澪つくし第126話のネタバレあらすじ!泥棒

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」21週目第126話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第125話「2回目の出産」では、かをるが妊娠し、双子を出産するストーリーでした。

澪つくしの第126話「泥棒」では、入兆に泥棒が入り、金庫のお金を盗られてしまうストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年8月24日(土)放送
第21週第126話タイトル『泥棒』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第126話のネタバレあらすじ

ここからは、8月24日に放送された朝ドラ「澪つくし」第126話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし126話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

双子

母子共に元気

久兵衛は孫ができたと喜ぶ。

双子にびっくりするるいとかをる。

こうやって産んでくれてお母さんに感謝しているという。

久兵衛は、昭彦と和彦と昭和にちなんだ名前をつけた。

 

双子誕生おめでとう。

英一郎が知らせた。

 

お見合い

英一郎がお見合いした人と結婚したと話す。

相手が断ってきた。

先方に振られたらどうしようもないと空元気をみせた。

席を外した。

親父の顔をたてようとしたという。

努力すればするほど親父をおこらせると話す。

 

 

吉武家

吉武家は善吉がアミが一緒になりたいという。

つねはどうしても結婚するなら善吉にでていけという。

網主だからことケジメをつけたいという。

身請けの費用をだすという。

ただし、その条件として、親の決めた娘と結婚することと伝えた。

泥棒

久兵衛たちが寝ているところに泥棒が入る。

金をだせといい、かせを渡した。

ここまでが、8月24日に放送された朝ドラ「澪つくし」第126話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第127話のあらすじを知りたい方は、第127話『逮捕』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第126話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第126話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし126話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第21週目第126話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第21週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第21週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第21週目のネタバレあらすじ

126話放送の澪つくし第21週のあらすじは、梅木とかをるが結婚をして、かをるが双子の赤ちゃんを出産するストーリーとなっています

第21週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第21週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。