澪つくし第124話のネタバレあらすじ!弥太郎はクビだ!

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」21週目第124話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第123話「名取の訃報」では、新婚で幸せに包まれている入兆に、名取庄右衛門の訃報が届くストーリーでした。

澪つくしの第124話「弥太郎はクビだ!」では、弥太郎が早苗に好意を寄せていることを知った久兵衛が、早苗の年季明けに合わせて弥太郎をクビにするストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年8月22日(木)放送
第21週第124話タイトル『弥太郎はクビだ!』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第124話のネタバレあらすじ

ここからは、8月22日に放送された朝ドラ「澪つくし」第124話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし124話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 英一郎が満州の大豆に興味があることを話す
  • 久兵衛は試験的にやってみるのはいいと答える
  • 弥太郎が早苗に付文を送る
  • 付文を見つけたツエが待ち合わせ場所にやってくる
  • 二人で待ちぼうけ
  • 久兵衛から弥太郎がクビを命じられる
  • 早苗と一緒にさせるためにクビにしたと退職金を渡す
  • 弥太郎は早苗を追いかけ、一緒になる

大豆

朝食時。

梅木かをる(沢口靖子)が、坂東英一郎(鷲生功)は満州の大豆に大きな夢を持っていると話すと、梅木健作(柴田恭兵)も自分も興味を持っていると答えた。

それは許さん!と頭ごなしに否定した坂東久兵衛(津川雅彦)だったが、場が静まり返り、試験的にやってみるのはいいと思うと、考えを軟化させた。

待ち合わせ

その頃、広敷では、弥太郎(明石家さんま)が職人に文字を教えてもらいながら、何か手紙を書いていた。

その手紙を馬場ツエ(鷲尾真知子)が見つける。

中を広げてみると、それはなんと付文だったのだ。

相手が誰かも分からず、指定された場所へ向かうツエ。

そこに事情を知らない弥太郎もおり、二人は待ちぼうけ。

お互い相手がこないことを不思議に思い、ツエが手紙のことを話すと、それは自分が書いたものだと激怒する。

こうして弥太郎の付文は失敗したのである。

クビ

翌日、弥太郎は久兵衛に呼び出される。

久兵衛は、いきなり、女中にちょっかいを出したといい、首を命じた。

弥太郎は、辞める前に早苗がほしいと訴えた。

しかし、早苗は年季奉公が終わり、さっき入兆を出て行ったという。

そして、久兵衛は退職金を渡し、二人が一緒になるためにクビにしたのだから、幸せにしろと見送った。

ここまでが、8月22日に放送された朝ドラ「澪つくし」第124話のあらすじのネタバレです。

弥太郎は早苗と一緒になれて幸せそうでしたが、坂東家にも幸せがやってくるんですよね、、、

澪つくし第125話のあらすじを知りたい方は、第125話『2回目の出産』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第124話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第124話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

満州の大豆

英一郎の夢はでかし!

朝食時に満州の大豆を使って醤油を作りたいと力説していた英一郎。

予想通りに久兵衛は頭ごなしに否定して、激怒されていましたが、ちょっと気まずい雰囲気になりましたよね。

かをるや梅木は肯定的な発言をしていたので、反対を自分だけと思ったのか、いきなり自分の考えを軟化!

試験的にもやってみるのもいいかな~と言ってましたけど、試験的にやったらやったで激キレしそうな気がするのは私だけでしょうかw

付文

愛する早苗に付文を書く弥太郎。

まさか字を教えてもらいながら、付文を書くなんて、本当に早苗にぞっこんなんですね。

しかも定番中の定番で、その付文を他の人間に見られてしまうという展開。

その相手が、ツエというからもう先が見えていますよね。

ツエはツエではじめての付文に有頂天になって、めちゃくちゃ女の顔になっていましたしw

お互い待ち合わせ場所に来て、待ち人来ずまま待ちぼうけ。

最初の時点から不思議に思わないんでしょうか?

同じ時刻に同じ場所、誰もいない二人だけ。

これだけの情報があれば、もしかしてと気づいてもおかしくないですが、結構待ってた感がありますよね。

結局お互い真実が分かると、落胆していましたが、そもそも弥太郎が付文に相手の名前を書かないのが悪い。

自分の名前を伏せるのは、百歩譲っていいとして、こういう展開になることも予想して、せめて早苗の名前を書いておいたら、こんなことにはならなかったはず。

しかし、それを見つけたのがツエという時点でバッドエンドだったような気がします。

きっとツエのことだから、それを言いふらすか、嫉妬してやぶり捨ててそうですもんねw

さすが久兵衛!

付文のくだりまで、今日は何の話なんだろうと思いましたけど、弥太郎の回だったんですね!

もうやることないからサブキャラクターの話を持ってきて、時間を伸ばそうという魂胆だと思っていましたが、まさかの弥太郎と早苗をくっつける大作戦!

久兵衛も二人の関係を把握して、一緒にさせようとうするところがさすがといったところです!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第21週目第124話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第21週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第21週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第21週目のネタバレあらすじ

124話放送の澪つくし第21週のあらすじは、梅木とかをるが結婚をして、かをるが双子の赤ちゃんを出産するストーリーとなっています

第21週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第21週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。