澪つくし第122話のネタバレあらすじ!梅木との結婚式

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」21週目第122話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第121話「はなむけの言葉」では、東京から帰ってきた律子が、かおるに「澪つくし」というはなむけの言葉を送るストーリーでした。

澪つくしの第122話「梅木との結婚式」では、梅木とかをるの結婚式が執り行われ夫婦となるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年8月20日(火)放送
第21週第122話タイトル『梅木との結婚式』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第122話のネタバレあらすじ

ここからは、8月20日に放送された朝ドラ「澪つくし」第122話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし122話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

結婚当日

内輪だけで結婚式が執り行われる

清次夫婦がやってきて挨拶にやってきた。

お願いがあるといい、宴会があるときに飲み過ぎないという。

そこへるいがやってきて、涙をうかべる

こうして梅木の妻となった。

 

挨拶

久兵衛は久兵衛が挨拶をする。

梅木の生い立ちの話をする。

そろばん読みかけが抜群。

梅木が入兆の誇りだと思っていると話す。

かをるは二番目の娘で最高だと話す。

しっかりと幸せをつかんでもらいたいと思う。

塩加減があるという。

ご祝儀

こしかを置いていったという。

ご祝儀だといって置いていったという。

すると職人頭がとねに電話をする。

若い衆が持ってきたという。

だまれといって電話を切った。

そこで漁師たちを待っていたとね。

事実を聞くと殴る

惣吉はそんなことはしない激怒する

 

夫婦

感謝していると話す。

かをると読んでくださいという。

いつまでも一緒にいきていきたいと話す。

どうかよろしくお願いしますと頭を下げる

ここまでが、8月20日に放送された朝ドラ「澪つくし」第122話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第123話のあらすじを知りたい方は、第123話『名取の訃報』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第122話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第122話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし122話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第21週目第122話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第21週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第21週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第21週目のネタバレあらすじ

122話放送の澪つくし第21週のあらすじは、梅木とかをるが結婚をして、かをるが双子の赤ちゃんを出産するストーリーとなっています

第21週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第21週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。