澪つくし第107話のネタバレあらすじ!善吉の嫁に

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」18週目第107話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第106話「吉武一家が押しかける」では、黙ってかをるが入兆に引き取られたと知って、面目を潰された吉武一家が入兆に押しかけるストーリーでした。

澪つくしの第107話「善吉の嫁に」では、とねが入兆にやってきて、かをるに善吉の嫁にならないかと相談するストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年8月2日(金)放送
第18週第107話タイトル『善吉の嫁に』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第107話のネタバレあらすじ

ここからは、8月2日に放送された朝ドラ「澪つくし」第107話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし107話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 元気になって入兆の手伝いを始める
  • 従業員の桑原がお金を持ち逃げする事件が起こる
  • とねが入兆にやってくる
  • かをるに善吉の女房になってもらいたいとお願いする
  • るいと久兵衛がその話を断る

働く

惣吉が遭難して3ヶ月が経って、吉武かをる(沢口靖子)も元気を取り戻した。

体調もよくなったかをるは、自ら工場に入って、入兆の手伝いを始める。

責任者の神山には、久兵衛には内緒にしておいてほしいと話す。

持ち逃げ

名取ぎん(三ツ矢歌子)が入兆にやってきて、座敷で話をしていると梅木がやってきた。

梅木は、坂東英一郎(鷲生功)が借金をした金を真鍋にいつも届けていた桑原がいなくなったと報告した。

それから数日して、桑原が持ち逃げしたことを知り、色々調べてみると。被害は1000円では済まなかった。

桑原は取引銀行から勝手に5000円を下ろし、事務員の絹子と共に逃亡を図っていたのだ。

番頭の小畑兵造(高品格)が、久兵衛にそのことを報告し、責任をとって暇をいただくというが、それで金が返ってくるのかと油に水を注ぐ。

来客

そんな騒動があったとき、吉武とね(草笛光子)が一人で入兆を訪れた。

突然の来訪に謝罪すると、かをるも同席し、とねに勝手に入兆に戻ったことを謝罪する。

坂東久兵衛(津川雅彦)が戸籍を戻す話をすると、とねが思わぬことを提案してくる。

それは、次男の吉武善吉(安藤一夫)の女房になって吉武家を継いでもらいたいという内容だった。

その話を廊下で聞いていた坂東るい(加賀まりこ)は、中に入ってきてその話を断る。

それでもとねは、ゆっくり時間をかけて考えてほしいと訴えるが、久兵衛が坂東家の家長としてその話を正式に断った。

 

ここまでが、8月2日に放送された朝ドラ「澪つくし」第107話のあらすじのネタバレです。

金を持ち逃げされた久兵衛ですが、そんな中将棋大会に出ていたんですよね、、、

澪つくし第108話のあらすじを知りたい方は、第108話『将棋大会』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第107話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第107話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし107話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第18週目第107話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第18週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第18週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第18週目のネタバレあらすじ

107話放送の澪つくし第18週のあらすじは、惣吉が遭難し見つからずじまいで、流産したかをるが入兆に出戻るストーリーとなっています

第18週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第18週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。。