澪つくし第122話のネタバレあらすじ!梅木との結婚式

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」21週目第122話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第121話「はなむけの言葉」では、東京から帰ってきた律子が、かおるに「澪つくし」というはなむけの言葉を送るストーリーでした。

澪つくしの第122話「梅木との結婚式」では、梅木とかをるの結婚式が執り行われ夫婦となるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年8月20日(火)放送
第21週第122話タイトル『梅木との結婚式』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第122話のネタバレあらすじ

ここからは、8月20日に放送された朝ドラ「澪つくし」第122話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし122話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • かをると梅木の結婚式が執り行われた
  • 久兵衛が挨拶をする
  • 吉武家の漁師たちがご祝儀だといって嫌がらせをする
  • それを知ったとねが激怒する

結婚式当日

かをると梅木の結婚式は、内輪だけで執り行われることになった。

かをるが準備をしていると、そこへ坂東るい(加賀まりこ)がやってきて、涙をうかべる。

坂東かをる(沢口靖子)は言葉は交わさず、頭を下げ、式場へ向かった。

結婚式は、滞りなく進行していく。

挨拶

結婚式が進行していく中、坂東久兵衛(津川雅彦)が挨拶することになった。

梅木の生い立ちや、入兆の誇りだと思っていると話す。

そして、かをるには、しっかりと幸せをつかんでもらいたいと、涙ながらに願う。

ご祝儀

その頃、入兆の外では、ちょっとした騒ぎになっていた。

吉武家の漁師たちが、ご祝儀だといって、いわしを干して魚肥にした干鰯を置いていったという。

すると職人頭の神山が、吉武とね(草笛光子)に抗議の電話をする。

まったく知らなかったとねは、電話を切り、その漁師たちが帰ってくるのを外で待っていた。

すると、そこへ漁師たちが現われ、その話が事実だと知ると、吉武惣吉(川野太郎)はそんなことはしないと激怒した。

夫婦

結婚式が無事終わると、梅木健作(柴田恭兵)は、かをるに感謝していると話す。

いつまでも一緒に生きて生きたいと、今の気持ちを伝えると、かをるは、どうかよろしくお願いしますと深々と頭を下げた。

ここまでが、8月20日に放送された朝ドラ「澪つくし」第122話のあらすじのネタバレです。

ついに夫婦となりましたが、ある人の訃報が届くんですよね、、、

澪つくし第123話のあらすじを知りたい方は、第123話『名取の訃報』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第122話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第122話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

親子

結婚当日。

あーーー思い出す!!!

自分のことのようにみていたけど、るいが涙を浮かべるようなことはなかったなぁw

ただ母親の気持ちとしては今になってよく分かりますよね。

手塩に育てた娘が、幸せな日を迎えられるのは、涙なくして語れません!

かをるも何も語ることなく頭を下げました。

今までありがとうの気持ちが伝わるワンシーンでしたね。

久兵衛の言葉

今日の久兵衛の挨拶はさすがの一言。

人前に立たせてしゃべらせると、なんとも礼儀をわきまえてる感じがするんですが、いつも自分の考えを押し付ける姿とは間逆。

梅木のこともかをるのことも大切にしてきたということが伝わる挨拶でした。

トラブル

そんな中、またトラブル勃発!

漁師たちが嫌がらせをしに入兆にきましたが、なんなんでしょうね、、、

人の幸せを踏みにじる行為だけに、本当に許せない!

とねも激怒していましたが、ちょっと教育がなってないんじゃないですか?

いくら荒くれものの漁師でも相手を思いやる気持ちがないのならただのクズです。

しかもなぜかあのやったぜ!感。

あれで惣吉やとねが喜ぶとでも思っていたのか?

弥太郎をいじめていた件もそうですが、クズ男集団にはほとほとあきれるばかりです。

初夜

結婚式も無事終わり、新婚初夜を迎えた二人!

梅木は一緒に生きて生きたいと気持ちを伝えて、それに答えるかをる。

問題はこの後ですが、もちろん初夜ですから、チョメチョメですよねw

梅木も幸せ者ですよ!!!

ずっと夢みていた女性と結婚できて、初夜を迎えるなんて興奮して眠れないんじゃないですかね?

かをるも二人目の相手にドキドキがとまらなかったと思うと、鼻血が出そうですw

以上が、朝ドラ「澪つくし」第21週目第122話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第21週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第21週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第21週目のネタバレあらすじ

122話放送の澪つくし第21週のあらすじは、梅木とかをるが結婚をして、かをるが双子の赤ちゃんを出産するストーリーとなっています

第21週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第21週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。