを受けてしまう。

そして、一平が住む新居を訪れると、部屋の中から女の声がしてきた。

二代目天海天海を襲名

ある日、大山社長に呼び出される一平。

大山は一平に、天海天海の名前を継ぎ、二代目天海天海を襲名する伝える。

しかし、一平はその申し出を受け入れずに、周囲の期待をよそに断ってしまったのだ。

一平は、未だに父・天海に対して、母親を追い出した恨みがあったからなのだ。

しかし襲名は社命であり絶対なもので、もしも一平が断れば、鶴亀家庭劇の存続すらも危ぶまれる。

夫婦喧嘩

そんな中、岡安では、実家に戻ってきたみつえが福助との夫婦ゲンカの愚痴をシズに話していた。

シズはその愚痴を聞いて叱る。

そんな母娘のやり取りを見ていた千代は一平の心変わりさせる方法を思いつく。

京都

千代は一平を連れて京都へ向かっていた。

一平の母親から襲名を説得してもらえれば、一平もきっと納得して二代目天海天海を襲名してくれると思ったからだ。

しかし、何年も会っていない母親を探すのは想像以上に困難で、すぐに壁にぶちあたる。

キネマ

そこで、千代はカフェー「キネマ」の情報網を頼りに、僅かな望みをかける。

その夜、聞き込みを開始した千代は、ある店の常連客から一平の母・夕の手がかりをつかむ。

 

 

一平(成田凌)が突然、一人暮らしを始めた。ヨシヲと別れた夜以来、気まずい千代(杉咲花)。岡安のハナからお使いを頼まれ、一平の新居を訪ねる。すると、女の声がして…

千代(杉咲花)は、道頓堀で起こった放火騒ぎが弟のヨシヲたちの仕業だったと、劇団の仲間たちに謝る。一方、一平(成田凌)は突然、岡安を出ていき、部屋を借りて一人で暮らし始める。お茶子たちは、一平に“いい人”ができたのではとうわさする。ヨシヲと別れた夜以来、一平に対して気まずい思いを抱く千代だったが、岡安のハナ(宮田圭子)から一平へのお使いを頼まれてしまう。新居を訪れると、部屋の中から女の声がして…

 

二代目天海天海の襲名を断った一平(成田凌)。それは女好きで、母親を追い出した父・天海への恨みからだった。千代(杉咲花)は、一平の心変わりさせる方法を思いつく…

 

社長の大山鶴蔵(中村鴈治郎)から、父親の名前を継ぎ、二代目天海天海を襲名するよう言われた一平(成田凌)。周囲の期待をよそに断ってしまう。それは女好きで、母親を追い出した父・天海への恨みからだった。しかし襲名は社命であり絶対。一平が断れば、鶴亀家庭劇の存続も危ない。そんななか、実家の岡安で夫婦ゲンカの愚痴を吐くみつえ。それを叱るシズ(篠原涼子)。そんな母娘を見て、千代(杉咲花)はあることを思いつく…

 

 

千代(杉咲花)は、一平(成田凌)の母親から襲名を説得してもらうため、京都で捜索を開始。カフェーキネマの常連客から、一平の母、夕(板谷由夏)の手がかりをつかむ…

 

 

千代(杉咲花)は一平(成田凌)を連れ出し、京都に向かった。それは、一平の母親から襲名を説得してもらえば、きっと一平も納得するに違いないと思いついたからだった。しかし、捜索は想像以上に難航する。次第に一平は、あきらめモード…。千代は、僅かな望みをかけてカフェーキネマの情報網を頼ることに。夜、店の常連客に聞き込みを続ける二人。あることをきっかけに、自分の母、夕(板谷由夏)の手がかりをつかむのだった…

 

 

 

 

ここまでが、3月1日~3月5日に放送された朝ドラ「おちょやん」第13週のあらすじのネタバレです。

おちょやん第14週のあらすじを知りたい方は、第14週『』へ読み進めてください。

朝ドラ「おちょやん」第13週の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おちょやん」第13週の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていない次週のネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

おちょやん13週の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「おちょやん」第13週目のあらすじのネタバレと感想まとめでした。