澪つくし第93話のネタバレあらすじ!婚礼の出席

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」16週目第93話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第92話「ついに後妻に!」では、久兵衛が古川家を訪れ、後妻になるよう説得し、るいがそれを受け入れるストーリーでした。

澪つくしの第93話「婚礼の出席」では、久兵衛とるいの婚礼に出席するかどうかで揉めるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年7月17日(水)放送
第16週第93話タイトル『婚礼の出席』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第93話のネタバレあらすじ

ここからは、7月17日に放送された朝ドラ「澪つくし」第93話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし93話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 律子が吉武家にやってくる
  • るいが正妻になることを伝え、婚礼に出席してほしいとお願いする
  • 河原畑と結婚するつもりだと話す
  • ぎんが久兵衛の婚礼にけちをつける
  • 婚礼には夫婦で絶対参加すると話す
  • 清吉が吉武家を訪れる
  • 婚礼の出席はかをるだけにしてほしいとお願いする
  • とねが激怒し、かをるも参加させないと話す

吉武家

入兆に戻った坂東律子(桜田淳子)は、吉武家を尋ねた。

久しぶりの再会に喜ぶ吉武かをる(沢口靖子)に、るいが久兵衛の正妻になることを承知したと話す。

信じられないような顔をするかをるは、どうして気が変わったのだろうと不思議がる。

律子は、久兵衛がどうやって古川るい(加賀まりこ)を説得したのか詳しく説明した。

そして、久兵衛たちの婚礼に吉武惣吉(川野太郎)と一緒に出席してほしいとお願いした。

海岸

久兵衛たちの話が終わると、海岸まで足を運ぶ二人。

律子は、河原畑仁(石丸謙二郎)と結婚することを話す。

かをるが、愛しているのかと聞くと、難しい質問だと答え、人を愛するのに形は色々で、幸せもさまざまだという。

かをるは意地をはっているだけだというが、律子は人にはそれぞれ自分に見合う生き方があるんだと話した。

坂東家

律子が入兆に戻ると、名取ぎんがやってきて、坂東久兵衛(津川雅彦)の婚礼にけちをつける。

名取ぎん(三ツ矢歌子)が、婚礼は夫婦で参加するというが、律子はそれを断った。

なぜかと問われると、律子は、祝福する気持ちがなく、意地と面目のためだと答えた。

しかし、ギンは婚礼に参加できなければ、痛くもない腹を探られると意地でも参加すると訴えた。

吉武家

翌日、清次が古川るい(加賀まりこ)に頼まれて吉武家を訪れる。

古川清次(寺田農)は諸事情を話して婚礼にはかをるだけ出席するようお願いするも、一緒に聞いていた吉武とね(草笛光子)が、惣吉が参加できないのなら、かをるも出席させないと激怒した。

ここまでが、7月17日に放送された朝ドラ「澪つくし」第93話のあらすじのネタバレです。

とねがキレていましたが、結局かをるは参加できないんですよね、、、

澪つくし第94話のあらすじを知りたい方は、第94話『婚礼の日』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第93話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第93話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

代理

久兵衛の代理で吉武家にやってきた律子。

いささか強引なやり方ではあったけど、無事るいが正妻になったことを報告しましたね。

かをるもまさかみたいな顔していましたが、やっと二人が正真正銘の夫婦になったことに胸を撫で下ろしたんじゃないでしょうか。

あと、律子の「父が略奪したも同然」っていう言い方に対して、具体的にどうやったのか聞かないところを見ると、結構想像がついているということですよね。

切り取り強盗という言葉も使っていましたが、本当の意味を調べてみると「人を切り殺して金品を奪い取ること」ってありましたが、例えが怖すぎませんか?

ただ、事情をハッキリとと教えてくれる律子は、こういう時役立ちますよね。

忖度もなければ、事実をありのままに伝えてくれるので、正確な情報を入手することができるw

結婚

二人で話をするかをると律子。

やはり話題は結婚の話ですよね。

きっと河原畑と結婚するといっても、かをるはそれでいいのかって言ってましたが、愛の考え方が根底から違う二人ですので、理解できない部分もあるのでしょう。

律子のいい分も最もで、なんとなくかをると惣吉の愛の形が世間的から見ても美的で一番いい恋愛に見えそうですが、それが一番幸せになれるとは限りません。

律子のように違った愛し方でも幸せは掴むことができると思いますので、要はその人が幸せと感じれるかどうかじゃないでしょうか。

清次に頼むのが間違い

名取ぎんが駄々こねて婚礼に出席するといったもんだから、るいが根回しして惣吉に参加お見送るよう伝えましたが、頼む相手を間違っている!

なぜ清次に頼むかな~

あの人がまともに事を解決させたことないでしょう?

むしろ事を大きくするのがあの人の役割ですよw

案の定、とねをキレさせて、結局二人とも参加しない感じになったじゃないですか。

るいもせっかく自分たちの婚礼なのに自分で自分の首を絞めたようなものです。

以上が、朝ドラ「澪つくし」第16週目第93話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第16週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第16週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第16週目のネタバレあらすじ

93話放送の澪つくし第16週のあらすじは、るいが正式に久兵衛の正妻として迎えるられる中、水橋と律子が出会い、河原畑含め三角関係になるストーリーとなっています

第16週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第16週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。