エール第102話のネタバレあらすじ!華の申し出!断固断ります!?

こちらでは、朝ドラ「エール」21週目第102話のあらすじのネタバレや、エールと実話の比較、感想をまとめています。

エールの第101話「一次審査通過」では、羽生の勧めで、帝都劇場で上演されるオペラ「ラ・ ボエーム」のオーディションに音が挑戦することを決めるストーリーでした。

エールの第102話「華の申し出」では、華が家事を手伝いたいと話すが、音は、家事と歌を両立したい言って断るストーリーです。

朝ドラ『エール』
2020年11月3日(火)放送
第21週サブタイトル『夢のつづきに』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『エール』第102話のネタバレあらすじ

ここからは、11月3日に放送された朝ドラ「エール」第102話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール102話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 裕一が熱を出して倒れる
  • 看病の手伝いをしたいと申し出る
  • その申し出を断る
  • 自分のやりたいことをしなさいと話す
  • 自分の気持ちを分かってくれないと家出する
  • 吟から才能は日常に転がっているものと諭される

お手伝い

古山裕一(窪田正孝)が熱を出し看病する華。

おかゆを作って食べさせると、父のおいしいの言葉に嬉しがる。

そこへ古山音(二階堂ふみ)が帰ってきた。

古山華(古川琴音)は、オーディションで練習でいっぱいだから、家事や父の世話は自分がやると申し出るが、音はそれはいけないと断った。

音は、これは自分の仕事で、華は自分のやりたいことやりなさいと伝えた。

才能

一人、バンブーでお茶をしている華。

そこへ、ミルクセーキを飲みに竹中渉(伊藤あさひ)がやってきた。

華に気づくと、お父さんにお礼を言って欲しいと言ってきた。

東京で一番強い高校と練習試合をして、買ったのは、祐一のサインのご利益のおかげだと話す。

話の流れで、渉が華の母親がオペラ歌手だと知ると、華に音楽の才能があるんじゃないかと話した。

華がないと答えると、やってみるといいと言われ、戸惑いすぐに帰ってしまった。

家出

音は、最終試験を終え、家にかえると今回はだめかもしれないと裕一に話した。

するとそこへ、華が帰ってきた。

裕一は、音を励まそうと頑張っていると話すと、音が、華に好きなことを見つけたらやっていってねと話す。

その言葉に、好きなことがないと駄目なのかと訴えた。

そして、目標がなくても自分なりにがんばってるといい、家から出て行った。

関内宅

華は吟の家にお邪魔していた。

関内吟(松井玲奈)はそのことを音に電話で伝え、今夜はウチで泊めると伝えた。

華は吟に今日あった話をする。

すると、吟も自分もやりたいことなんてなかったと答えた。

そして、才能は特別なものではなく、日常の中に転がっているものだと諭した。

 

ここまでが、11月3日に放送された朝ドラ「エール」第102話のあらすじのネタバレです。

 

エール第103話のあらすじを知りたい方は、第103話『華の家出』へ読み進めてください。

エールと実話の比較

こちらは、エール102話の実話の比較です。

全話の実話との比較については「朝ドラ『エール』は実話とどこまで同じ?史実から徹底比較」でまとめています。

朝ドラ「エール」第102話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「エール」第102話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

体調を崩す

やはり体調を崩した裕一。

まさか、華の彼氏に会ってノックアウトされてしまったのでしょうかw

お父さんの世話を焼く華ちゃんは、なんだか自分が頼りにされているような感じで嬉しそうでしたね。

自分も家族の一員として、ちゃんと仕事ができると思っていたのかな?

あと何だか学生服がメイドっぽい感じがして、ちょっとドキッとしましたw

これで音が夫かオーディションかの選択で、夫をとって、オーディションに行けないパターンかと思いましたが、 違っていましたね。

あと、音が看病して裕一の風邪がうつり、オーディションの本番で声が出ないパターンかと思いましたが、これも違っていましたw

今日は立て続けに予想が外れた展開!

任せよう

裕一が体調を崩したと知ると、やたらとお母さんを強調し始める音。

氷枕の取り合いって、親子でやることですか?

こんな時こそ家族で一致団結して助け合えばいいのに、久しぶりに音の身勝手さを目にしました。

最近は、ずっと戦争で裕一のまわりのことばかりでしたが、そういえば音楽をやっていた時は、昔からこんな感じだったなぁとなんだか懐かしい感じがしました。

結構勝手気ままな感じでしたよね。

昔娘に言われたことが原因ですが、そうだったとしてもやっぱり役割分担も大事なことですよ。

そんなにあからさまに拒否ったら、娘に信頼されていないって思われても仕方がないじゃないですか。

頑張りすぎて後で空回りしないから少し心配です。

サインのおかげ

サインのおかげで試合に勝ったと報告する渉。

あんな震えて書いたようなサインにご利益があるとは、まさに裕一さまさまw

しかも、なんといってもいきなりのハンカチを取り出すしぐさ!

製作サイドは、この青年をハンカチ王子にしたいのだろうか。

わざわざハンカチを出すほどのシーンでもないし、話にも繋がらないしぐさに、単なるハンカチ王子か!と突っ込ませるためだけのシーンでしたね。

それと、華にプレッシャーをかけたあたりは、本人まったく理由わからずといったところでしたが、華も親のすごさにプレッシャーを感じていたようですね。

見た感じはあんなですけど、世間では大ヒットを飛ばしまくる作曲家ですから、一応w

両親が音楽関係だとそう言われちゃうのも仕方がない気はしますが、、、

好きな人に最大のコンプレックスを刺激されるのは、ちょっとつらいな。

部屋

渉と別れた後に部屋に戻る華。

すごいところを寝床にしていますね。

まるで仏壇みたいなベッドですw

最初は押入れを改造してベッドにしたかと思いきや、どうもそんな作りのようでした。

しかも天蓋付きってどんだけ~

以上が、朝ドラ「エール」第21週目第102話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第21週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第21週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第21週目のネタバレあらすじ

102話放送のエール第21週「夢のつづきに」のあらすじは、音が大きな舞台に立つという夢を実現するために、「ラ・ボエーム」のオーディションを受けるストーリーとなっています

第21週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第21週「夢のつづきに」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。