澪つくし第123話のネタバレあらすじ!名取の訃報

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」21週目第123話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第122話「梅木との結婚式」では、梅木とかをるの結婚式が執り行われ夫婦となるストーリーでした。

澪つくしの第123話「名取の訃報」では、新婚で幸せに包まれている入兆に、名取庄右衛門の訃報が届くストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年8月21日(水)放送
第21週第123話タイトル『名取の訃報』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第123話のネタバレあらすじ

ここからは、8月21日に放送された朝ドラ「澪つくし」第123話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし123話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

朝食

みんなで朝食をとる。

清次はのみすぎだという。

吉武家の連中がこしかを届いたという。

とねから謝罪があったと話す。

 

二人で今にやってきた

梅木は一緒にごはんをたべようという。

小浜が会いたいというが会わないという。

行ってしまうのかというとはいと律子が答えた。

律子はかをるに挨拶してでていった。

律子は小浜とともに東京へ帰っていった。

 

弥太郎

弥太郎がさなえに結婚しようという。

一緒になろうというと、職人頭がやってくる

 

 

訃報

かをると梅木が仕事をする。

ぎんから電話で、名取ぎんが死んだdと電話があった。

失意のどん底で世をさった。

かをるが手を合わせると途中でやろとちゃちゃが入る

 

 

梅木は立派だったと話す。

お世話になったときは、いつもこうだと話す。

みんなの前で惣吉のことを言われたけど、

忘れようとしているが無理しなく帝位という。

ここまでが、8月21日に放送された朝ドラ「澪つくし」第123話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第124話のあらすじを知りたい方は、第124話『弥太郎はクビだ!』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第123話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第123話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし123話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第21週目第123話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第21週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第21週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第21週目のネタバレあらすじ

123話放送の澪つくし第21週のあらすじは、梅木とかをるが結婚をして、かをるが双子の赤ちゃんを出産するストーリーとなっています

第21週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第21週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。