澪つくし第121話のネタバレあらすじ!はなむけの言葉

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」21週目第121話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第120話「梅木と婚約」では、久兵衛と梅木に結婚する意志を伝え、入兆中が祝福に包まれるストーリーでした。

澪つくしの第121話「はなむけの言葉」では、東京から帰ってきた律子が、かおるに「澪つくし」というはなむけの言葉を送るストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年8月19日(月)放送
第21週第121話タイトル『はなむけの言葉』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第121話のネタバレあらすじ

ここからは、8月19日に放送された朝ドラ「澪つくし」第121話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし121話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

入兆

かをるとうめきの結婚式に律子たちがかえってきた。

座敷で久兵衛とあう

東京でばったり再会して、

ほねをおってくれたという

世話になったという。

結婚するというがゆるさんと話す

きまぐれはたくさんだという。

婚礼の前日にそんな話しもってくるな。

安心できない

子ども扱いしないでくれ。

かをるに濡れ衣きせよってかえれという。

結婚式にはでてほしいという。

小浜は先にかえるという。

子供たち

英一郎が結婚するのかときく

するという

本当に結婚するのかときくと

水橋と共通点がある

澪つくしの話をする

人生にも必要だと話す。

それぞれ澪つくしになって生きていくという。

「澪つくし」がはなむけの言葉という。

夫婦

律子は結婚したほうがいいと話するい。

梅木と小浜は奉公人としてはいっしょでしょうと話す。

奥様と自分を比べるのかと涙を流す。

どんな人を連れて来ても気に入らないと話す。

子供が離れていくとさびしいと話す。

 

 

ここまでが、8月19日に放送された朝ドラ「澪つくし」第121話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第122話のあらすじを知りたい方は、第122話『梅木との結婚式』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第121話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第121話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし121話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第21週目第121話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第21週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第21週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第21週目のネタバレあらすじ

121話放送の澪つくし第21週のあらすじは、梅木とかをるが結婚をして、かをるが双子の赤ちゃんを出産するストーリーとなっています

第21週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第21週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。